新卒の就活で押さえておきたい!二次面接対策のポイント

1705_1_97 (1)

新卒の就活において、一次面接は社会人としての基本的な能力がチェックされますが、二次面接では企業への志望度や適性についてより厳しく質問されます。優秀な学生でも、二次面接での質問の意図を汲み取れず、不十分な回答をしてしまうと落とされてしまう可能性があるため注意しましょう。したがって二次面接では、業界・企業研究を深めたり、自己PRを練り直したりといった対策が重要になります。二次面接の目的や、よく聞かれる質問とその対策について紹介します。

二次面接の目的とは?知っておきたいポイント

1705_1_130(2)

新卒の一次面接では、社会人として働くために必要な、基本的な能力を図ることが目的です。そのためコミュニケーション能力などが一定の水準を満たしていれば、突破できるケースが多いです。一方で、二次面接では「その企業で活躍できそうか」という具体的な適性をみられます。そのため、その企業で活かせそうな強みや能力、さらには業界や企業への理解度や熱意などをチェックされることになります。優秀な学生であっても、企業側が求める人物像に当てはまらなければ落とされる可能性があるため、注意しましょう。一次面接では比較的若手社員が面接官になることが多いですが、二次面接では中堅社員や部長、課長クラスの社員が中心的に担当するため、緊張をほぐしておくといった対策も大切です。

よく聞かれる質問とは?傾向と対策

一次面接では集団面接も多いですが、二次面接では比較的長い時間を確保して、個別面接を実施するケースが増えます。そのため、学生の発言に対して「なぜ?」、「具体的には?」などと深く掘り下げられることが、二次面接の特徴です。よく聞かれる質問として、まず志望動機や、入社後にやりたいことが挙げられます。ここでは一次面接での回答との整合性や、「なぜ他社ではだめなのか」、「うちの企業を志望する具体的な理由はなにか」といった掘り下げがなされます。「自分の目指すビジョンと会社のビジョンとが一致している」、「御社には◯◯という強みがあり、それに携わるためには御社しかない」といった理由付けをすると納得してもらいやすくなるでしょう。また学生の自己PRに対して、「それをうちでどう活かすか」、「その強みが発揮された具体的な例はあるか」などと尋ねられることもあります。事前に自己PRについて自問自答しながら深掘りしておき、具体的なビジョンや経験を端的に述べられるようにしましょう。

二次面接に落ちる原因とは?

一次面接では、基本的なコミュニケーション能力が不足している、清潔感が欠けている、一般常識が不足しているなどの理由で落とされることが多くあります。その一方で二次面接では、企業に対する熱意がみえない、企業の求める人物像と異なる、学生の強みに説得力がないといった理由が、落ちる原因となってしまいます。熱意については、たとえば「第一志望です」と明言しなかったり、他社の選考状況を尋ねられた際に他業界ばかりを挙げたり、その企業の強みや活躍したいことを具体的に述べられなかったりすると、「うちが第一志望ではないのでは」と熱意を疑われてしまいます。また自分の強みについても、具体的な経験にもとづいて語れなかったり、それを入社後のビジョンと結び付けられなかったりすると、企業側が求める人材とは異なるという印象を持たれてしまう可能性があるため、注意しましょう。

二次面接に臨むために

新卒の二次面接でよく聞かれる質問やその対策、落とされる原因などについて紹介してきましたが、二次面接に臨むにあたってどのような準備をすれば良いのでしょうか。1つは業界・企業研究、もう1つは自己PRの練り直しです。業界・企業研究では、単にシェアや主力製品を調べるだけでなく、企業の歴史や理念、ビジョン、事業の方向性、社長の考え方などをしっかりと理解しておきましょう。こういったポイントと自分の志望動機とを絡めて話すことで、より説得力のある発言ができるようになります。また自己PRの練り直しでは、一次面接やOB・OG訪問などで新たに得た知識などを盛り込んで話す内容を改善したり、競合他社を受けてみた経験を踏まえてその企業の強みや独自性を整理し直したりといったことが挙げられます。就活のプロセスを通じて常に自己PRを更新していくことを心がけましょう。また、面接官からの深掘りに対応するために、家族や友人などに模擬面接をお願いすることもおすすめです。

二次面接の目的を理解して対策を練ろう

1705_1_97 (2)

新卒の就活において、社会人としての基本的な能力をはかられる一次面接と異なり、二次面接では企業への熱意や適性などを、より具体的にチェックされるようになります。一次面接後に新たに得た知識や、一次面接での反省などを踏まえて、業界・企業研究や自分PRの練り直しといった対策を行っておくことが大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る