インターンシップの志望動機がない!?誰でも書ける志望動機のポイント

1705_1_105(1)

就職活動のスタート地点ともいえるのがインターンシップです。必ずしも本採用に直結するわけではありませんが、インターンシップを経験できると、その後の就職活動に有利に働くことも確かです。せっかくインターンシップに応募するならぜひ受かりたいものですが、就職活動を始めたばかりの時期は、なかなか具体的な志望動機が思い浮かばないこともあります。そんなときに役立つ、志望動機を書くコツをインターンシップの目的別にご紹介します。

まずはインターンシップの目的を理解しよう

インターンシップに臨むときには、まずインターンシップの目的を理解することが大切です。つまり応募先の企業がインターンシップをどのように位置づけているかを理解することが、志望動機を書くための手がかりになります。企業にとってのインターンシップの目的の1つは、インターンシップを採用活動の一環とすることです。企業によっては、インターンシップへの参加が本採用の応募条件になるケースもあります。インターンシップでは数週間から数ヶ月にわたって学生とともに働くため、書類や面接からは知れない適性を把握しようとするのです。こういった場合は、本採用への熱意が読み取れるような志望動機が望ましいでしょう。またもう1つの目的として、企業PRやアルバイトとしてのインターンシップ採用が挙げられます。この場合は比較的短期間で、簡単な業務やセミナーが中心となるため、企業や業界についての深い知識を求められるものではありません。

もし志望する業界や職種が決まっている場合は

インターンシップやその後の本採用で目指したい業界や職種が明確な場合は、その業界・職種を希望する理由や根拠を分かりやすく伝えることや、自身の適性、熱意などをアピールすることが重要です。もし志望動機が思い浮かばない場合は、応募先企業が業界内で占める位置や強みを洗い出し、それに対して感じる魅力や、自分がインターンシップ生として加わることで貢献したいこと、チャレンジしたいことを整理してみましょう。また過去の自分の学業、アルバイト、部活、資格などの経験を振り返り、どういった点が志望先企業や志望する職種にマッチするかを明らかにし、アピールポイントとして追加することがおすすめです。漠然とした志望動機では、他の志望者との差をつけられないため、企業や業界、職種について理解をしていること、それに対して自分のスキルや能力をどう活かせるかを論理的に、具体的に述べましょう。

もし業界や職種を迷っている場合は

1705_1_105(2)

インターンシップは、就職活動のスタート地点に位置づけられる活動です。そのため、インターンシップの時点でまだ志望する業界や職種が決まっていないという人も多くいるでしょう。そのような場合は、企業PRやアルバイトとしてのインターンシップに応募し、実際に働く中で業界・職種への理解を深め、就職活動の方向性を定めていくと良いでしょう。ただし志望動機において、業界や職種への知識をなかなか書けないことがあります。そういった悩みが生じれば、最低限「なぜこの会社を選んだのか」という理由は書きつつ、インターンシップを通して得たい能力やスキルについてのアピールに注力してみましょう。応募先企業を選んだ理由としては「業界第1位の実績を持つ御社で」「独自の技術力で市場を開拓している御社で」などと、その会社の強みを踏まえてみることがおすすめです。そして、「インターンシップを通して営業のスキルを身につけたい」「コミュニケーション能力に自信がなく、それを克服したい」といったビジョンを書きましょう。

志望動機で押さえておきたいポイント

インターンシップの志望動機がなかなか浮かばないという場合は、インターンシップの目的を把握し、業界・職種への自分の理解度を踏まえたうえで書き方を考えることがおすすめです。志望先企業の強みや、自分自身の過去の経験、インターンシップを通して得たいスキルや能力などを論理的かつ簡潔にまとめることが、志望動機を書くポイントといえます。また、いっそう説得力のある志望動機にするためには、なるべく具体的に書くことを心がけましょう。たとえば単に「営業を目指したい」だけでなく、どういった営業になりたいのか、そのためにどんな弱点を克服してどんな強みを身につけたいかなど、わかりやすく書いていくと伝わりやすくなります。特に、書くことが少なくて悩んでいる人は、具体的な記述を心がけることで十分な文字数も確保できるでしょう。

インターンシップの目的を理解しよう

 1705_1_105(3)

インターンシップには、採用に直結するケースや、企業PRやアルバイトのための募集など、さまざまな目的があります。インターンシップの募集要項を読み、その内容や条件を踏まえて、インターンシップの目的を理解することが志望動機を書く第一歩となります。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る