インターンシップのお礼状の宛名のマナー

1707_2_10(1)

インターシップを経験した後には、お世話になった企業や担当者に向けてお礼状を書くのが一般的になっています。感謝の気持ちを伝えることに加えて、その企業で働きたいという意欲を見せる役割も担っているお礼状ですから、きちんとした形式で書いて好印象を残したいものですね。手紙の内容はもちろん大切ですが、今回はお礼状を書く際に多くの就活生が頭を悩ませるポイントのひとつである「宛名の書き方」についておさらいします。

お礼状の宛名にはルールがある

インターンシップのお礼状を書く際には、たくさんの人にお世話になったので誰に宛てて書けば良いのだろうか、また、それぞれどんな敬称を付ければ良いのだろうかと悩んでしまいがちです。実は、宛名の書き方にはきちんとしたルールがあります。一回覚えてしまえばそれほど難しいものではないので、この機会にマスターしてしまいましょう。就職した後にもさまざまなビジネスシーンで役立ちます。まず、封筒の表面に宛先と宛名を書きます。便せんが縦書きか横書きかに合わせて封筒の宛名の向きを変えてください。また、封筒だけでなく便せんの冒頭にも宛名を記入して、誰に宛てた手紙なのかすぐわかるようにしておきます。宛名は便箋のふちから書くようにしましょう。

お礼状は誰に宛てて書けば良い?

1707_2_10 (2)

インターンシップのお礼状は、たいてい期間中直接お世話になった担当者か、自分が所属した部に宛てて出すことが一般的です。担当者に感謝を伝えたいのであれば、その人個人の氏名を宛名に書くことができます。一方、たくさんの人が担当してくれたり関わってくれたりしたので、誰に出せば良いかわからないという場合もあることでしょう。その場合には個別に書く必要はなく、まとめてお礼状を送れば大丈夫です。部の中の全ての人という意味を込めて「御中」という敬称を付けます。宛名を個人にしているのに、手紙の内容を見るとほかの人への感謝も含まれているとちぐはぐな印象を与えてしまうので、内容と宛名を統一するようにしましょう。

どんな敬称を付けるの?

宛名を書く場合には、○○様と○○御中を使い分ける必要があります。ここでは3パターンに分けてまとめてみます。まず、担当部署宛ての場合です。会社名の後、部署名を書き「御中」を付けます。続いて、部長、課長など何らかの役職や肩書きのある個人宛ての場合です。先ほどと同様に会社名、部署名を書きます。次に行を変えて、役職、氏名に「様」を付けます。「 人事部○○課長様」のような敬称はよくありがちな間違いで、正しくは「人事部課長○○様」や「人事部○○課長」です。肩書の後に「様」を付けることはしないのがマナーですから気をつけましょう。役職名が5文字以上の場合には、行を変えて小さめに書くことも忘れずに。担当者宛ての場合も、最初に会社名、部署名を書き、次に行を変えて氏名に「様」を付けます。

宛名書きで困ったら?

インターンシップの宛名書きで、お礼状を送る相手の氏名がわからないという場合もあります。その場合には、会社名、部署名、課「○○ご担当者様」などと書くことができます。また、小さな会社の場合には、時折採用に関する業務を社長が兼務しているケースが見られます。その場合には、宛名を「社長○○○○様」と書くのが良いでしょう。宛名書きが終了したら最後にもう一度正確に記入されているか確認しましょう。誤字脱字がないかきちんとチェックします。特にお世話になった相手の会社名や担当者名に間違いがあるとたいへん失礼にあたります。ミスを発見した時には修正テープなどを使わず、新しい便せんにはじめから書き直しましょう。

ルールを守って好印象を与えるお礼状を

1707_2_10 (3)

インターンシップのお礼状を正しいルールで書ければ、好印象を与えることができます。封筒と便せんの両方に、相手に合わせた正しい敬称を使って宛名を書き、内容もきちんとそれに合わせたものにします。誤字脱字がないかもチェックして、マナーを守ったお礼状を送りましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る