内定判定の気になる結果について、その後の就活の例

2-1

面接後の受験者の心情

面接受けたその後いかがでしょうか?内定結果がわかるまで、不安という状態の方が多いと思います。
特に、担当の方からいつまでに内定が出るか出ないか聞かされていない状況で、就職活動をすることは難しいと思われます。

企業を受けた後に、内定結果が出るまで一般的にどのような動きをされているのでしょう?
不安な気持ちで就活を続けてしまわないように、みんなが行なっている例やポイントを出して
一般的な動き方をお伝えします!

まずは、内定出るまで動くのか下手に動かない方が良いのか?についてですが、できる限り動いていった方が良いです。なぜなら他社が募集している段階で動くことが内定をもらう一番早い方法だからです。

ただ、まだ結果判定が出ていない状況の中で就職活動を行ったとしても、その結果判定が気になり集中できないと思うこともあります。
自分が内定をもらうために力を入れて面接練習や面談練習をおこなったものに対しては特にそうです。
では、そのような状態で集中して就職活動を行うにはどうしたら良いでしょうか?

面接後の行動

2-2

ポイント
他社で選考をしている際に、大手企業でどのくらいまで選考進んでいるかの話しの材料にあえてして緊張感をなくす。
内定をもらったと思い込んで、選考を進める。
友人や知人に相談して、とことん話を行い
最終手段は、内定をもらいたい企業のことはないものと割り切って就活する。

2-3

内定もらえるのかどうか、結果判定が気になって不安になるかと思います。
そういう時には、心置きなく話ができる人や、相談できる人に話をしてみてはいかがでしょうか?
または、すでに企業で活躍している先輩に相談をしてみましょう!

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る