インターンシップの志望動機で適切な文字数とは?

1705_2_7 (1)

インターンシップの採用への第一歩となるのがESです。周囲と差をつけ、採用担当者の印象に残るようなESを書くためには工夫が必要です。ただし気をつけたいのは、いくら熱意があっても、長々と書いてしまったりコンパクトにまとめすぎたりすると、逆に気持ちが伝わりづらくなってしまうことです。適切な長さや文字の大きさで、読みやすい志望動機を心がけましょう。インターンシップの志望動機を書く際に気をつけたい文字数や、分かりやすくまとめるためのコツをご紹介します。

まずは企業側の指定に合わせよう

企業側からESのフォーマットを提示されたり、文字数を指定されたりしている場合は、それに従いましょう。よくあるのは、手書きのESで志望動機欄が独立して設けられていたり、罫線が引いてあったりするケースです。そのような場合は、枠内や罫線上に収まるように書くことが大切です。また、「◯◯字以内」や「◯◯字から◯◯字程度」などと指示されていれば、その字数に収まるように書きます。枠をはみ出してしまったり、指定された文字数を超えてしまったりすると、指示を守れない人物だと見なされてしまいかねません。より多く文字数を稼ぐことで熱意を伝えるのではなく、指示内に収めながら分かりやすい文章を書くことが、企業側からの評価につながることを覚えておきましょう。女性ポートレート

志望動機の目安は300文字程度

インターンシップのESで書く志望動機は、200字から300字程度が目安となっています。この文字数は、意外とすぐ埋まってしまうので気をつけましょう。志望動機で書くべきポイントは、インターンシップでの目標、インターンシップに参加する理由、その企業を選んだ理由などです。いずれも、長々と書いていると300字を超えてしまうため、焦点を絞って簡潔に書きましょう。たとえば「貴社のインターンシップを通して、マーケティングで欠かせないロジカルシンキングを身につけたいです。大学でマーケティングを学んでおり、将来はマーケターとして活躍したいと考えています。そのため、マーケティングコンサルタントとして数多くの実績を積んでいる貴社のインターンシップへの参加を希望しています」といった流れを軸にして、具体例を挟み込んでいきましょう。1705_2_7 (2)

手書きの場合は読みやすさに気を配って

ESをパソコン上で入力するタイプであれば、文字の書き方を心配する必要はありません。ただし、手書きのESの場合、文字数以外にも気をつけるべき点があります。それは読みやすさです。字が大きすぎたり小さすぎたり、あるいは詰めすぎていたりしていると、せっかく良い内容を書いても熱意が伝わりません。志望動機を書く際に心がけたい点をいくつか挙げましょう。 ・字が丁寧で読みやすいこと ・カッコや下線があり、ポイントが読みやすくなっていること ・「主張+根拠」の流れになっていること ・「てにをは」を正しく使うこと ・主語と述語が明確なこと こういった点に注意すれば、格段に読みやすい文章となります。また適宜読点を入れることも忘れないようにしましょう。

志望動機と自己PRを使い分けるのもコツ

企業によっては、志望動機欄と自己PR欄を分けているところも多くあります。もし志望動機が300字で収まらない場合、一部を自己PR欄に持っていくこともコツです。たとえば志望動機欄では、その業界や企業を志望する理由やインターンシップで目指したいことを中心に書き、自己PR欄でそのために自分が積んできたスキルや経験をアピールすると、うまく文字数内に収まることがあります。ESを書く際は、まず全体の項目を見渡し、自分がアピールしたいことをどの欄にどういう配分で書いていくかという戦略を練りましょう。アピールポイントを志望動機欄や自己PR欄に書ききれなければ、資格や特技の欄と併用するという手もあります。

何よりも読みやすさを心がけよう

ESを書くときには、自分のことを理解してほしいという気持ちも大切ですが、それよりも、相手にとって読みやすくなるようにという心配りが重要です。志望動機は300字程度に収め、簡潔に書くようにしましょう。もし300字で書ききれなければ、他の欄もうまく活用することがおすすめです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る