就活成功の鍵!エントリーシート自己PRの書き方

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ae%e9%8d%b5%ef%bc%81%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%87%aa%e5%b7%b1pr%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9_01

就活の際、いざエントリーシートの自己PRを書こうとしてもわからない点も多いものです。企業に興味を持ってもらえる自己PRとはどんなものなのでしょうか。ここでは、採用につながる自己PRの書き方について紹介します。

採用側の意図を知ろう

企業はエントリーシートの自己PRを確認し、会社が求めている能力を持ち合わせた人材かどうかを判断しようとしています。企業や職種によって求められる能力は大きく違うので、まずはエントリーする企業がどんな人材を求めているのか把握しましょう。そのうえでマッチする長所をアピールするように心がけます。人前に出るサービス業という仕事を希望していながら、細かい作業が大好きだということばかりアピールするような、マッチしない自己PRはNGです。

自分の長所を理解しよう

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ae%e9%8d%b5%ef%bc%81%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%87%aa%e5%b7%b1pr%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9_02

自己PRを書く際、まず一番大事なのは自分自身で自分の長所を理解することです。自己PRを適当な言葉で取り繕おうとしてもいい結果は得られません。これまでの自分の経験や成功体験を振り返りなにが長所なのか理解を深めましょう。過去頑張ったこと、成功したことの裏には共通する自分の能力が隠されているものです。もし過去に頑張ったことが成果として結びついていなかったとしても問題ではありません。その時に本気で取り組んだことがあればあなたの長所が発揮されていたことは十分にあり得ます。頭で考えてもしっくりこないときは、年齢ごとに本気で取り組んだことなどを書きだしてみることがおすすめです。

伝わりやすい書き方とは

十分に自分自身への理解が深まったら具体的に文章にしていきます。限られた文字数の中でわかりやすく伝えるためにも、まずは結論を明確にしましょう。つまりはっきりと何が長所なのか言い切ることです。採用側に一番真剣に読んでもらえるのは文章の一番はじめだといえます。ここである程度注意を引くことができれば、最後まで興味をもって読んでもらえる可能性が高いです。できれば、キャッチコピーのようなものを考えて、読み手にインパクトを与える工夫を心がけましょう。ただ単に「私は協調性があります」「私の強みはチームワークです」などという表現ではありきたりの印象を与えてしまうからです。次に理由を述べますがその長所が形成されたきっかけなどを書きます。そのあと、自分の長所が生かされた具体例を紹介します。具体例があるかないかは信憑性の有無にもつながっていくので必ず必要です。最後は、その強みを会社でどのように生かしていくのか明確に伝えられれば理想的です。このステップを踏むことで、根拠のある長所として採用側に興味をもってもらえることにつながります。なかには伝えたいことが多すぎてだらだらと言葉を並べてしまう人もいますが、長すぎる文章は読み手に負担を与えます。言いたいことを端的にわかりやすく書くことを心がけましょう。

自分の言葉で表現すること

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%e6%88%90%e5%8a%9f%e3%81%ae%e9%8d%b5%ef%bc%81%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%88%e8%87%aa%e5%b7%b1pr%e3%81%ae%e6%9b%b8%e3%81%8d%e6%96%b9_03

多くのサイトで自己PRの例文などが紹介されているなか、同じような表現を使ってエントリーシートを作成する人が非常に多いと考えられます。だからこそ、時間はかかっても自分自身の言葉で長所を表現する努力が必要です。自分の個性や能力を知ってもらえる自己PRというチャンスに人の言葉を使って表現していては、一番大事な情熱も伝わらなくなってしまいます。どんなことを伝えたいか明確になっていれば、おのずと文章は出来上がっていくものです。もちろん、書き方の基本は押さえたうえで自分の言葉で表現することを心掛けてください。

長所をオリジナルの言葉で表現しよう

良い自己PRを書くためにも、自分の長所をまずは自分自信が理解しオリジナルの言葉を使って書くことが重要です。文章の一番最初を工夫しながら、わかりやすさを意識して書くようにしましょう。

 

image4493

就活イベントに参加してみる!


関連記事

ピックアップ記事

  1. pixta_15480195_m
    就活生に見られる2つのパターン 2017卒就活生のデータにおいて、20…
  2. %ef%bc%93%ef%bc%91
    就活でもっとも緊張する場面といえば面接ではないでしょうか。直前まで答えを練習したり情報を頭に詰め込ん…
  3. %ef%bc%91%ef%bc%98
    就職活動に必要なことや準備することはたくさんありますが、しっかり揃えたいのは応募書類です。中でも履歴…

facebook

最短内定・就活プロフェッショナル
ページ上部へ戻る