【長期インターンの探し方】成長できる長期インターンの探し方

【長期インターンの探し方】はじめに

この記事では長期インターンシップの探し方やおすすめのインターンシップサイトを5個紹介します。

また、長期インターンを探す際に見るべき点や選考対策について解説していきます。

【長期インターンの探し方】長期インターンとは

探し方を紹介する前に、まず、長期インターンについて少し説明します。長期インターンの特徴は以下のようになっています。

  • 3ヶ月以上~
  • 特別のプログラムがあるわけではなく、社員と同じ仕事をする
  • 中小企業、ベンチャー企業が主に実施

長期インターンは、実際に働く社員の方と同じ仕事をすることで、社会に対する理解を深め、働くことの具体的なイメージも持つことができるようになります。

学生のうちに社会のリアルな姿をみることができるため、自分の成長にもつながります。

【長期インターンの探し方】長期と短期の違いとは

インターンシップは、長期と短期の2種類があります。

両社の違いについて、項目ごとにチェックしていきましょう。

期間

長期インターンシップの期間は、1ヶ月間以上となっています。

長期インターンシップの場合には、期間が長いので、さまざまな経験ができるのが魅力です。

一方、短期インターンシップの期間は、1週間前後となっています。

給与

長期インターンシップの場合には、時給やお給料が発生するケースがほとんどです。

一方、短期インターンシップの場合には、期間が短く学生同士のグループワークが中心となるので、お給料が発生しないと思っていた方がよいでしょう。

仕事内容

短期インターンシップと長期インターンシップでは、体験できる仕事の内容も大きく異なります。

長期インターンシップは実際のお仕事を体験することになります。

一方、短期インターンシップは会社の業務の疑似体験などが主な内容です。

【長期インターンの探し方】長期インターンシップの探し方

就活を始める前にとりあえず長期のインターンをしてみたいが、インターンの探し方が分からないなんてことありませんか?

インターンの探し方は意外と知られていないのです。

そこで今回は長期インターンの探し方を紹介します。

長期インターンサイトで見つける

短期インターンの場合、就活サイトから情報を得ることが多いとおもいます。

しかし、長期インターンの場合、大手就活サイトには掲載されていません。そのため、以下5個、紹介するようなサイトを利用して探してみましょう。

ジョブコミットインターン 

ジョブコミットインターンは面談を通じてインターン先を紹介してくれるサービスです。

面談を通じて一緒に自己分析を行ってくれるため、自分がどんなことに興味があり、どんな強みがあるかが明らかになります。

話をしていく中で自分に合ったインターンを見つけることができるため、おすすめです。

ジョブコミットインターンで面談をする

ゼロワンインターン

IT、ベンチャー、大企業まで掲載されているサイトです。就活が有利になる「推薦状」がもらえるとか!?

Wantedly

IT企業、ベンチャー企業が多く掲載されているサイトです。職種としては、SEやクリエイター、ライター、マーケターなどの幅広い求人があります。企業のブログも閲覧できるので、企業の情報取集にも役立てることができます。

キャリアインターン

長期インターンシップ、短期インターンシップの求人情報がたくさん掲載されており、職種ごとや時給1,000円以上などの条件で検索することも可能です。

求人情報のほかに、志望動機の書き方などの役立つコラムもありますので、エントリーシートを記入で迷ったときに参考してみるとよいでしょう。

JEEKインターン

JEEKインターンは、IT業界のインターンシップの情報が多い求人サイトです。

インターンエントリー会などのイベントも開催しており、インターンの選び方から合格までサポートを行っているのも、JEEKインターンの特徴です。

JEEKのキャリアアドバイザーが学生に対して、さまざまなサポートを行ってくれますので、気軽に相談してみるとよいでしょう。

2大学の就活課に問い合わせる

大学には就活全般のことを扱う就活課がありますが、そこで長期インターンシップの相談をするのも一つの手です。

長期インターンの探し方を教えてもらえたり、長期インターンを紹介してもらえたりすることもあります。

【長期インターンの探し方】自己分析をしてみよう

ここまで長期インターンの探し方を紹介してきましたが、自分が本当に興味のある長期インターンを見つけるためには自己分析が必要です。
自己分析をすることで自分の長所やアピールポイントを理解することができるので自己PRをする際にも役立ちます。

自己分析のやり方

自己分析をするうえでまずすることが過去の経験を思い出すことです。楽しかった経験や挫折した経験などすべて洗い出します。

そして、次にするべきことは掘り下げることです。その掘り下げる方法は以下の記事でくわしく解説しています。是非、参考にしてみてください。

【長期インターンの探し方】私の長期インターン経験

私は2年生の夏休みから長期インターンを始めました。

長期インターンを始めたきっかけは大学に入ってからサークルなどで遊んでばかりで、成長した部分が無いなと感じそのような状況を変えたいと考えたことです。

長期インターンを探す際には自己分析を行い、自分はマーケティングに興味があり、分析力を伸ばしたいのではないかという結論に至りました。

そして、マーケティングに絞り、長期インターンを探し始めました。

その結果、今このサイトの企画を考え、記事を執筆するインターンをしています。長期インターンのイメージと現実の違いとしては仕事を任せてもらえる度合です。

インターンを始める前はインターン生にも仕事を任せてもらえるか不安でしたが、しっかりと仕事を任せてもらえていて、成長できていると感じています。

私が自分はこのインターン通して以前よりは突き詰めて考える力や分析力が身に付いたと考えています。

この経験から自己分析をして自分がどんなことに興味があり、どんな力をつけたいかを考えることは重要であると考えています。

【長期インターンの探し方】長期インターンを探す時に見るべき点とは

仕事内容

長期インターンの業務には営業やマーケティングやライターやデザイナーなど様々です。

同じ職種であってもやることは会社によって違ってくるため、自分のやりたいことができるかをよく確認しましょう。

不明な点があるときは面接のときに質問して明らかにしましょう。

給与

長期インターンは基本的に給与が出ます。どのくらいのお給料がもらえるのかについては、その人の能力や所有資格、長期インターンシップの内容、地域によっても異なります。

モチベーションにもつながるため事前にどれくらいの給与がでるか、給料形態はどのようになっているかを確認することは大切です。

給料形態としては時給や成果報酬など様々です。また、会社によっては、お給料にプラスして、交通費、食事代などの手当てが支給されることもあります。

勤務条件

長期インターンには週〇日以上〇時間以上勤務という条件があります。

1.2年生の時は授業数も多く忙しいため、授業との兼ね合いをしながら無理しない程度の日数の長期インターンをするようにしましょう。

また、長期インターン経験を必要とするものやWordやPowerPointを扱えることを必要とするものなど応募資格のある長期インターンもあります。

【長期インターンの探し方】まとめ

長期インターンシップの探し方は、知らない学生も意外と多いです。

長期インターンの探し方の一つが、以上で述べてきたように、サイトを利用して企業に応募するやり方です。

また、短期の就活におけるインターンの場合は企業が大々的に募集しています。

しかし、長期のものの場合、特定の開催時期があるわけではなく、基本的に空きが出たら募集という形式です。

そのため、気になる企業の情報は頻繁にチェックするようにしましょう。

担当エージェントがインターンシップを紹介!
インターンシップ参加まで個別でサポートします。

インターンであなたのビジョンを実現まで
サポートを実施

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

RANKING人気記事ランキング

  • 【満足度90%以上!!】【即日内定もアリ!!】日本で唯一の『内定にコミット』する就活サービス ジョブコミット
  • 営業就活ドットコム
  • HR Community

広告掲載をご検討の企業さまへ