成功する!インターンシップの志望動機の書き方のポイント!

1705_1_110(1)

就職活動の中でも初期のころに行われるインターンシップ。エントリーシートではないものの、インターンシップのときに提出する志望動機欄は就活を成功させるうえで非常に重要な鍵を握っています。まだ本格的な対策を始めている学生も少ない時期ですので、この時期からしっかりとした対策をしておけば周りの学生と一線を画すことができるでしょう。ここでは、そんなインターンシップ時の志望動機の書き方に関するポイントをわかりやすくご紹介します。

志望動機を書き始める前にしっかりと準備をしておこう

インターンシップへの応募をする際には、まだまだ就活の意識が低い学生や何も方向性が定まっていない学生が多いです。そのため、まずはいきなり志望動機を書き始めるのではなく、事前の準備をすることが大切です。準備で必ずやっておかなければならないのが、対象企業の研究と自己分析です。対象企業とは、自分が興味を持った今まさにインターンシップを受けようとしている企業です。その企業がどのような事業を行っていて、どのような理念で経営を行っているのかを頭に入れておきましょう。そして、そのあとに自己分析を始めます。自己分析は言い換えれば自分の本音と向き合うことともいえるでしょう。その企業を詳しく知った結果、さらに興味を持ったという人もいれば、興味がなくなってしまったという人もいるはずです。

根拠をしっかりと!その会社を選んだ理由を明確にしよう

1705_1_110(2)

企業研究と自己分析が終わったら、今度はその企業を選んだ目的を明確にします。初めは何となく興味を持っていたという程度だったものが、企業を詳しく知ることによって、その企業への興味がより強くなったはずです。志望動機ではどうしてそのインターンシップを選んだのか?という理由が非常に大切なポイントです。そのため、企業研究と自己分析が終わった段階で自分がその企業のインターンシップを受けたいと思った理由を明確にしましょう。このときに注意したいのが、ありきたりな理由付けにならないように、自分の気持ちを込めることです。無難な理由ではなく、自分ならではの根拠付けができるように、明確化させることが大切です。

目的をしっかりと!インターンシップを通して得たいものを明確に!

その企業のインターンシップを希望する動機が明確になったら、次は目的を明確にします。インターンシップを受ける目的は、なにもその企業の雰囲気を知るためだけではありません。社会人として働くことの意義を知るためや、自分のイメージしている事業内容と同じかどうかを判断するためなどさまざまです。この目的を人事にしっかりと伝えられるということが、今後の就職活動の明暗を分けるといっても過言ではありません。ここの部分も、ありきたりな内容よりは自分ならではの独自性を出したほうがいいです。自分だけしか思いつかないことや、心の底から思っている目的を語ることによって相手への伝わり方も変わってきます。本心から出ている言葉のほうが相手にも伝わりますし、情熱的に語ることができるでしょう。

志望動機を書く際に注意すべきポイント

インターンシップを通じて学生が会社の雰囲気などを判断するように、企業側もインターンシップを通じて学生のやる気を判断しようと思っています。どんなに能力的に優れていたとしても、やる気のない学生は受かりません。企業は本気でやる気があって入社後に活躍できる人材を求めています。そのため、志望動機ではやる気を伝えなければならないということがわかるでしょう。そして、やる気の伝わる志望動機を書くためには、具体的かつ論理的な文章を書くことが必要です。抽象的な内容ではどこかの例文の引用や単なる思い付きで書いたと思われても仕方ありません。そう思われないためにも、自分の経験などを織り交ぜた具体的な内容を考えるようにします。また、志望動機の最初から最後までの話の流れが一貫しているという論理性も重要なポイントです。支離滅裂な内容では信頼されないと考えておきましょう。

周りと差をつけてインターンシップで一歩リード!

 1705_1_110(3)

ここまでインターンシップの志望動機を書く際のポイントを見てきましたが、志望動機の例文などはあくまでも参考程度にとどめておくようにしましょう。書店などに行くと例文が多数掲載された書籍などが販売されていますが、このような例文に固執してしまうとオリジナリティにあふれる文章を書くことができなくなります。また、企業がどのような人材を求めているのか?という点にフォーカスして、業種や業態で志望動機の方向性を変えてみるのも一つの方法です。ここで紹介した志望動機の書き方のポイントを参考に、周りと差をつけるクオリティの高い志望動機の作成を目指しましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る