自己PRとして英語は使える?英語力を効率的にアピールする方法

1705_2_194 (1)

グローバル社会と呼ばれて久しい今日、多くの企業で英語力を強化する動きが目立ってきています。英語ができる社員が多い会社は、それだけビジネスの可能性を広げることができるため、企業が英語力の高い人材を求める傾向があることは否定できません。しかし、就活生のなかには英語力があるにもかかわらず、うまくそれを自己PR化できていないケースがあるようです。今回は、英語力を上手にアピールし、ほかの就活生と差をつける方法をご紹介していきます。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

英語力の高さはさまざまなことをアピールできる

自分が企業の面接官なら、英語力がある人材をどう思うでしょうか。他言語習得までの努力や留学経験がある人材の場合は行動力の高さ、異なる環境への順応性、現地で培った日本にはない価値観など、その人物の背景を英語力の高さからさまざまに読み取ることができるのではないでしょうか。このように、英語能力は面接時に自己PRとして有効的に活用することができます。特に最近では、面接時にコミュニケーション能力を重視する傾向にあるので、英語で世界中の人とコミュニケーションが取れる人材は多くの企業で重宝される存在といえます。

英語ができるだけではダメ!専門分野に絡めよう

1705_2_194 (2)
英語ができる人材を主に求めている企業では、英語力があることを前提に人材を募っているため、応募者は英語ができて当たり前だと考えています。そのため、英語ができるだけでは、ほかの就活生との差を埋めることは難しいといえます。また、英語力だけをアピールすると英語以外は何もできないのではないかと捉えられてしまう恐れもあるので、英語力だけを強調するのはリスクがあるかもしれません。自己PRを成功させるコツは、英語力の高さを匂わせつつ、専門分野の知識や経験を織り交ぜていくことにあります。加えて、相手の話に耳を傾け、自分の意見をしっかり持つというコミュニケーション能力も、面接時にはしっかりとアピールすることが大切です。そうすることで、「英語ができる人材」から「英語もできる人材」へと評価は変わっていくことでしょう。

資格というかたちで英語力をPR

英語力をわかりやすいかたちでPRする方法は、数字で自分の英語力を提示することです。いくら流暢に英語で会話ができたとしても、資格や検定のスコアがなければ面接官に納得してもらえないかもしれません。面接で使える英語の検定には、英検やTOEIC、TOEFLなどがあります。それぞれの検定には性格があるので、目指す企業が好む検定を事前に受けておきましょう。どちらかといえば、英検やTOEICは主に英語での読み書きに重点を置いており、TOEFLは会話やコミュニケーションを重要視している傾向があります。また、高い英語力が前提となる企業へ就活する場合は英語で面接する可能性もあるので、英語でのやり取りや受け答えも想定しておくと良いでしょう。

英語力のPRをきっかけに自分のキャラクターもアピール

英語力を自己PRする方法は、英語検定の結果やスコアだけではありません。どのくらい英語習得に対して情熱を持っているかも、アピールできる要素となります。語学留学やホームステイをした経験がある人は、単に「1カ月間留学しました」などというのではなく、そこでどのような英語学習をしたのかを話すことがポイントです。「ホームステイではホストファミリーの家事の手伝いなどを通して生の英語に触れた」「留学中は毎日3時間語学学校へ行き、それ以外は現地で友人を作ってボランティア活動やさまざまなイベントに参加した」などのPRは、単に英語を学びに海外へ行ったというよりも、どれだけ自分がアクティブで魅力的な人材かということもアピールすることができます。

英語力を上手に就活に使おう

1705_2_194 (3)
就活において、英語力の高さは立派な武器となります。武器は使い方を誤れば自らを傷つけてしまう可能性もありますが、きちんと使用すれば就職という分厚い壁を突破するきっかけにもなりえます。自己PRをする際は「英語もできる人材」を目指して、相手企業に自分の魅力を存分にアピールしましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る