インターンで新幹線の分も交通費は出るのか?

1705_1_198 (1)

遠方からインターンに参加する場合で気になるのは交通費の問題でしょう。飛行機や新幹線の利用が適切な場合でも、申請していいかどうか迷う人は多いものです。そこで、インターンでの交通費の考え方や企業への対応などをまとめてみました。領収書の必要性や確認しておきたいことなど一般的な注意点をあらかじめ知っておけば安心感は違います。最終的には企業判断に沿うのは当然ですが、交通費の考え方や傾向について確認しておきましょう。

インターンではどこまでの交通費を負担してもらえるのか

遠方からインターンに参加する場合の交通費は、そもそも企業側がどこまでを負担してくれるかで変わってきます。交通費を全額支給してくれるところは多くありますが、それでも上限を設けているのが一般的です。基本的に必要であれば新幹線の利用も認めてくれているところは珍しくありません。気になる場合は、自宅の最寄駅からインターン先までの移動手段や所要時間などについて、あらかじめ確認してから企業に相談するといいでしょう。料金や移動方法は乗り換え案内などのアプリで簡単に確認できます。若干相違が出る場合はあるので、窓口でも確認すると正確に把握できます。ただし、交通費の上限を超えてしまう場合、その差額は自己負担になることを覚悟しておきましょう。

新幹線の利用は指定席でもいいの?

1705_1_198 (2)

新幹線の利用に問題はないという場合でも、指定席の利用はどうかといえば、それは企業の担当者の判断によるところが大きくなります。自由席では座れない可能性がありますから、往復で疲労するより1,000円前後料金がアップしても良いという企業担当者はいます。しかし、方針や印象は企業や担当者によって違うので、確認して請求したほうが無難でしょう。仮に指定席分の負担はしてもらえない場合でも、ゆっくり座れるほうが良いなら指定分だけ自分で負担すればいいのです。日本は遠慮する人に好意的な印象が持たれやすい傾向があります。上限の範囲内の金額でも、いきなり指定席分も含めて申請せず、事情を説明、相談してからのほうが心証は良くなります。

できるだけ料金を抑えることもマナー?

交通費の上限が高めの設定になっている場合でも、インターンで利用するときには抑えられる部分は抑えて出すのもマナーです。新幹線は往復でチケットを購入すれば割安になるので、往復で購入しましょう。また、学割も併用は可能なので、利用するとさらに交通費を抑えることができます。学割の利用には学割証が必要ですが、用意できるなら利用することをおすすめします。ただし、学割が可能な範囲内であっても、学割証が発行されない場合などは無理をする必要はありません。通う頻度によっては新幹線の回数券を利用することもできます。必要な交通手段であれば利用して負担してもらうことは大切なことですが、できる範囲で企業の経費を抑える姿勢が評価されることもあります。

領収書は必要?もらう時の注意点は?

交通費の申請に領収書は必要かというのも、よく聞かれる疑問です。一般的に企業で交通費を支給する場合は領収書を必要としない場合が多く、最寄駅から区間を割り出して計算してくれるというやり方があります。インターンの場合は短期か長期かで変わってくる部分があるので、領収書をもらっておくほうがいいでしょう。企業によってインターンの交通費の処理が違うこともあります。領収書は券売機の領収書ボタンで発行されますし、窓口で発行してもらうことも可能です。領収書の発行は簡単にできますし、申請書に記入するだけでいいという場合には使わなければいいだけです。領収書の提出を規定としている企業は、宛名に入れる正式名称の確認をしておきましょう。

常識の範囲内で効率的な方法を選ぼう

1705_1_198 (3)

インターンでも新幹線の交通費を支給してくれるところはあります。指定席の利用などは必要に応じながら常識の範囲内で考えましょう。確認することが理想的ですが、仕方なく自己判断をする場合は領収書の用意など説明できるものを用意しておくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る