自動車業界で働きたい!インターンシップに受かる志望動機とは

1705_1_122(1)

インターンシップとは一定期間、研修生を体験入社させるシステムです。人気企業ともなれば多くの応募者が殺到し、採用される可能性は低くなります。自己PRに成功して憧れの企業で働くためには志望動機を充実させてやる気を伝えることが肝心です。
新卒の就活生に絶大な人気を誇る自動車業界も、インターンシップの採用率が低いことで有名です。ここでは自動車業界のインターンシップで採用担当者から好印象を得られるための志望動機について解説します。

他の自動車会社ではなぜいけないのか

一言で自動車業界といっても、数多くのメーカーが存在します。そんな中、インターンシップを行っているメーカーもたくさんあるでしょう。志望動機ではたくさんのメーカーの中から「この企業でなければいけない理由」を明確にすることが大切です。
「ずっと憧れていた企業だった」、「販売している車が好きだった」という理由は悪くありませんが、やや具体性に欠けます。「自分の家族が長年乗ってきて思いいれがある」などのエピソードを付け加えると説得力が生まれるでしょう。一方で「通いやすかった」、「給料が良かった」などの理由は受身的な印象を与えてしまいます。労働条件よりも仕事内容に言及したほうが、熱意があるように思われる傾向があります。

企業研究の成果を取り入れよう

インターンシップの志望動機では企業への思い入れを伝えることが重要です。企業からすれば「どの企業でもいいからとにかく有名なところで働きたい」と考えている志望者よりも「好きな企業で働きたい」と考えている志望者を優先的に採用したいと考えています。それは自動車業界でも例外ではありません。履歴書の志望動機を有効活用して、企業への思い入れをアピールしましょう。
そのときに問われるのが企業研究の成果です。企業研究とは志望先の情報を深くリサーチするプロセスのことです。企業研究を深く行っていれば、企業の独自性や経営理念に絡めた志望動機を書くことができます。他の志望者が書いていない深い内容を伝えられれば、書類選考の通過率は高まります。

将来のビジョンを伝えよう

1705_1_122(2)

自動車業界は時代の流れと共に発展し続けています。新しい燃料で動く車や最新技術が搭載された車など、次々に生み出される新商品はユーザーの心を躍らせています。日本の自動車産業は巨大であり、数多くのエンターテイメント業界と連携したり、海外進出を果たしたりと非常に将来性が感じられる事業です。自動車業界で働く人材もまた、将来のビジョンを持って働くことが求められています。
インターンシップの志望動機でも「自分は業界で何をしたいか」を盛り込むようにしましょう。大きすぎるビジョンは現実感がないので、あくまで目先のことに対して目標を掲げると好感度が高まります。目標が明確な志望者ほど、真面目に働いてくれると思われるのでおすすめの方法です。

自動車への愛情を主張しよう

自動車業界はどんな部門であれ、自動車への知識は不可欠です。広報、営業、企画開発、どんな職種で働こうとしても自動車に詳しくなければ続かないでしょう。つまり、インターンシップの志望動機においても自動車への愛情を示すことが大切なのです。
採用担当者の心を動かすのに一番分かりやすい例文としては「自分が乗っている車が御社製であり、こんな乗り心地のいい車を販売している企業で働きたいと感じました」と、愛車に絡めて志望動機を綴るパターンです。しかし、車を持っていなかったり、別のメーカーの車に乗っていたりしたらいけないわけではありません。志望先の車についてしっかりと調べ上げ、長所を挙げることができればプラスに作用します。

自動車業界のインターンシップは狭き門

1705_1_101(2)

自動車業界は安定性、規模など多角的に考えて日本が世界に誇る産業の一つです。また、自動車に愛着がある若者は多く、就活においてトップクラスの支持を集めている業界だといえるでしょう。それだけにインターンシップの採用率は狭き門だといえます。少しでもライバルに差をつけられるよう、真面目でありながらも個性的な志望動機を書くことが肝心です。
情報戦もまた、インターンシップに受かるための工夫の一つです。最新の企業情報や選考対策を収集することで、選考過程を有利に進めることができます。就職活動やインターンシップで行き詰ったと感じたら、ジョブコミットをはじめとする就活応援サイトの力を借りて努力してみるのがおすすめです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る