新卒必見!面接最後の質問を華麗に乗り切ってほかの就活生に差をつけろ!

%ef%bc%98

面接を順調にこなしていき、もうすぐ面接が終了するというところまで差しかかった頃、思いもよらなかった最後の質問を面接官から投げかけられることがあります。もう面接も終わりだと思って気が緩んでいたせいか、しどろもどろになったり答えに窮したりして、今までの面接中に築き上げてきたプラスのイメージをぶち壊しにしてしまったということはなかったでしょうか。面接における最後の質問は、忘れた頃にやってくる難関ということができます。

☆面接の最後の質問の意味とは

面接にはある程度、決まった質問の型というものがあります。企業によって違いはあるものの、序盤は面接者の自己紹介から始まり、志望動機などが続きます。中盤には自己PRなど、終盤には逆質問などが行われるのが、おおよその面接の流れとなります。しかしここで、最後の最後に面接官から鋭い質問が飛ぶことがあります。面接官は面接者の本音を探るため、わざととても重要な質問を面接の最後に持ってくるのです。面接も終盤に差しかかり、もう直ぐ終わりだと思っていたところを、グサリと答えにくい質問が飛ぶことがあるため、特に面接慣れをしていない新卒の就活生は、答えに窮してしまうことが多く注意が必要です。

☆面接の最後の質問で聞かれやすいこと

しかし、最後の質問にもある程度の傾向が見て取れるため、事前に最後の質問で問われやすいことは何かということを把握しておけば、最後の最後に失敗をしてしまうといった事態を避けることができるでしょう。「第1志望は当社ですか」「内定をもらったら確実に入社しますか」といった質問は、複数の企業に応募している人にとっては、なかなか答えにくい質問かもしれません。正直に第2・第3志望と返答したら内定をもらえない可能性がありますし、愛想よく第1志望と答えたら、「我が社が第1志望なら、なぜ第1志望になったのですか」といった質問を受ける可能性が高くなります。ここで重要なのは、答えの内容ばかりだけではなく、答えるときの姿勢や態度です。戸惑いを見せないことと、選んだ答えに対してきちんとした理由を示すことは、とても大切となります。

☆こんな最後の質問もある

答えるのが困難な質問は、就職活動に関わることだけではありません。「どのような内容でも良いので当社について知っていることを話してください」といった趣旨の質問をされる可能性もあります。応募した会社ですからある程度のことは知っているでしょうが、ここで重要になるのは、ただ単に従業員が何人くらいといった資料に書いてあるようなことを羅列するのではなく、知っている知識を元に応募した会社がどのような将来性や可能性があるかに絡めて回答するということです。「御社が製造している製品は今後も需要が見込まれ、社会的に重要な役割を果たしていきます」などと回答すると、会社とその将来性に対する理解を一緒に回答することができます。ただ単に「〇〇を製造しています」では、最後の質問の意図を理解していないとみなされてしまいます。

☆逆質問のような最終質問

意外な最後の質問に、「最後に我が社に対して何かメッセージをお願いします」といったものがあります。これは逆質問のようでもあり、ふいにされると答えにくい質問といえるのではないでしょうか。良くない解答例としては、上から目線で何かを言うことです。メッセージをお願いしますと言われたものの、あくまでそこは面接者の立場なので、「このまま進んで行けばいいのではと思います」「これからもがんばってください」などと回答するのは適切ではありません。会社の将来性に言及し、自分がその手助けをできるというようなことを伝えると、プラスに働くことでしょう。

☆最後の質問で全てが決まることも?!

どんなに序盤や中盤で良かったとしても、終盤で失敗すると全てが台無しになってしまうことがあります。「終わり良ければすべて良し」のことわざ通り、逆に最後の質問で成功すれば、就活には有利に働くことも少なくないでしょう。

 

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る