説明会にエントリーできない!満席の説明会に参加させてもらう方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

就活生なら憧れの企業の説明会にはエントリーしておきたいところです。会社の幹部の話を直接聞けるうえ、上手くいけば説明会で顔を覚えてもらうことも可能だからです。しかし、人気企業になればなるほど予約が埋まるのも早く、エントリー漏れしてしまう可能性もあるでしょう。
しかし、予約が満席になったからといって説明会を諦めるのは早いのです。ここでは満席でエントリーできない説明会に、なんとか参加させてもらう方法を紹介します。

「満席」でもお願いする余地は残されている

説明会が満席になってネット予約ができないなら、大半の志望者はその時点であきらめてしまいます。しかし、いわゆる「おさえ」の企業であるならともかく、憧れの企業の説明会に参加できないのは悔しくてたまらないものです。そこで、あきらめる前にまずは企業側にコンタクトを取ってみましょう。そして、「申し訳ございませんが、なんとか参加させてもらえませんか」と伝えてみることをおすすめします。
作法がなっていないと思われないかと不安に思う人もいるでしょうが、企業からすれば「そこまでうちの会社を思ってくれているのか」と感じ、むしろ丁寧に対応してもらえることのほうが多いものです。「満席」と聞いても充分に交渉の余地は残されているといえるでしょう。

誠意を伝えるためには電話をしよう

1705_2_80 (2)

満席の説明会に参加させてもらうお願いをするときは、電話するのが賢明です。メールも悪い手段ではありませんが、行き違いから見過ごされてしまう可能性もゼロではありません。避けたいのは「ダメもと」で当日に押しかけてしまう方法です。説明会の当日は企業も忙しく動き回っており、イレギュラーな事態に対応できない可能性もあります。そして、「運営の邪魔になった」とあなたに悪い印象を抱いてしまうこともありえます。
なるべく早い段階で企業に電話をすると、比較的負担にならずに対応してもらいやすくなります。連絡先は説明会の案内に掲載されていることが多いですが、もしも見つからないようなら企業の総務課に問い合わせると担当者を教えてもらえるでしょう。

問い合わせの際の注意点

電話で問い合わせる際にはとにかく「下から目線」を意識します。「たぶん対応してもらえるだろう」と内心では思っていても、それが伝われば相手の機嫌を損ねてしまうこともあるからです。挨拶と自己紹介から始め、「たいへん申し訳ないのですが」や「お手数ですが」などのクッション言葉を挟みながら丁寧にお願いするようにしましょう。
多くのことを望まないこと、企業への思い入れを伝えることもポイントです。「立ったままでもいいので是非」と譲歩すると、相手も受け入れてくれやすくなります。また、単なる参加者よりも「就活では第一志望先として考えさせております」と言ってくれる人のほうが、企業も「なんとかしてあげたい」と思いなおしてくれることもあるでしょう。

お願いの仕方次第で印象を稼げる?

電話で説明会参加のお願いをすると、意外なメリットも発生します。それは、企業に顔と名前を覚えてもらえる可能性が高くなることです。仮に説明会に遅れてエントリーできたとして、当日は受付で名前を伝え、案内してもらうことが考えられます。つまり、企業はあなたの名前を控えていますし、「どんな人間が来るのだろう」と楽しみにしている可能性すらあるのです。そこで印象よく振舞うことができれば、来るべき就職活動でも有利に働きます。面接では話のタネにすることもできるでしょう。
逆に、態度が悪ければネガティブに働きもします。そうならないよう、エントリーさせてもらった恩義を忘れずに、当日は謙虚な姿勢で接するように心がけましょう。

必死さが採用担当者を動かす

 1705_2_80 (3)

説明会のエントリーを逃して、どうにもならないほど悔しさがこみ上げるということは心からその企業に入りたいと願っている証しです。あきらめて就活に悔いを残すよりは、最後まであがいてみることをおすすめします。必死さが伝われば企業もできるだけ協力してくれるはずです。礼儀正しく丁寧にお願いして、可能性に賭けてみましょう。
もしも説明会にエントリーできないままだったとしても、就活の道は長いものです。同じ過ちを繰り返さないよう、最新の情報により一層注意を向けるようにしましょう。ジョブコミットなどの就活応援サイトでは、リアルタイムで企業情報や就活に役立つコラムが更新されています。気軽にのぞきながら、就活のテンションを高めていきましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る