インターンシップの選考で押さえておきたい志望動機・「学びたいこと」の書き方

1705_1_115(1)

インターンシップをしたいと思える企業に応募する時には、ただやみくもにやる気をアピールするだけでは足りません。なぜなら、応募者はそれなりに意欲があるからこそ、応募をしてくるからです。他のライバルたちに差をつけるために、「志望動機」をしっかりとアピールしていく必要があります。応募書類を書く時に志望動機をよく練り込んでいないと、面接時に焦ってしまうなんてこともあります。どういったポイントを重視するべきかを見ていきましょう。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

志望動機を書く時に外してはいけないポイント

志望動機を書く時には、自由に書いてしまうのではなく、押さえるべき1つの流れというものがあります。自己分析を重ねていくと、つい自分のことばかりを主張してしまいがちですが、まずは応募先をよく知っておく必要があるでしょう。採用担当者は応募者が、自社のことをどれくらい勉強しているのかを見ます。応募先の企業のホームページを見たり、業界研究を重ねることで、説得力のある文章を書くことが大切です。その企業が行っているビジネスの特徴や業界内でのポジションなど、少なくとも他の応募者も調べているであろうことは、きっちりと押さえておく必要があります。その上で、インターンシップを通じて、どんなことを学んでいきたいのか展開していくことが大切なのです。

目次へ

ライバルに差をつける自己分析の大切さ

応募企業や業界研究が一通り済んだら、「自己分析」をしっかりと行っていくことが重要です。よくありがちな志望動機として、「小さな時から○○が好きで、業界内でも有名な御社を受けました」といった書き方では弱い部分があります。これでは誰でも言えそうな志望動機になってしまい、あまり注目されません。主観的に自分の感想だけを述べてしまうのではなく、ビジネス的な側面で物事を見ていく必要もあるでしょう。単に応募先企業の商品やサービスを褒めるのではなく、「もっとここを改良したら、良いと思います」といった提案型のアピールも必要です。採用担当者からすれば、応募者が自社のことについて熱心に勉強してくれているのは嬉しいものなのです。

目次へ

インターンシップを通じて学びたいこと、成長したいという意志をアピールする

1705_1_115(2)

実際にインターンシップに応募する時に、必ずしも就職したい業界や職種が決まっていない場合もあるでしょう。そんな時には、むやみに背伸びをしようとせずに、「インターンシップを通して、多くのことを学び成長したい」とストレートにアピールするのも有効です。熱意をもってアピールするということですが、あえて付け焼刃の知識で語るのではなく、実力不足だという面を素直にさらけ出してみるのも好印象につながっていきます。ただ、そうした時であっても自分だけにしか語れないエピソードを盛り込んでいくことは大切です。インターネットや本などの文例集を参考にしつつも、一度書いたものを見直す作業は必ず必要でしょう。インターネットなどでは取り上げられていない、自分なりの語り口を盛り込んでみてください。

目次へ

これまでの体験やエピソードを盛り込んでいく

どんなに見栄えのする文例集よりも、体験したことに勝るものはありません。自分一人で考えているとなかなか分からなかったりするものなので、身近な人たちとコミュニケーションを取ってみてください。他の人の話を聞いていて、「自分ならこうする、こう考える」といった点に注目してみましょう。なぜ、そう考えるのかを掘り下げていくと、本人しか語れない体験に行き着くものです。そうした体験は他の人と比べる必要はありません。なぜなら、採用担当者はどういった考えで応募してきているかに注目しているからだといえます。自分自身の体験と結びつけて、インターンシップを通じて「学びたいこと」をアピールすれば、無理のない志望動機を練り上げていけるでしょう。

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

無難なアピールにならないためにも、「学びたいこと」を明確にする

1705_1_115(3)
採用担当者は応募者に対して、何も完璧であることを求めているわけではありません。応募者の熱意や学んで、成長していこうという姿勢を見ています。説得力のある志望動機をアピールするためには、「学びたいこと」をきちんと整理しておく必要があるでしょう。なぜ、応募先の企業でなくてはならないのかを深く掘り下げて考えていく必要があります。面接時に学びたいことをしっかりとアピールできれば、他のライバルに差をつけることができるでしょう。企業側からすれば、応募者を受け入れるということは、それなりに人材教育に熱心であるということです。学ぶことに対してひたむきな姿勢は、重要なアピールとなります。実際の面接を想定して、OB・OGなどに協力してもらい、面接の練習をしてもらうのも有効な方法です。堂々と自分の意見を言える志望動機を練り込んでみてください。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る