製紙業界のインターンシップに参加しよう!採用されやすい志望動機とは

1705_1_26 (1)

製紙業界は安定性が高く、就活シーズンでは高い人気を誇る業界です。少しでもライバルに差をつけるためには、インターンシップに参加してみるといいでしょう。インターンシップでは業界の現実について職業体験を通して学べるうえ、企業に顔を覚えてもらえる可能性もあるからです。ただし、人気企業ともなれば競争率も高くなるインターンシップですから、志望動機が採用を左右します。ここでは製紙業界に採用されやすい志望動機について考えていきましょう。

日常で紙に関するエピソードは多いはず

製紙業界のインターンシップに応募する際は、日常生活における紙に関係するエピソードを考えてみましょう。そのうえで、志望動機に絡めてみると説得力が増します。とはいえ、紙を日常的に意識することはそれほど多くありません。そのため、急に「紙にまつわるエピソード」と言われてもピンとこない人も多いでしょう。しかし、我々の生活と紙は切っても切り離せない関係にあり、冷静に考えればいたるところに紙が存在していることが分かります。勉強に使うノートや教科書も紙ですし、キッチンペーパーもトイレットペーパーも紙です。紙がなければ、生活は不便になってしまうでしょう。そんな紙の重要性をかみしめ、文章に置き換えていくと企業の目にも留まりやすくなります。
1705_1_26 (2)

エピソードが嘘っぽくならないように

ただし、志望動機に関するエピソードが嘘っぽくならないように注意しましょう。紙は一般的に特別な感情を抱きにくい商品です。大袈裟に書けば書くほど、インターンシップに採用されたいためのでっちあげだと思われてしまう可能性があります。たとえば、「私は紙が大好きで小さい頃からずっと紙に触れて過ごしてきました」と書いても、なかなか本当のことには思われません。それよりは、本や教材など、紙でできている品物への思い入れを語ったほうが真実味は宿ります。あるいは、業界への将来性を感じているなどの志望動機が受け入れられやすいでしょう。もちろん、大学のゼミで紙の研究をしていたなどの特別な経験があれば強みになるので、積極的にアピールすることをおすすめします。
1705_1_26 (3)

製紙業界はどんな人材を求めているか

製紙業界が求めている人材像を把握しておけば、履歴書でも自己PRがしやすくなります。製紙業界は真面目でコツコツと仕事をこなせる人を求めています。製紙工場では決められたルーティーンを守ることが重要ですし、営業部門でも派手な戦略に頼るというよりは、旧来の顧客を大切にすることが基本視されています。そのため、インターンの採用でも真面目さは大きなアピールポイントになるのです。単に「私は真面目な人間です」と履歴書に書いても印象には残らないでしょう。具体的なエピソードによって性格を証明することができれば、採用担当者に好印象を与えられます。学校生活やアルバイト経験を通して、真面目さを証明できるエピソードを探しましょう。

製紙業界への志望動機の例文

以下、製紙業界のインターンシップの志望動機として例文を掲載します。あくまで形式の例文であり、独自の体験を書いて個性をアピールするようにしましょう。
『私が貴社のインターンシップに応募した理由は、かねてから社会に役に立っていると実感できる職業に就きたいと思っていたからです。日常的に人々が使用し、意識することは少なくても無くなれば困ってしまう、そんな品物を取り扱いたいと願ってきました。「紙」は世の中を支えていると思います。家事に教育に娯楽に、「紙」は欠かせない物質だからです。また、私は生徒会で会計を務めた経験があるなど几帳面な性格であり、社会を支える仕事に適しているのではないかとも考えています。』

履歴書の書き方は就活応援サイトも参考に

製紙業界のインターンシップに応募する際は、志望動機に悩む人は少なくないでしょう。一見地味に思える業界への熱意を示すには、文章力はもちろん、業界への知識や採用担当者への傾向など数々のポイントを踏まえておく必要があります。なかには、業界への思い入れが強くても良い文章が思い浮かばずに歯痒い思いをしている人もいるでしょう。そんな場合は一人で思い悩まずに、就活応援サイトに頼ってみるのもおすすめです。ジョブコミットなどのサイトでは、業界ごとの役に立つ情報が掲載されており、就活のサポートをしてくれます。履歴書の書き方や、インターンシップの採用率を高める方法も掲載されているので、気軽に覗いて実践的な知識を深めましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る