インターンシップ情報は2chで収集?就職支援会社のセミナーがおすすめ!

1705_1_141(1)

就活生にとって就職先は社会人の第一歩を踏み出す大切な場所となります。そのため、できる限りの準備をして希望する会社への就職を実現したいと考えるものでしょう。就活にはさまざまな活動が含まれますが、インターンシップに参加するのも有効です。そこで、インターンシップとはどういうものなのか、インターン先の情報収集にはどんな方法があるか、おすすめの情報収集方法は何かなどについてご紹介します。インターンシップ先選びの参考にしてみてください。

インターンシップとは?

インターンシップ先の情報収集の前に、インターンシップとはどういう制度なのかについて理解しておきましょう。インターンシップとは職業体験の制度で、就活生にとってのメリットは主に3つあります。1つ目はアルバイトで体験することができない正社員レベルの仕事を体験できる点です。2つ目は就職を希望している会社のインターンシップに参加することによって会社の雰囲気を確認できることです。入社した後で、こんなはずではなかったといったミスマッチを避けることに役立つでしょう。3つ目は収入が得られる場合があることです。あくまで職業体験ですので報酬がない場合もありますが、報酬が受けられる場合は貴重な体験をしながら収入を得られます。

インターンシップに関する情報収集は重要

1705_1_141(3)

就活生がインターンシップに参加するとメリットを得られますので、就活の一環としてインターンシップに参加することは有効な活動になるでしょう。しかし、インターンシップ先の条件は会社によってかなり差があります。報酬がある場合もありますがまったくないという場合もありますし、交通費の支給の有無でも違いがあります。また、自分の体験したい仕事ができるかどうか、希望する業界の会社かどうかといった点に関してもしっかりチェックした上でインターンシップ先を選ぶ必要があるでしょう。そのためには情報収集が重要になることはいうまでもありません。インターンシップを就職に活かすためには真剣に情報収集する必要があるといえるでしょう。

インターンシップ情報を2chで収集するメリット・デメリット

インターンシップ先の情報を集めるにはどうしたらよいのでしょう?まず口コミサイトや2chなどを利用して、すでにインターンシップを体験した人の感想を参考にするという方法が考えられます。口コミ情報を確認するメリットとしては、実際に体験した人の本音を聞くことができる場合があるということです。使い方によっては貴重な情報となるでしょう。しかし、この方法で情報を収集する場合にはデメリットもありますので注意が必要です。デメリットとしては2点あげられます。1つ目は本音のコメントだったとしても感じ方は人それぞれで違うため、主観的な内容になることです。2つ目は2chなどの口コミは無記名であることが多いため、無責任な内容も書き込まれている可能性があることです。2chの情報を見るときはこういった点に注意することが大切です。

インターンシップ情報収集は就職支援会社のセミナーがおすすめ

1705_1_141(2)

インターンシップの情報収集方法としては、就職支援会社などが開催しているセミナーに参加するという方法もあります。ジョブコミットなどの就職支援会社が主催しているスタートアップセミナーなどでは、就職活動に役立つ情報が豊富です。企業の担当者が参加していることも多く、直接会社の情報が聞けることもあります。また、インターンシップの詳しい情報が得られることも期待できます。自分で調べなくても複数の会社のインターンシップに関する最新情報がまとめて手に入りますので便利です。インターンシップ情報を収集する場合は、こういったセミナーを活用してみるとよいでしょう。

信頼できる情報を元にインターン先を選ぼう

インターンシップ先の情報を収集する場合は、信頼できる情報源を利用することが大切です。おすすめの方法は就職支援会社が主催しているセミナーに参加する方法です。効率的に情報を収集した上でインターンシップ先を選びましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る