インターン説明会に参加してみよう

1705_2_63 (1)

インターンシップは、就活をはじめようと考えている学生の方や、既卒で社会経験が少ない方にとって会社で働くとはどのようなものなのかを垣間見ることができる貴重な機会です。インターンシップを募集している会社もさまざまな理由でインターンシップを募集していますので、気になる会社が募集していたら説明会には参加してみましょう。色々なタイプのインターンシップがありますので、内容をしっかり確認して就活に活かせるようにできれば尚良いでしょう。

インターンシップに参加するメリット

1705_2_62 (3)

インターンシップに参加すると、具体的にどのようなメリットがあるのか気になる方は多いのではないでしょうか。実は会社によってインターンプログラムは多岐に渡っているので、説明会だけでも参加してみることが大切です。まず、参加する前に事前に内容を確認することはもちろんですが、時間が限られている就活期間なので、しっかり会社が募集しているインターンの理由や期間を説明会で確かめておきましょう。しかし、興味のある会社があれば、インターン説明会に参加するだけでもメリットがありますので、できれば参加するようにしましょう。なぜなら、会社も就職活動を始める方に会社のことを知ってもらいたいと考えています。そのため、ときにはカジュアルな雰囲気で会社の雰囲気や現役社員の話を聞くことができるでしょう。

説明会に参加することで内定に近づく?

インターンは実施期間も異なりますし、数日間からの短期や夏休みを全て利用した長期間のインターンもあります。もし、希望している会社で報酬がもらえて、会社の中で働く経験ができ、さらに内定までもらうことができたら理想的ではないでしょうか。このようなインターンもありますが、インターン説明会に参加しないと、内定までにはたどりつくことができません。説明会ではどのような選考方法があり、どれくらいの期間仕事をするのか、インターンプログラムの内容について詳しく聞くことができます。内定に直結する可能性の高いインターンシップは、説明会後にインターン面接があることが多いです。期間も長期であることが多いといえます。このようなチャンスをつかむためには、積極的に説明会に参加する必要性があるでしょう。

内定がでる可能性が高い説明会は

希望していたり、興味があったりする業界や会社で、インターンを経験して内定に至るまではそう簡単なことではありません。人気のある会社であればあるほど、競争率が高くなるでしょう。そのため、インターン説明会でも気を抜くことができないので注意です。書類を事前に準備する必要があれば、誤字脱字などないように細心の注意をはらいましょう。また、インターン面接が設定されるようであれば、会社側も新卒採用と同じように面接している可能性が高いので、質問する内容をまとめておくことが大切です。場合によっては、後日電話で別の担当者から2次面接がある場合も考えられます。インターン説明会とはいっても、このように内定に直結するインターンはしっかり会社から選考されているという意識を持つことが大切です。

インターンは他のパターンも存在する

会社がインターン説明会をする理由は他にもあります。採用に直結しないインターンのパターンもありますが、就活生によってはこのようなインターンに参加を希望することもあるのではないでしょうか。期間も短期間であることが多いですし、幅広く色々な会社を見てみたいという場合にはおすすめといえるでしょう。インターン説明会では、会社が自社のPRを兼ねていることがあります。短期で多くの方に会社を見てもらい、応募する方を増やすという考えを持ってインターンを募集していていますので、選考プロセスは採用直結のインターンよりもシンプルである傾向があります。また、長期に渡る場合でも、採用される可能性もあるアルバイト形態のインターンがあります。いずれの場合も、説明会があるはずですので、興味があれば参加してみましょう。

インターンになにを求めるか 1705_2_62 (2)

インターンには期間や実施時期、採用に直結するか、しないかなどさまざまなパターンがあります。自分がどのような形のインターンを希望しているかをしっかり認識したうえで、インターン説明会に参加してみましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る