面接を有利に進める雑談のテクニック!

photo24-1

 なぜ面接の雑談が重要なのか?

面接では、志望動機や学生時代に頑張ったことなど、ある程度お決まりの質問が存在します。
それらの質問に対しては、就活生も一生懸命準備をしているので、みなさんしっかりと回答することができるでしょう。

しかし、面接にはお決まりの質問と、そうでない内容があります。
いきなり面接が雑談から始まり、面食らった方もいるでしょう。
では、なぜ面接官は面接の際に雑談をするのでしょうか?

それは、面接官が就活生の応用力とコミュニケーション能力を見ているからです。
社会人になれば、ほとんどの打ち合わせや商談において、最初にちょっとした雑談が入ります。
そんな中で、社会人としてきちんとした「雑談力」を発揮し、場を和ませることができれば、商談においても良い影響を与えるのです。
某大手インターネット企業では、新卒社員が営業におけるオープニングトークを任されるという文化があったほど、雑談力は社会人の間でも重視されています。

まずは、雑談として成立する内容を理解し、自分が得意な雑談の領域で会話を進めることが重要なポイントです。

今回は、そんな就活の雑談に関するテクニックをお教えします!

雑談で有効なトーク内容

photo24-2
まず、雑談における有効なトーク内容について解説してきます。
雑談とは、基本的に最近あったニュースや身近に起きた出来事などを話すものです。

正月・お花見・花火・紅葉などの季節に応じたエピソードや、登山・スポーツ・料理・映画鑑賞・音楽鑑賞・読書などの趣味に応じたエピソード、現在住んでいる地域や自分の出身地に関するエピソードなど、面接官がつっこみやすいような内容が有効です。

面接官の年代・性別・雰囲気に応じて、上記の中からどのような内容を選択することが良いか考えて話してみましょう。
一例として、年配の男性が面接官であった場合、サッカーの話よりも野球の話のほうが盛り上がる確率が高いです。

雑談でNGなトーク内容

NG
一方で、面接の雑談ではNGなトーク内容があります。

まず、身近な出来事でもプライベートすぎる内容は避けましょう。恋愛のエピソードや、健康に関するエピソードなど、昼間の商談時にそぐわない内容は避けましょう。
また、当たり前かもしれませんが、お酒・タバコ・ギャンブルに関する話もNGです。

雑談では、最近あったニュースについて聞かれることもありますが、芸能ゴシップネタや、政治関連の話題は避けましょう。
政治については、アメリカの大統領が決まったなど、話題にせざるを得ないときもあります。
その際は、その事実が経済に与える影響について話しましょう。
なるべく、ニュースに関しては経済関連のトピックをあげるほうが無難且つ効果的です。

是非、参考にしてみてください!

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る