最終面接にも落ちることはある?落ちるサインと受かるサイン

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

「最終面接まで行けばもう内定は決まったようなものだ」

そう思っている方は要注意です。

もしかしたら最終面接まで行っても、不採用にされることはあるかもしれません。

実際そのようなケースはあるのか、そしてあるとしたら理由は何なのかということを考えていきます。

また、面接の中で採用のサインや不採用のサインとされているものもいくつかあるので、それらも併せてご紹介していきます。

最終面接でも落とされることはある

choice_2692575_1920

最終面接というのは顔合わせだと思っている学生も少なくありません。

これから働くことになる企業で、経営者クラスの人と簡単に挨拶をする儀礼的なものだという考えもあります。

しかし実際にはそんなことはありません。

最終面接に出席する役員は、それまで人事が付けた評価をひっくり返せるだけの決定権を持った重役です。

そこで大きな失敗をするようなことがあれば、当然最終面接でも落とされることは考えられます。

それまでの選考よりは通りやすいかもしれませんが、実際には半分近くが最終面接で落ちるともいわれており、油断は大敵です。

最終面接だからこそ、気を引き締めて臨むようにしてください。

何故最終面接で落とされるのか

N934_jesucya_dewhy_TP_V

最終面接で落とされる理由としては、複数の可能性が考えられます。

面接官がその理由を教えてくれることはありませんが、もしも最終面接で落とされたら、自分なりに分析してみてください。

最終面接まで残った人数が多かった

面接回数が少なかったり、選考が甘かったりしたなどの理由で、最終面接まで残った候補者がそもそも多かったということも考えられます。

この場合には当然、最終面接を勝ち抜く基準も厳しくなるでしょう。

志望したのが営業職だった

技術職よりは営業職の方が落とされやすいという傾向にあります。

技術職は人間的に問題があっても、優れた技術があれば合格する場合もありますが、営業職は比較的厳しい目で見られる傾向にあります。

緊張して力を発揮できなかった

緊張すること自体は悪いことではありません。

しかし過度に緊張したことで、本来の力を発揮できなければ、最終面接で落ちてしまうということも十分に考えられるでしょう。

著しいマナー違反を犯した

面接官が見ている前で、機嫌が悪そうにしたり、別の人や会社の悪口をいったりするなど、著しいマナー違反を犯した場合には落とされても仕方ありません。

価値観の相違が起こった

次の企業研究というポイントに繋がりますが、企業理念や価値観と相違が生じた場合には、最終面接でも落とされることがあります。

企業が何を重視して、どのようなことを社員に求めているのか、把握する力が重要です。

企業研究の不足

最終面接の中で聞かれた基礎的な質問などに対して、企業研究が足りなかったばかりに答えられなかったという人もいます。

志望度の高さをアピールするためにも、基礎的なことも含めた企業研究は改めて行うようにしましょう。

面接に落ちるとされるサイン

farewell_3258939_1920

次に、面接で不合格とされるサインについてご紹介します。

趣味に関する質問

仕事ではなく、趣味やプライベートに関する質問を振られた場合には注意が必要です。

その人に対して興味があるから趣味の話をするのではなく、時間潰しとして趣味の話をしている可能性が高いからです。

過度に持ち上げられる

極端に持ち上げられた場合にも注意が必要です。

面接を受ける就活生というのは、一歩外に出れば消費者でもあります。

不合格にしたことで顧客離れを生み出さないためにも、企業側は不採用にする人を持ち上げることがあります。

早めに面接が終わった

事前に知らされていた予定時刻よりも早めに面接が終わった場合も注意が必要です。

企業側は長めに時間を知らせているので、多少の前倒しであれば心配することもありませんが、30分も早く終わった場合などは、不合格の可能性もあります。

怒られた

面接の中で怒られたり、説教されたりしたときも、不合格の可能性があります。

これから社員として働いてもらう人材に頑張ってほしいからこそ説教をするというケースも考えられますが、就活生としての意識の甘さや浅さについて触れられる内容であれば、単純に見切りを付けられているということも考えられます。

合格とされるサイン

question_mark_1872665_1920

矢継ぎ早に質問をされ、和やかな雰囲気で終わった

相手がこちらに対して興味を持っており、矢継ぎ早に質問をしてくる場合などは期待することができます。

これは最終面接だけではなく、それ以前の面接などでも同様です。

また、終始和やかな雰囲気だった場合には、期待が持てるでしょう。

面接の最後に握手を求められたら合格だといわれているくらいなので、その場の雰囲気にも神経を集中させてみてください。

詳しい業務内容の話をする

具体的な業務の話について説明をされるのも、合格のサインだといわれています。

相手が真剣に、こちらが働くことを見越して話をしているということですから、極めて合格の可能性が高いといえます。

実際関わることになる先輩社員を紹介される

業務内容の延長ですが、実際に志望する部署で働いている先輩社員を紹介されるということもあります。

わざわざ通常業務を遅延させてまで、未来の直属の上司を会わせてくれるわけですから、この場合も合格を期待して良いでしょう。

上記のサインが出たら必ず合格というわけではありませんが、十分に期待することはできるでしょう。

終わりに

今回は参考までに最終面接で落ちるサインや受かるサイン、その理由などをご紹介しましたが、あくまで一つの「可能性」の話です。

落ちるサインがあったからといって落ち込むことはありませんし、受かるサインがあっても不合格だったということもあります。

サインを気にするのもいいですが、そこに惑わされ過ぎず、面接で自分の力を発揮することに集中してみてください。

内定が欲しい人以外は見ないでください
  • 就職活動の攻略本「就活ハウツー本」
  • 先輩の体験談も盛りだくさん「就活ストーリー」
  • 内定率は驚異の92%!「就活アドバイザー」
  • 5分で作れる「かんたん履歴書メーカー」
  • あッという間に内定GET「就活市場エントリー」
  • イベント参加で有利に就活「就活市場イベント」
  • あとで読み返したい記事は「お気に入り登録!」

今すぐ確認する!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ