ベンチャー企業に就職したい!就活で好まれるベンチャーの志望動機は?

graffiti-410296_1920

  • 「普通の企業に勤めるのでは面白くない」
  • 「新しいことを始めてみたい」
  • 「今まで世の中になかった新しいサービスを生み出していきたい」

様々な動機でベンチャー企業に興味を持つ学生が最近は増えています。
就活でベンチャー企業へ積極的に挑戦する学生の姿も目立ってきました。
しかし、いざベンチャー企業での内定獲得に向けて就活を進めて行こうと思っても、どのように進めていけばいいのか分からないという根本的な部分で躓いてしまう人もいます。

一般的にはベンチャー企業の就活も、一般企業の就活と大きな違いはありませんが、特徴としては志望動機を重視する、という点がベンチャー企業には見られます。
では、どのような志望動機を書けばベンチャー企業の採用担当者に好印象を与えることができるのでしょう。

ベンチャー企業で志望動機が大切な理由

ベンチャー企業では学歴よりも意欲や積極性が重視される傾向にあります。
その理由としてはいくつか挙げられますが、まずは採用人数が少ないという点です。

成長段階にあるベンチャー企業では、まだまだ新入社員を大量に採用するという余裕はなく、少人数の採用を推し進めています。
その上で学歴というのも大切な基準なのですが、学歴ばかりにとらわれてしまうと、優秀な社員や、やる気のある社員は集まらないという考えも存在します。

一人当たりの業務量も一般企業と比べて多い傾向にあるベンチャー企業では、積極的に業務に参加する社員を探しています。
だからこそ就活では、あなたがいかに企業の一員として積極的に参加していく姿勢があるか、というのを強調するために志望動機の面を強化していく必要があるのです。

ちなみに学歴、志望動機の他には資格などのスキルも就活を有利に進める要素となります。
ベンチャー企業での就職を目指している場合には、簿記や語学などのスキルは最低限磨いておきましょう。

目次へ 人事から直接フィードバックをもらおう!

多少ユーモアも混ぜる

志望動機を強化する上では、ユーモアを混ぜることが非常に有効です。
ベンチャー企業は会社としてだけではなく、採用担当や経営者自身も若手の場合が多いのです。

そのため従来の大手企業の書類選考、志望動機とは少し傾向が違ってくることもあります。
単純に志望動機を書くだけではなく、例えば将来のビジョンなどに壮大な夢などを書いてみても面白いでしょう。

実際にそのことについて面接官から話を振られた場合には、上手く相手の印象に残すチャンスなのであなたの得意な分野、趣味などに関連してそういったユーモアを散りばめるのが理想的です。

ただしこれは少々レベルが高いので、実際に志望動機を提出したり、面接の場面で口にしたりする前に、友人や家族などの反応を見るのが良いでしょう。

目次へ

インターネットを参考にする

志望動機の書き方などは、インターネット上でも調べることができます。
最近では就職支援サイトや、それに関連したサイトでも例文などが多く掲載されています。

それらを参考にすれば、一定の水準に達する志望動機を書くことができます。
ですが完全にそれを丸写ししてしまうと何の面白みもないので、あなたが志望する企業の雰囲気や、経営者の情報なども確認しながら書いてください。

ここにも形式的な志望動機の例を掲載しますので、こういったものを独自にアレンジして練習してみてください。

【例文】

私は貴社の事業内容、経営理念に対して強く共感し、この度志望致しました。
これまで世の中になかった革新的な商品を開発し、人々の生活をよりよくしたいという点において魅力を感じた次第です。
私自身も一社員として働かせていただき、営業という面で商品を広く紹介、販売することでこの事業に携われたらと思っております。
そして貴社では、新入社員でも多くの業務に関わらせていただけるということもあり、私の熱意や積極性を活かし、会社とともに成長していけるのではないかとも強く感じました。
是非ともよろしくお願いいたします。

目次へ

将来像などを具体的に

志望動機を書く上で大切なのは、明確なビジョンです。
積極的に仕事に取り組む姿勢をアピールすることも大事ですが、具体的にどのように仕事に取り組むのか、どういったことを頑張りたいのかということをなるべく詳細に伝えるようにしましょう。

ベンチャー企業の場合は、将来的にあなた自身も経営者になりたいと考えている社員も多いので、そういった思いがあなたにもあるのであれば、素直に書いてみても良いでしょう。
採用担当者の中には、そういうハングリー精神のある社員を好む人もいます。

目次へ

終わりに

大手の企業でもベンチャー企業でも、志望動機においては意欲を見せるということが非常に重要です。
しかしベンチャー企業の場合は、一般企業以上に個性や貪欲さを出してみるといいでしょう。

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


友だち追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. pexels-photo-296282
    最近、ベンチャー企業へ就職を考えている就活生は多くなってきております。 しかし、ベンチャー企業へど…
  2. 01d542488c30a8493ac354bdbb8b0067_m
    大学生活も3年生になると、周りは皆就活を始めて、焦り始める方も多いのではないでしょうか。 いざ、就…
  3. 9_26_2_16545022
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る