面接で緊張しすぎて就活失敗?そんな事態を避ける対処法を紹介!

4-2

緊張しやすい人が就活を行う上で、最も心配なのは面接でしょう。面接で緊張しすぎると、いくら優れた能力を持っていても、アピールできないまま終わってしまう恐れがあります。これまでの努力が緊張によって台無しになってしまうと、非常に悔しいと感じるのではないでしょうか。そのような事態を避けたい場合は、事前に対処を行っておいた方が良いです。そこで今回は、面接で緊張しすぎる人におすすめの対処法を紹介します。

最初が肝心!冒頭をスムーズに

何かに挑戦したとき、最初は緊張していても時間とともに落ち着いてきた経験があるのではないでしょうか。それは失敗しないか不安に感じていても、順調に進むうちに自信が出てくるからです。面接も冒頭をスムーズに乗り切れれば、その後は緊張が和らいでいきます。逆に冒頭で上手く話せずに詰まってしまうと、緊張が増してしまうので注意してください。最後まで酷い緊張の状態が続いてしまうかもしれません。そのため、冒頭のやり取りをスムーズに行えるように、徹底的に練習しておくことが重要です。最初は自己紹介を求められたり、志望動機などを質問されたりすることが多いので、詰まらずに話せるように何回も練習しておきましょう。

回答の方針を決めておくと安心!

面接では予想外のことを質問されることも多いです。就職志望者の対応力を見るために、他社が質問しないようなことを聞いてくる会社も珍しくありません。定番の質問に対しては、回答を準備して覚えておくことも重要です。しかし、そのような対策しかしていないと、予想外の質問をされたときに極端に緊張してしまうことがあります。予想外の質問への対策として、回答の方針を決めておきましょう。企業が求めている人物像を調べて参考にするのがおすすめです。たとえば積極性を重視する企業の場合は、できるだけチャレンジ精神を感じさせる答えが良いでしょう。回答の方針を決めておけば、頭が真っ白になるのを防ぎ、咄嗟に考えるきっかけになります。

リアリティのある練習を心がけよう

面接の練習は、本番の様子を強くイメージして行いましょう。明確にイメージしすぎると、それだけで最初は緊張してしまうかもしれません。しかし、練習を繰り返しているうちに、平静な気持ちを保てるようになってきます。そうなれば、本番でも練習と同じように緊張を感じにくくなるのです。実際に声を出して練習してください。頭の中でスムーズに考えられる文章でも、実際に声に出すと言いにくいこともあります。また、できるだけ実際の面接と同じ環境を用意することも大切です。実際に使用するカバンやスーツを用意しましょう。練習する場所は、入室や退室の練習も行えるような部屋が望ましいです。友人や家族に面接官の役をしてもらうと臨場感が増します。

前夜をどう過ごす?睡眠不足は要注意

緊張しやすい人は、面接の前夜の過ごし方にも気を使った方が良いです。就活中は忙しいことが多いですが、面接の前は睡眠を十分とりましょう。睡眠不足だと頭の回転が鈍り、適切な受け答えができなくなる可能性があります。また、眠そうな顔をしていると、面接官の態度も厳しくなってしまうかもしれません。そのような事態になると、ますます緊張してしまうでしょう。前日はゆっくり入浴して、食事もしっかり摂ることが大事です。逆に控えた方が良いのは、スマートフォンやパソコンの使用です。これらが放つブルーライトを浴びて眠ると、睡眠が浅くなってしまいます。緊張して眠れない場合は軽くストレッチをしたり、温かい牛乳を飲んだりすると良いでしょう。

しっかり対策した後はリラックス!

緊張を意識しすぎると、さらに緊張しやすくなるのは注意が必要です。多かれ少なかれ面接では誰でも緊張します。自分は特別ではないと考えましょう。今回紹介した方法やジョブコミットなどを利用して対策を行った後は、緊張から意識をそらすことも大切です。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. 1705_1_45 (1)
    企業のインターンシップに応募すると、書類選考や面接などの選考過程に進み、限られた人数だけが採用されま…
  2. 201703-11-1
    面接でも聞かれる、「なぜ就職するのか?」 就活の面接でもたまに聞かれるのが、「なぜ就職するのか?」…
  3. 201703-8-1
    頭に入れておかなくては損!面接8:2の法則 就活生のみなさんは、面接の8:2の法則…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る