新卒の就活の攻略法!最終面接を乗り切る方法4つ

1705_1_61 (1)

新卒の就活で最大の山場といえば最終面接です。役員レベルの社員との顔合わせの意味が強い最終面接は「ここまで来れば受かったも同然」と思い込みがちです。しかし、人事権のある社員を相手にするのが最終面接だけに、失態を見せればすぐに不採用を通達される可能性もあります。
最終面接はむしろ、これまで以上に気を引き締めてかからなければいけない難関だともいえるでしょう。ここでは最終面接の対処法を4つに分けて紹介していきます。

志望動機で熱意を見せる

新卒の就活で最終面接になれば、細かい条件面でのやりとりはほとんどないと思っていいでしょう。それよりも面接官が見たいのは志望者の熱意です。企業側からすれば、最終面接まで進ませた志望者が今から翻意して別の企業に入社するのが最も避けたい事態です。また、これまでの審査で語ってきた言葉に嘘偽りがないかも気になる点でしょう。熱意を証明できるような質問は覚悟しておいた方がいいですし、直接的に熱意を見せるよう告げられる場合もあります。
熱意を具体的に伝えるには志望動機を工夫することです。就活では何度も聞かれる志望動機は、最終面接でも繰り返し確認されます。仕事内容や経営理念への思い入れを語り、どうしても入りたいと真剣に伝えましょう。

就職後のビジョンを示す

1705_1_61 (2)

新卒の就活生は能力や経験を買われて採用されるパターンは珍しいでしょう。新卒が買われるのは多くの場合、将来性です。就職後、業務に打ち込んで会社に貢献できる人材になるかどうかを選考過程では見極められています。最終面接では「将来どのような人間になりたいか」、「この会社で何をなし遂げたいか」という質問が飛んでくることが多いですが、それは志望者に将来のビジョンがあるかを知りたいからです。
もちろん、ここでいう将来のビジョンは自分勝手な野望のことではありません。志望先の会社と共有できるビジョンであることが重要です。志望先が大切にしていることをリサーチしておき、それに沿って将来の夢を伝えれば「一緒に働きたい」と思ってもらえるでしょう。

「必ずこの会社に入る」と思わせる

最終面接でよく聞かれる質問に「この会社は何番目に入りたい会社ですか」や「他に最終面接まで進んでいる会社はありますか」というものがあります。企業は自分たちの会社を第一志望にしてくれている人材をできる限り優先したいと考えます。仮に第二志望以下にしている就活生を採用しても、他の企業に取られる可能性がありますし、モチベーションも疑ってしまうでしょう。
新卒の就活生は第一志望だと思っている場合には、はっきりと言葉にして誠意を示すことが求められます。恥ずか しがらずに企業への思い入れを口にした方が面接官から好印象を抱かれることでしょう。たとえ他に受けている企業があったとしても「御社に受かったら御社に入社します」とはっきり口にすることをおすすめします。

逆質問は慎重に行おう

最終面接では「最後にそちらから質問はありますか」と聞かれることがあります。いわゆる逆質問と呼ばれる過程で「特にありません」と答えていたのではやる気が少ない印象を与えてしまう可能性があります。できれば逆質問を行って熱意を示したいところです。
しかし、内容によってはせっかく積み重ねてきた好印象を一気に失ってしまう可能性もあります。給料面、休日面など最後の最後に労働条件の話を持ち出すのは避けておきましょう。それよりも企業の理念や経営者の考え方について質問しておいたほうが得策です。また、「入社させてもらえるなら、入社日までに勉強しておくべきことはありますか」などの前向きな質問もやる気をアピールできます。

最終面接は緊張しすぎず気を抜きすぎず

1705_1_61 (3)

新卒の就活生にとって最終面接は、自分の運命が決まる重大な局面です。しかし、だからといって緊張しすぎて挑んだのではコミュニケーションに弊害が生まれ「やりにくそうな人だな」と思われてしまいます。かといって、リラックスしすぎて挑んでも不躾に思われてしまうことがあります。最終面接はニュートラルな態度で真摯に対応することが求められます。
最終面接の対処法についてまだまだ不安が残る人はジョブコミットなどの就活サイトを閲覧するのもおすすめです。ジョブコミットではリアルタイムで就職活動に役立つ情報が更新されています。最終面接に関しても詳しく注意点やシミュレーションが掲載されているので就活生の心強い味方となるでしょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る