インターンシップのエントリーシートの書き方はこれを押さえる!

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%af

就活が本格化する前に行われるインターンシップはエントリーシートの提出から始まるところがほとんどです。そこで今回は書類を手に取った人に良い印象を与えるエントリーシートを書くためのポイントをいくつかご紹介します。ご紹介するのはほとんど基礎的なことではありますが、ひとつひとつがあなたの印象を左右する大切なことばかりです。書き方で押さえるべきことを参考に「選ばれる」エントリーシートを作成しましょう。

就活市場で18卒向けのイベントを開催

誤字脱字がない

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%af
文章を書く上での基本中の基本です。しかし読み直してみると「会う」と「合う」など読みが同じ漢字の使い方を間違えていたり、意外と脱字があったりするものです。せっかく内容が良い文章を書いても、誤字脱字があるとだらしない印象を持たれてしまいます。一文字抜けているだけでも相手は読みづらいと感じますが、それが多々あるとさじを投げたくなる気持ちもわからないではありません。書いたらそれっきりにしてしまうと、誤字脱字のまま提出することになりかねません。誤字脱字の見直しをするためにもエントリーシートは余裕を持って取り組むようにしたいものです。また、書き終えたら一度他人に読んでもらって、二重チェックしてもらいましょう。

目次へ

難しい言葉は使わない

難しい言葉を知っていると賢さのアピールにつながると思っている人もいるようですが、相手を煩わせることにつながりかねません。大学のゼミや研究室の専攻分野について書く場合、とりわけ理系の場合だと専門用語もたくさんあります。「~の法則」などと言われてもその分野の知識がないとパッと浮かぶとは思えません。エントリーシートの設問ではなるべく読み手にわかりやすく書くことを意識することが大切です。専攻について、どうしても専門用語を用いらなくてはならない場合は注釈をつけるなどして相手が読みやすい工夫をしましょう。「アントシアニン」を「目の疲れに効く天然由来の成分」と言い換えるなど、もっと一般の人にもわかりやすい言葉に置き換えるなども考えられます。

目次へ

具体性がある

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9%e3%81%af
「学生時代に頑張ったこと」をただ箇条書きのように書いていませんか。「~と~を頑張りました。~もしました。」などです。また「~しました。それは~でした。」だけでは物事がよく伝わりません。何にどんな思いでどのように取り組んだのか、結果どうだったのか、そこからどんな課題が見えたのか、その課題に今どう向き合っているかまで書くと良いでしょう。具体的に書かれていると、相手も想像しやすくなります。逆に内容がいまいちよくわからないと相手も読む気になりません。頑張って書いたものだとしても途中で手放されても無理はありません。「読ませる文章」を意識して、ひとつのことについて具体的に掘り下げて書くことが大切です。

目次へ

企業ならではのインターンの内容に言及している

「学生時代に頑張ったこと」とともによく聞かれるのが「このインターンで何を学びたいか」ということです。これはインターンの内容をよく理解していないと書くことができません。例えば金融業界のある企業のインターンに参加したい場合、どこの金融業界でもできることを書いてしまうのはNGです。これだとほかの企業でもよいのではないかということになってしまいます。このインターンでしかできないことについて書くことを心がけましょう。「御社の○○プログラムなら~が学べます。よって御社でのインターンを希望します」という感じです。企業のホームページに掲載されているインターンシップの概要を閲覧することも必要になってくるでしょう。情報収集しながら書いていくことを大切にしてください。

目次へ 就活市場から19卒向け就活セミナー参加

書類選考は基礎的なことをまず押さえる!

誤字脱字が多かったり具体性に欠けたりすると、ただの読みづらい文章になってしまいます。内容ももちろん大切ですが、まず基礎的なことを押さえたうえで、内容を充実させるようにしましょう。

就活で成功したい学生はジョブコミットへ!

目次へ

就活生に人気の記事!

「長所は明るい性格です」!どう語る?自己PR

難関企業から内定を取りまくった人に共通点とは?

「挨拶ができる」は立派な自己PR!

性格の穏やかさを自己PRとして伝える方法

最終面接・役員面接の対策方法、心構えとは?

会社説明会の案内に対する返信メールのマナー


今だけ限定!
19卒人事と話せるセミナー

関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、2016年8月1日時点で「内…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…
最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る