インターンシップの選考で覚えておきたい「学業面」の自己pr

1705_1_26 (1)

自己prをしっかりとしたものにしていくためには、入念な自己分析が必要になります。とはいっても、言いたいことだけを主張すれば良いというものでもありません。どういった人間であるかを企業側に、無駄なく的確に伝えることが目的としてあります。特に学生であれば、自ずと学業面に関する話題が多くなるでしょう。何となくのアピールでは、他のライバルに差をつけるのが難しくなってしまいます。しっかりとした自己prを練り上げることは、その後の活動をスムーズに運ぶきっかけとなるのです。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

自己prは伝える情報の「的確さ」が大切

自己prを考えるうえで意識しておきたいのが、読み手に伝わる文章になっているかということです。インターンシップに応募する人が不安なように、企業側の担当者も一体どんな人物が応募してくるのかと興味を寄せています。そのために、簡潔に要点を外さない自己prが必要なのです。まず、書き出しの部分は結論を先にもってくるようにしましょう。「私は〇〇な人間です」、「周りの友人からは、〇〇な部分が長所だといわれます」といったように、誰が読んでもどんな人物像なのか分かるような自己prを心がけてみてください。そうした書き出しを順に追って展開していく書き方が、最も読まれやすい文章だといえます。起承転結をきちんと意識した書き方を意識しましょう。

目次へ

特別な体験よりも、エピソードの関連性が大事

1705_1_26 (2)
自己prで悩んでしまいがちな部分として、「特別な体験がない」といったことがあげられます。しかし、冷静に捉えてみれば、特別な体験をしている応募者のほうが少ないのです。企業側はあくまでも、「どういった人物なのか」が知りたいのであって、特別な体験のエピソードを聞きたいわけではありません。それよりもむしろ、これまで自分が体験したことをいかにインターンシップの応募動機につなげるかが大切になります。したがって、学生であれば学業面を掘り下げて語っていくことが、自己prをまとめあげるうえで大切になるでしょう。これまで学んできた学業やゼミ・サークルなどの学内での体験、アルバイトやボランティア活動などで得られた体験などを洗い出してみましょう。

目次へ

体験の事実を述べるだけではなく、何を考え、次につなげていっているかが肝心

体験しているエピソードが多い人に見られがちな部分として、ただつらつらと自分の体験したことを列挙してしまうことです。社会人である企業側の担当者からすれば、そうした体験を列挙されるだけでは、なかなか人物像が見えてきません。いろいろなエピソードを盛り込んでしまうと、結局何を伝えたいのか、受け手側も混乱してしまいます。事前の準備として、まずは体験してきたことを紙に書き出してみることから始めてみましょう。同時に応募先の企業の研究や業界の分析をしてみてください。それらをもとに、最も自己prにふさわしいと思えるエピソードを絞り込みます。自己prのテーマがはっきりとすることで、論旨の一貫した主張を展開することができます。

目次へ

5W1Hを意識した話の展開を考える

5W1Hとは、「いつ(When)・どこで(Where)・誰が(Who)・何を(What)・なぜ(Why)・どのように(How)」という要素を的確に盛り込むことが大切ということです。これらが明確になることで、初対面の相手にもうまく情報を伝えることができます。どうしても自分の体験だと、自分自身が分かっている分だけ、説明が必要な箇所を省いてしまいがちです。自己prの受け手は、自分のことは何も知らない相手だということを忘れないようにしましょう。学業面のエピソードを盛り込むときにも、その体験を通じてどんな発見をし、ミスなどを挽回して、どういった結果につながったのかを明確にすることが大切です。説得力のある自己prのためには、5W1Hを意識することが欠かせません。

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

インターンシップを通じて、「成長していきたい」という想いを伝える

1705_1_26 (3)

インターンシップを受け入れている企業は、人材を受け入れることに熱心です。そのため、自ら成長していこうという人物には、良い印象を持つといえます。せっかく自己prをする機会があるのですから、単に体験を述べてしまうだけではもったいないです。さまざまな体験を通じて、なぜインターンシップに応募したのか、きちんと言えることが肝心だといえます。学生時代の体験を通じて、もっと成長する必要があると感じたからこそ、応募したといった主張を熱く語ることはとても大切です。成長しようとする人材が来れば、企業側にとっても事業を成長させてくれる存在になるのではないかと期待が生まれてきます。熱意だけを語るのではなく、担当者をきちんと説得できる自己prを心がけましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る