就活の電話マナーでおさえるべきポイントとは?

6

就活では、企業に問い合わせの電話をかけることもあるでしょう。しかし、電話をかける際のマナーがなっていないと、マイナスイメージを抱かれてしまいかねません。礼儀正しいと思われるためには、電話のマナーをおさえておく必要があります。そこで今回は、就活で企業に電話をかける際のマナーについてご紹介します。どのように喋ったら良いのだろう?など、電話をかけることに不安を感じているという就活生は必読です。

☆まずはあいさつと名前を申し出る

電話をかけて、あいさつもなしに「面接の日時の件で確認したいことがあってご連絡致しました」などと、いきなり用件を話し出す人もいるようです。しかし、これはマナーに反します。電話口で相手から「失礼ですが、どちら様でしょうか?」と聞かれるようではいけません。まずは、きちんとあいさつと名前を述べてから本題に入るようにしましょう。とりわけ、名前は相手が聞き取りやすいようにはっきりと述べることがポイントです。あいさつですが、「おはようございます」「こんにちは」など、時間帯にふさわしいものや「お世話になっております」などが適当です。名前同様に、ハキハキとあいさつすることで、はつらつとした良い印象を与えることができるでしょう。

☆採用担当者の都合を伺う

相手の都合を無視して、一方的に話を進めるのはマナー違反です。もうすぐ出張を控えている、来客中であるなど、相手が忙しくしている可能性もあります。話を始める前には、「今お時間よろしいでしょうか?」と一言そえると良いでしょう。思いやりのある対応ができることは、良い印象になります。至急確認したいことがあって問い合わせをする場合などは、つい自分の思いばかりが先行しがちです。しかし、相手にも都合がありますので、どんなときでもマナーとして、相手の都合を考えることは忘れないでおきたいものです。

☆適切な電話時間を考える

電話では、避けたほうが良い時間帯があります。「始業後すぐ」「お昼12時になる前後」「終業間際」の3つの時間帯です。始業後すぐは一日の準備をしたり、企業によっては朝礼をしたりと忙しい時間帯でもあります。また、お昼12時になる前後は休憩時間をすぐに控えていて、なるべくなら電話を取りたくない時間帯です。休み時間に入ってまで電話をすることになるのは、相手の休み時間を奪うことになりますから失礼にあたります。さらに、就業時間際は、たいてい仕事の片付けに追われている時間帯であり、忙しいときに電話をかけるのも迷惑になります。また、電話応対が長引くと、電話を取った人に残業が発生することにもなりかねません。問い合わせる際には、避けるべき時間を考慮して電話をかけましょう。

 

☆最後の「お礼」を忘れてはいけない

企業の採用担当者は、貴重な時間を割いて電話での問い合わせに応じてくれています。用件を話し終えたらすぐに電話を切るのではなく、「お忙しいところご対応いただき、ありがとうございました」と、一言そえてから切るようにしましょう。お礼があるのとないのとでは、印象も違ってきます。ある場合はていねいな印象を受けますが、ないと無愛想に受け取られることもあります。お世話になったときにきちんとお礼が言えることは、社会人としても大切なことです。感謝されて嫌な気持ちになる人はいません。電話のやりとりでは、面接の日時などの用件がメインであることが多いでしょうが、最後の最後まで採用担当者とていねいなやりとりをすることも肝心です。

☆採用担当者と気持ちの良いやりとりをしよう!

電話をかける時間帯をよく考えるなど、相手のことを思った対応をすれば相手にも好印象を与えることができます。電話で印象がいいなと思われると、選考でも有利になる可能性があるかもしれません。電話のマナーを守って、気持ちの良いやりとりができるようにしたいものです。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る