私服で行ったら浮く?説明会に行く際の服装のポイントはこれ!

1707_2_59 (1)

説明会に参加する学生の中には、着て行く服装について頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。特に服装自由という場合には、スーツで行くべきか、私服で行くべきか迷ってしまうということも考えられます。着慣れないスーツよりは私服が楽ですが、周りがスーツで参加したら自分だけ浮いてしまう可能性もあります。ここでは、説明会にふさわしい服装とはどんなものか、私服指定する企業の思惑とは何かについて説明していきます。

説明会に私服参加してもいい?

就職活動を開始したばかりの学生にとって、説明会に着て行く服装は大きな悩みのひとつではないでしょうか。周囲がスーツの中、自分だけ私服で参加したら浮くと心配して、はじめからリクルートスーツで行くと決めている人もいるかもしれません。説明会に着て行く服装を考える際には、説明会の案内に服装に関する指示や注意事項がないかどうかを確認しましょう。すでにその説明会に参加した学生が情報を載せている可能性もあるので、インターネットで口コミを検索してみるのもひとつの手です。ただし、大前提として説明会は初対面の企業担当者に会う大切な場です。求職者の立場として、志望企業の担当者に会うと考えれば、通常スーツで臨むのが一般的といえるでしょう。

企業側の意図を読む!

Corporate Coworker Teamwork Meeting Suit Concept

注意するべきなのは、中には私服できてほしいと考える企業がいるということです。説明会の案内に「私服可」「服装自由」と記載がある場合には、学生が大学の講義やアルバイトの後にでも参加できるようにという配慮があると考えられるため、スーツでなくても構わないと言えます。しかし、「それでもスーツで出席するのが社会人としての常識」と考える人事担当がいないとも限らないので、私服で浮くという思いをしたくない人は、スーツで参加するほうが無難でしょう。一方で、「私服でお越しください」と指定されているのにも関わらず、スーツで参加するのはよくありません。企業は私服姿を通してその学生の素顔や、TPOを理解できるかどうかを見たいという思惑があるためです。

私服で行く場合の注意点

私服指定の場合には私服で臨むべきですが、私服であれば何でも良いというわけではありません。企業説明会は立派なビジネスの場なので、私服で参加する場合にはオフィスカジュアルを選ぶのが適切です。オフィスカジュアルとは、男性であればチノパンにコットン素材などのジャケット、襟付きにシャツという具合に、オフィスで用いるカジュアルなスタイルのことです。女性であれば、ひざ丈のフレアスカートにジャケットなどを合わせるのが定番でしょう。カジュアルすぎる服装は避け、あくまでも清潔感のある落ち着いた色合いを選ぶことが大切です。スニーカー、ジーンズ、短パン、Tシャツ、サンダル、ブランド物のバッグなど、カジュアルすぎる格好、派手すぎる格好などは避けましょう。

万が一浮いてしまったら?

私服OKと書いてある合同説明会などにおいても、結果的にほとんどの学生がリクルートスーツということが多々あります。この際に自分だけオフィスカジュアルで参加してしまい、私服で浮くという経験をしたことがある人もいるかもしれません。服装自由と指示があるのであれば、非常識な服装でない限り何も間違ったことはしていないので、堂々としているほうが得策です。服装のことを気にして小さくなってしまったり、緊張して質問できなかったりということのないように、普段通りに振る舞いましょう。逆に、人事担当者に顔を覚えてもらえるチャンスと前向きに捉え、説明会の内容に集中するべきでしょう。

人事担当者が見るポイント

1707_2_59 (3)

人事担当者は、学生の服装を通してその人の常識度、センス、清潔感、人柄などを無意識にでも見ています。だらしない服装では、その人の第一印象が悪いものになってしまうでしょう。説明会に参加する際には、私服、スーツどちらの場合でも汚れやシワに注意し、サイズの合った統一感のあるものを選びましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る