マナーが試される?インターンシップでしたい女性の服装とは?

1705_1_12 (1)

インターンシップには、リクルートスーツといったフォーマルなスタイルだけでなく、私服での参加も可能な企業が増えてきています。どのような服装で参加するのかについて企業は社会人としてのマナーを見ているのかもしれません。そのため、どのような格好をして良いか悩んでいる人も多いでしょう。ここでは、インターンシップに参加する際の服装についてまとめていきます。服装について不安に思っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

これでバッチリ!女性が着ていくべきスーツとは?

1705_1_12 (2)

インターンシップに女性がスーツを着ていく場合、黒無地のスーツを着ていくようにしましょう。女性は、パンツスタイルとスカートの両方がありますが、動きやすい方を選びます。ワイシャツは、無地の白色を選ぶのが無難です。また、パンツスタイルを選ぶのであればベルトも必要になります。ベルトは、黒色や茶色で細いタイプのシンプルなものを準備します。靴は、シンプルに黒のパンプスがおすすめです。ヒールの長さは、3cm~5cmものが良いでしょう。ストッキングは、シンプルなベージュのものを履くようにします。
インターンシップが寒い季節に行われるのであれば、トレンチコートなどを用意しましょう。色は、黒やベージュなど目立たないものにします。

シンプルなものを身に着けよう!インターンで私服の場合はどうすれば良い?

インターンシップでは、私服を着てくるように指定する企業も増えています。とはいえ、インターンシップは仕事を体験する場でもありますから、その場に合わせた服装の着用が求められます。
女性の場合、カーディガンやジャケットをトップスに着るようにしましょう。インナーはニットやカットソー、シャツなどがありますが、無難なのはブラウスです。スーツのときと同様にパンツスタイルかスカートかを自由に選びましょう。また、靴についてもスーツのときと同じようにパンプスを履くようにします。アクセサリーは、時計以外のものは身に着けないのが得策です。鞄についても、シンプルなデザインのものを持っていくようにしましょう。

私服でこれはまずい!絶対してはいけない服装とは?

インターンシップに私服で来るように指定があったとしても、どのような服装をしてきても良いというわけではありません。
女性の私服で着てはいけないものとして挙げられるのが、Tシャツやタンクトップなどのラフすぎるスタイルです。また、あまりにも派手なシャツやシースルーなども着用するのは避けましょう。パンツやスカートについては、デニムジーンズやミニスカートといったカジュアルなもので露出の激しいものはインターンシップにふさわしくありません。靴については、スニーカーやサンダルなどのラフなものは履かないようにする必要があります。帽子やリュックといった個性的なものを持つのも印象を悪くすることがあるので注意しましょう。

なぜ企業は私服を指定するの?

就職活動をしている人のなかには、インターンシップはスーツを着て参加するのが常識だと思っている人もいるでしょう。しかし、最近では私服を指定する企業も増えてきています。もしかしたら、企業は普段の姿を見たいという考えや、仕事についてどのように思っているのかを確認したいという考えを持っているのかもしれません。
ただ、私服でのインターンシップ参加を指定され、普段通りの服装で会場に行けば、その企業を軽んじた行為だとみなされる可能性も否定できません。インターンシップは個性を主張する場ではなく、社会人としてのマナーを守り仕事に向かうという姿勢で臨む必要があるといえるでしょう。

インターンに参加する場合の服装はシンプルが一番!

1705_1_12 (3)

インターンシップに着ていくべき服装についてはシンプルなものが一番であるということがいえるでしょう。インターンシップは、社会人としてのマナーを持ち合わせているかどうかを試される場所です。まずは、服装選びから始めてみることおすすめします。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る