就活で面接試験を突破したいなら質問内容を研究せよ!

1706_1_84(1)

これから面接試験を控えている方の中には、「面接試験はどのようなものだろうか」と思っている方もいるでしょう。面接試験は提出書類に矛盾や嘘がないかを対面で確認して、志望者の人となりをみる試験です。人となりなのでありのままの自分を見てもらえれば大丈夫と思うかもしれませんが、面接のような緊張している状況で自分自身のことを知ってもらうためにはきちんと対策を立てることが必要です。そこで、質問の数、時間、内容について説明します。

面接ではいくつくらい質問されるの?

「彼を知り己を知れば百戦殆からず」との格言に代表されるように、面接試験を突破するためには、闘う相手である面接試験を研究することが大切です。そこでまずは面接試験で尋ねられる質問数を頭に入れておきましょう。企業によって差はあるものの、一般に20〜30分のグループ面接なら3問から5問程度、20〜30分の個人面接なら6問から8問が目安となります。回答の内容によっては面接官からさらに質問されることもあります。 集団面接では就活生によって質問数が異なる場合があります。質問数が少ない就活生は「自分に興味がないのではないか」と不安に感じるかもしれませんが、質問の数が合否に直結するとは限りません。たとえば経歴などから採用の意志を固めている場合には、他の就活生に時間を割きたいと考える面接官もいるでしょう。

質問1問あたりの回答時間はどのくらい?

1706_1_84(2)

30分で8問の質問・回答を行うとすると、単純計算で1問あたり3分45秒です。実際には30分で通常入室から退室まで行いますのでもっと短いと予想されます。仮に25分間で8問の質問をすると仮定すると1問あたり約3分です。この時間で面接官が質問し、就活生が回答を考え、説明することになります。意外と長いと感じる人もいるかもしれません。ただし、すべての質問に対して同程度の時間を割くことは得策ではありません。志望動機のようにできる限り詳しく説明したいこともあれば、残業や転勤の可否など「はい」、「いいえ」で終えられることもあります。このため、回答時間は1分30秒程度を目安と考えておき、質問内容に応じて臨機応変に対応することをおすすめします。

よくある質問と差をつける回答(長所・短所)

面接時間は限られていますので、回答を考える時間をなるべく短くして、自分の意見を伝えた方が良いでしょう。そのためには面接で実施される可能性の高い質問を企業側の意図を含めて研究し、その質問に対する自分なりの回答を見つけておくことが大切です。 ここではそんな代表的な質問の1つ、「長所・短所」に関する質問を説明します。長所と短所を尋ねる企業側の意図は、客観的に自分を見ることができているか否かです。伸ばすべき長所を知り、克服すべき短所を知っている人ほど入社後に成長する見込みが高いと判断されています。このため、他の就活生から差をつけるより良い回答例としては課題を乗り越えた経験など何か具体的なエピソードを交えた回答です。

よくある質問と差をつける回答2(ゼミでの研究内容)

ゼミでの研究内容を質問する企業側の意図は、就活生が学業にきちんと取り組んでいたか、プレゼン能力があるかをみることにあります。希望先の業界と関連性の高いゼミに所属していた場合でも、多くの場合卒論のテーマ等に関しては面接官以上に詳しいはずです。その知識をわかりやすく伝えられる人ほど、この質問では好印象を与えられます。 専門用語をなるべく使わないようにして、どのような課題を見つけて、どのようなアプローチ方法で向き合ったのかを面接官に説明します。学業に本気で取り組んでいれば深い知識を有していますので、よりわかりやすく説明できるでしょう。

面接の合否は研究の充実度が決める! 1706_1_84(3)

面接自体は20〜30分という短い時間での試験ですが、面接試験を乗り切るためにはそれ以上に長い時間をかけて対策を練る必要があります。ここで紹介したこと以外にも、キャリアプランや仕事に対する意識などよく聞かれる質問はありますので、十分に研究しておきましょう。

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る