エントリーシート攻略!「自己PR」と「打ち込んだこと」の作成ポイント

1705_2_188 (1)

就活において、企業との接触がスタートする最初のステップとなるのはエントリーシートです。エントリーシートにはさまざまな内容を書くことになりますが、自己PRを書く欄と打ち込んだことを書く欄については、多くの就活生が作成にあたって苦労しているといわれています。ジョブコミットなどのスタートアップセミナーなどに参加することで、一般的な書き方を学ぶ方法も有効ですが、もっと詳しく知りたいと感じている人もいるでしょう。そこで、自己PRと打ち込んだことの書き方のポイントについてご紹介します。

自己PRで会社は何を見たいのか?

会社は、なぜ自己PRをエントリーシートに必ず書かせるのでしょう?その狙いがわかれば、効果的な自己PRが書けるようになるはずです。自己PR欄で会社が把握したいと考えているのは、将来活躍してくれそうな人材かどうかの判断材料です。将来仕事で成果を出せるかどうかというのは、能力とスキル、人柄そして価値観などにおいて優れ、人間的な魅力があるどうかで決まってくるといわれています。自己PR欄は、これが正しいという答えがある項目ではなく、自由に記述できる点に特徴があります。そのため、書く人の人間性が出やすくなるといえます。会社はそういった自己PRを読むことでその人の得意分野を把握するとともに、人間的な魅力や価値観まで読み取ろうとしています。
1705_2_188 (2)

自己PRの書き方のポイント

自己PRを書くにあたって注意しておきたいポイントは2つあります。ひとつ目は、誰にPRするのかを強く意識することです。大学の教諭に対してでもなければ友人に対してでもありません。採用してほしい会社に対してPRするのです。会社に対してPRするという意識を持つことができれば、会社が何を知りたいかを考慮するようになり、自然に書く内容も決まってくるはずです。自分中心ではなく読む人中心に書く内容を考えることがポイントです。2つ目は、表面的な自己PRに終わらないようにすることです。例えば、「笑顔が自慢」という自己PRだけでは不十分で、なぜ笑顔を絶やさないようにしているのかという考え方や笑顔を絶やさなくなったエピソードまで触れることが大切です。表面的な記述に終わらず、内面についても書くようにしましょう。

打ち込んだことで会社は何を見たいのか?

学生時代に打ち込んだことを聞くことで、会社は何を把握しようとしているのでしょうか?人材を募集している会社は、エントリーシートに書かれている打ち込んだことを読むことによって、応募者の物事に対する取り組み方や人としての成長の過程を把握しようという狙いがあります。どんなことにどのように取り組んだのかということがわかれば、仕事への向き合い方もある程度想像できるということでしょう。また、真剣に取り組んだものについては、途中で困難にぶつかったという経験が含まれることも多いです。困難にぶつかったときにどのように対応したのかを把握することで、困難への耐性などを把握することも打ち込んだことを書かせる目的となっていると考えられます。

打ち込んだことの書き方のポイント

会社が打ち込んだことを読むことで把握したいことがわかっていれば、書く内容にも悩まなくなり書き方のポイントも簡単に理解できるようになるでしょう。打ち込んだことの書き方のポイントは体験談にならないようにすることです。「打ち込んだこと」は「何を一生懸命行ったのか」とも読めます。その結果、どんなことをしたかについて体験談を羅列する人もいます。しかし、打ち込んだことを読むことで人間性や困難へのアプローチを見たいという会社の狙いがわかっていれば、体験談だけでは不足していることは理解できるでしょう。打ち込んだ具体的な内容とともに、自分の成長という視点を入れ、いかにしてゴールまで辿り着いたのかというプロセスを書く意識を持つことが大切です。
1705_2_188 (3)

自己PRと打ち込んだことは読み手を意識して書く

エントリーシートの自己RPと打ち込んだことの書き方に悩んでいる就活生は、まずそれを読んだ会社が何を把握したいのかを理解することを優先しましょう。それが理解できれば自然に書く内容が決まってくるはずです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る