大手に落ちるのはなぜ?就活戦略を変えよう

1706_1_100(1)

大手企業への就職が実現できれば安定が手に入ると考え、大手狙いで就活をしている人もいるでしょう。しかし、大手企業への就職は狭き門ですので受けても落ちるということが続き「このままでよいのだろうか?」と疑問を感じている人もいるかもしれません。そこで、大手に落ちることが続いている人が就活の進め方を変えるポイントとして、大手狙いから中小狙いへの変更、落ちる理由の分析方法の変更、面接の心構えの変更、そしてプロのアドバイス活用の4つを紹介します。

大手狙いをやめて中小企業に目を向ける

大手に落ちることが続いた場合の就活戦略変更のポイントの1つ目は、大手狙いから中小狙いへの変更です。完全に大手狙いをやめてしまうのが不安だと感じる場合は、大手だけを狙う戦略から、大手企業と中小企業両方をエントリーの対象にするという変更でもよいでしょう。ポイントは中小企業にも目を向けるということです。大手企業の場合は採用者数も多いため、「売り手市場の今はできるだけ数多くの人を採用しておこう」という心理が働く可能性があります。一方、中小企業の場合は大手企業に内定者をとられるなど苦労していることが多く、採用する人1人に対する思い入れは大企業よりも強くなる傾向があります。中小企業を選択肢に加えることで「本当にあなたがわが社に必要だから採用する」と言ってくれる中小企業に出会える可能性を広げることができるでしょう。

落ちる理由を分析する方法を変える

1706_1_100(2)

大手に落ちた場合の就活戦略変更の2つ目のポイントは、落ちる理由を分析する方法を変えることです。失敗を次に活かすためには失敗の理由を分析する必要がありますが、何度も落ちるということであれば、落ちた理由の分析が甘かった、もしくは分析方法が間違っていたという可能性があります。分析にあたっては、他人のせいだと考える「他責」ではなく自分に悪いところがある「自責」で考えてみることが大切です。実際には、自分以外の要因で落ちることも多いですが、自分以外の要因は変えられないことが多いです。そのため、自分で変えられる要因にフォーカスするためにも、自責で考えることをおすすめします。冷静に素直になって考えることで、今まで見えなかった改善点が見えてくる可能性があります。「なぜ?」を何度も繰り返して落ちる理由を分析してみましょう。

面接をアピール中心からコミュニケーション中心に変える

大手に落ちる理由が面接にあると感じる場合の就活戦略変更の3つ目のポイントは、面接をアピール中心からコミュニケーション中心に変えることです。面接対策の基本は、第一印象と志望動機、そして熱意といわれています。しかし、そういった点ばかりに気を取られて、面接の本質を忘れてしまうこともあります。原点に戻って面接の意味を考えてみることも大切でしょう。面接は、就活生の立場だけからとらえれば自己アピールの場といえます。しかし、就活生側だけでなく面接官側の視点も入れて考えてみると、面接は応募者と面接官のコミュニケーションによって相互理解をする場所ともいえます。面接官とコミュニケーションをとるという原点に戻って面接に臨んでみるとよいでしょう。

就活戦略を変更する場合はプロのアドバイスが役に立つ

大手に落ちることが続いた場合の就活戦略変更の4つ目のポイントは、プロのアドバイスを活用することです。就職活動の進め方については、最初のうちは就活本や友人の進め方などを参考にすれば、自分である程度考えて進めていくこともできます。しかし、大手に落ちることが続いてくると就活戦略を変える必要に迫られますが、いざ変えるとなるとどのようにしたらよいかわからないと悩んでしまう就活生は多いでしょう。そういった場合はプロの力を借りることをおすすめします。ジョブコミットの就活セミナーなどを賢く活用してみるとよいでしょう。

大手に落ちてもあきらめない

1706_1_100(3)

大手に落ちた場合に就活戦略を変更するポイントを4つ紹介しました。大切なことはあきらめずに落ちる理由を分析して就活戦略に反映し続けることです。4つのポイントをおさえて就活を続ければ、自分の希望に近い就職先に合格できる確率を高めることができるでしょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る