ES作成講座!自己PRにアルバイト経験を活かすコツとは?

1705_2_103 (1)

就職活動やインターンシップの応募に際して、ES(エントリーシート)の書き方に苦労している人は多いようです。特に自己PRは自分の特性をアピールできる項目ですから、なるべく完成度を高めたいと考えるのが普通でしょう。自己PRに使いやすいエピソードとしては、アルバイトの経験が挙げられます。しかし、無造作にアルバイト経験を紹介しても、評価の対象に繋がらないこともあるでしょう。そこで、ここではアルバイト経験を活かし、魅力的な自己PRを作成するためのコツを解説します。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

アルバイト経験の紹介だけではダメ!

「工事現場のアルバイトをしていたから体力に自信がある」「コンビニでアルバイトリーダーを務めていたので接客は得意」というような自己PRでは、採用担当者の興味を集めるのは難しいでしょう。採用担当者が知りたいのはあなたの経歴や実績ではなく、あなたの人柄や熱意、能力、可能性です。そのため、自己PRではアルバイトにおいてどんな課題にぶつかったのか、そしてその課題にどう取り組んだのかという部分を具体的にアピールしましょう。
1705_2_103 (2)

アルバイトでのエピソード例

どのようなアルバイトエピソードを題材にすればいいのか、その1例を簡単に紹介します。

「私がアルバイトをしていた中華料理店は大変人気があり、ランチタイムは常に満席の状態でした。しかし、混雑しすぎるあまり昼休憩の時間内に入店できないというお客様もおられ、クレームの原因となっていました。そこで私は、ランチタイムのみ予約制にしてみてはどうかと店長に提案してみました。店長は熟考の末に提案を採用してくれて、その結果お客様が昼休憩の時間を無駄にするということがなくなりました。クレームもほとんどなくなり、店長にも満足してもらえました。」

このように、自分のアイデアや行動がアルバイト先にどういったメリットをもたらしたのか、詳しく解説しましょう。

4ブロック構成で考えよう!

これだと思うアルバイトエピソードが見つかったら、それをベースに自己PRの内容全体を考えていきましょう。その際、内容を4つのブロックに分けると考えやすくなります。第1ブロックは「アピールしたい自分の特性や考え方」です。ESを応募する企業や業界に、最もアピールしたい内容を端的に伝えましょう。第2ブロックは「特性や考え方が生まれた背景」です。第1ブロックで提示した特性や考え方がどうして生まれたのか、その背景について説明しましょう。自分がやっていたアルバイトの内容、そこで直面した課題、課題を改善したり達成したりするために行った活動などを具体的に解説していきます。前述のエピソード例でいえば、文頭から店長に提案するまでの部分です。第3ブロックは「獲得した経験や実績」です。課題に取り組んだことで獲得した経験や実績に触れていきます。エピソード例の「その結果〜」以降に書かれている部分です。第4ブロックは「将来的な目標」です。獲得した経験や実績を、将来的にどう活かしていきたいと考えているかを伝えましょう。ESを応募する企業や業界の特徴に合わせ、どんな貢献ができるか説明します。

自己PR作成で注意したいこととは?

自分の長所をアピールしたいあまり、自己PRは内容が厚くなってしまいがちです。けれども、文章が長すぎると読むのが大変だったり、内容が伝わりにくくなったりする可能性があります。それゆえ、自己PRの文字数は200~400文字程度が適性だといわれています。また、ネットで調べた例文の内容をそのままコピーするのは避けましょう。採用担当者もある程度そうした例文をチェックしていますから、コピーしたものだとわかってしまうことがあります。例文は参考にするくらいに留め、自分の言葉と表現で仕上げるように心がけましょう。

1705_2_103 (3)

魅力的な自己PRを作成するために

ここで紹介したコツに従って自己PRを作成すれば、ESの完成度を高めることができるでしょう。しかし、もっと魅力的な自己PRにするために専門家の声を聞いてみることも重要です。よりESの完成度を向上させたいと思う人は、ジョブコミットが主催する就活セミナーやイベントなどに参加してみるといいのではないでしょうか。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


image4493

就活イベントに参加してみる!

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る