インターン先から往復分の交通費は支給される?

1705_1_189(1)

就職活動においては、企業研究や履歴書の書き方、面接対策なども大切ですが、インターンシップに参加することもプラスになるといわれています。多くのメリットが得られるインターンシップですが、誰でも受け入れてくれるわけではなく合格する必要があります。また、往復分を支給してもらえるかどうかなど交通費に関する不安がある人もいるでしょう。そこで、インターンシップに参加するメリットや交通費に関する条件はどうなるのかなどについてご紹介します。

インターンシップで得られるメリットとは?

1705_1_189(2)
インターンシップに参加することによって得られるメリットは参加する人が何を求めるかによって変わってきますが、一般的には主に3つあるといわれています。1つ目はアルバイトでは体験できない正社員レベルの仕事を体験できることです。これから社会人として働く者にとっては貴重な経験を積むことができるでしょう。2つ目は就職したいと考えている会社のインターンシップに参加することで、求人応募の前に職場の雰囲気を確認できることです。入社してみたら思っていた雰囲気と違ったということを回避できるメリットがあります。3つ目は貴重な体験をしながら報酬が得られる場合があることです。すべてのインターン先が報酬を支払っているわけではありませんが、募集要項を確認すれば条件は事前に把握することができます。

インターンの交通費は往復分全額支給される?

インターンシップに参加することで得られるメリットは大きいですが、特に学生であればお金に余裕があるケースは少ないでしょう。そうなると、報酬や交通費などのお金に関する条件が気になります。報酬に関しては職業体験という建前上「多くのお金が欲しい」と思っても思い通りにならないケースがありますが、交通費は往復分全額支給して欲しいと思うものでしょう。交通費の支給に関しても条件はインターン先によってさまざまで、交通費込みという考え方で報酬が設定されている場合もありますし、交通費の上限が設定されている場合もあります。そのため、遠方から通う場合は往復の交通費全額は支給されない場合もあることは理解しておきましょう。往復の交通費が高額になるようなインターンシップ先を選ぶ際は、この点についても考慮しておきましょう。

交通費申請用の領収書はどうする?

交通費申請が許されているインターン先の場合、領収書は必要なのでしょうか?最終的には会社によるということになりますが、一般的には特急利用やタクシー利用の場合は必要になり、在来線の普通運賃だけの場合は不要になることが多いようです。また、往復で購入すると料金が安くなる場合がありますので可能な限り往復で購入して領収書をもらうことをおすすめします。領収書の提出を受ける企業にとっても往復で1枚の領収書の方が処理しやすいはずです。領収書の宛先については、事前にインターン先の指示を仰いでそれに従うことをおすすめします。

相談に乗ってくれない場合は別のインターン先を探す

長期間にわたってインターンシップ先に通うことになった場合、往復の交通費が支給されないとなると、就活生にとっては金銭的に大きな痛手になる可能性があります。そういった場合は、素直にインターン先に相談してみることをおすすめします。支給上限からオーバーしている金額によっては柔軟に対応してくれる可能性もあります。しかし、一部の人にだけ上限を超えて支給すると不公平になるため、支給できないなどの理由で相談に乗ってくれない場合もあるでしょう。その場合は、別のインターンシップ先を探すというのも選択肢の1つといえます。ただし、あくまで職業体験ということを理解した上で、無理に詰め寄るなどの行動は慎んだほうがよいでしょう。

交通費の条件は事前に確認してインターンのメリットを享受しよう

1705_1_189(3)
報酬や交通費の条件は、インターンシップ応募の前に確認しておくことをおすすめします。金銭面での条件を確認した上でインターンシップ先の選別をクリアし、インターンシップのさまざまなメリットを享受しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る