履歴書はこう書く!新卒の就活が上手くいく履歴書の書き方例

1705_1_54 (3)

書類選考を通過するには履歴書が非常に重要となりますが、頭を抱えている学生も多くいます。志望動機って何を書いたらいいの?自覚している性格ってどんなこと?特技なんてない!なんて声も聞こえてきます。しかし人事担当者をひきつけるために、特別なことばかりを書く必要はありません。大切なのは企業とマッチしているかということです。最初の難関である書類選考を通過し、新卒の就活が上手くいく履歴書の書き方を詳しく説明します。

基本的なマナーを守って作成しましょう

企業の人事担当者は、履歴書の書き方を見て応募者の人柄を判断します。新卒の就活における書類選考では丁寧な仕事を期待できるか、常識を持った行動ができるかなどを見極めているのです。そのため履歴書の書き方は非常に重要になります。マナーをきちんと守ったうえで企業への真剣さや誠実さが伝わるように心をこめて書きましょう。履歴書は基本情報を伝えるものと考え、必要最低限な情報を簡潔に記し、経験やスキル、就業意欲のアピールは履歴書には書かずにエントリーシートに記載します。正確さと見やすさを重視し、箇条書きや体言止めを用い、略称や略字を避けましょう。西暦と和暦が混在していないかも注意し、年次が正確に記入されているかもきちんとチェックしておく必要があります。学歴・経歴の最後には「以上」を忘れずに書くことも大切です。

志望動機の書き方のコツ

1705_1_54 (1)

志望動機は短い文章の中でしっかり内容を伝える必要があり、採用担当者も志望動機を重要視していますので、考えをまとめてから書くようにしましょう。志望動機を伝えやすくするにはまず結論から書くことをおすすめします。「なぜ志望するのか」ということを最初に伝えることで、採用担当者の注意をひきつけ、その先の内容も伝わりやすくなります。自分がその業界に求めることを書き、なぜその業界に入りたいのかをしっかり説明しましょう。その際にこれまでの経験などの具体的な例をあげることで説得力が増します。さらに、「なぜ貴社なのか」ということにつなげていきます。「◯◯業界の中でも、貴社は〜」と企業の特徴や強みを書き重ね、自分にとってこの企業でないといけないという熱意を伝えましょう。

自覚している性格って?

新卒で就活をしている場合には、履歴書にある「自覚している性格」欄には頭を悩ませることも多いでしょう。この欄には志望する企業がどのような人材を求めているかを調べたうえで、自分に当てはまることを書き、企業にマッチしている人材であるというアピールをするようにします。ネガティブな性格にはふれずに、企業にとってプラスになる性格を書くことが大切です。この際も結論から書くことが重要です。「私は粘り強い性格です」と始めに書き、その理由を具体的なエピソードを交えて書くことで、その性格が本当であるという証拠が示せるでしょう。

特技に書くことがない?

履歴書に書く特技は、珠算やピアノといったわかりやすく文化的である必要はありません。特技に資格は必要ないので、言ったもの勝ちであるともいえます。例えば特技が野球であると考えるのであれば、どのレベルの野球ができるのかについて、県大会などの実績や、それに関わった期間も交えて記入しましょう。柔道などで段を持っている場合にも書いておくことで伝わりやすくなります。また、スポーツに限らずどんなことでも特技として記入が可能です。例えば介護施設のアルバイト経験からお年寄りとの会話が得意であるということも特技の1つです。自分が胸を張って「特技」だと言える内容を履歴書に書きましょう。そうすることで面接において特技について聞かれた場合でも、自信を持って答えることができます。

 

胸を張って言えることを、自信を持って書きましょう。

1705_1_54 (2)

履歴書は新卒の就活において非常に重要な役割を果たし、小さなミスから人事担当者の印象を悪くしないためにもマナーをしっかり守って作成する必要があります。その内容においても特別なことである必要はなく、自分が自信をもっていることを具体的な例を交えながら伝えることで、人事担当者をひきつけ、会ってみたい人物だと思わせることが可能です。自分自身のことを分析し、きちんと記入することで面接においてその内容を聞かれた場合でも自信を持って答えることができます。この企業でないといけないという熱意や企業への誠意を織り交ぜて、きらりと光る履歴書を作成しましょう。履歴書の書き方などはジョブコミットで講座も開催されていますので、利用してみるのもおすすめです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る