【例文付き】あなたはどんな性格だと思いますか?性格について面接で伝える5つのポイント

はじめに

面接の際、企業の採用担当者に性格について質問されることがよくあります。

自分の性格について、どのように伝えるのが良いのか頭を悩ませるという人も多いのではないでしょうか。

性格と一口に言っても長所もあれば短所もありますし、答え方次第でネガティブに受け止められる可能性もありますので、答えに慎重になってしまうというのも珍しくありません。

性格について質問を受けたら、どのように答えれば良いか考えるなら、まずは質問される理由を知りましょう。

そして、上手に答える方法を把握します。

ここでは、面接官が性格について質問する理由や答え方のポイントなど、例文を交えて解説します。

面接で性格について聞かれる3つの理由

企業の採用担当者が志望者にする質問には必ず理由があります。

性格についての質問も例外ではなく、時間稼ぎのために質問されているというわけではありません。

質問の意図を知ることで、より的確に答えることができます。

面接官が性格について質問する主な理由は「あなたの人間性を知るため」「客観的に自分のことを見られるかを把握するため」「社風と合うかを確認するため」の3つです。

各理由について詳しく説明します。

あなたの人間性を知るため

多くの企業は志望者の人柄を重要視しています。

性格についての質問は、その人となりを知るための手段となります。

性格に関する質問が面接時に多いのはそのためです。

性格について質問することで、志望者の考え方や基本的な性格を引き出し、採用担当者は、企業が求める人材とマッチするかどうか見極めようとします。

人間性は仕事の取り組み方や行動に大きく影響します。

そのため企業は求める人材の中に人間性を盛り込んでいる場合が多くあります。

たとえば企画職を募集している企業なら、コミュニケーション能力が高く、周囲と強調しながらプロジェクトを進められる人材を自然に求めるでしょう。

そして、性格についての質問に対する応募者の答えで、理想の人物像にマッチするかどうかが見極めます。

客観的に自分のことを見られるかを把握するため

企業の採用担当者が応募者の性格について質問するもう一つの理由は、応募者が自分のことを客観的に見ているかどうか知るためです。

自分の性格について答えるには、自己認識が必要になりますが、客観的に自己を見つめられなければ、難しくなります。

自己分析がしっかりできていると、自分の人柄をより具体的に伝えることができ、面接官にも伝わりやすくなります。

具体的に伝えれば伝えるほど、面接官は入社後応募者が活躍している姿をイメージしやすくなり、会社に貢献してくれる可能性のある人物かどうか見極めようとします。

もし会社に貢献してくれると判断されれば、内定を貰う可能性も高くなるでしょう。

企業は採用したら長く勤めてくれる人材を求めています。

採用試験で判断を誤ると、再び人材を募集しなくてはならず、多大な労力が必要になります。

そうした入社後のミスマッチを防ぐためにも、企業にとって応募者の性格を知ることは、とても重要だと言えるでしょう。

社風と合うかを確認するため

人の性格は十人十色であるのと同じように、会社にもそれぞれ異なる社風があります。

自由な気質を重視する会社と、規律を第一とする会社では、求める人材も異なるでしょう。

企業は会社に貢献してくれる人材を望んでいます。

もし社風と合わない人材を選んでしまうと、思うように動いてくれない、すぐ辞めてしまったなどの問題が出てきます。

こうしたトラブルを避けるため、企業は応募者が社風に合う人材かどうかを確認する必要があります。

そこで利用されるのが、性格についての質問です。

応募者の人となりをある程度把握することで、社風に合うかどうか、企業は見極めようとします。

このように、性格についての質問は、企業にとって重要な意味を持ちます。

面接で性格について聞かれたときの3つのポイント

面接の際性格について聞かれたときは、どのように答えたら良いのでしょうか。

質問される意図を考慮すると同時に、こちらの考えを正確に伝えるよう工夫することがポイントです。

性格について質問されたときは、「その性格を発揮したエピソードを準備する」「どう困難を乗り越えたのか『考え』や『行動』を伝える」「入社後にその性格をどう活かすかを話す」の3つのポイントを押さえると良いでしょう。

各ポイントについて詳しく説明します。

その性格を発揮したエピソードを準備する

まずは質問されたときに話す自分の性格を一つ決めましょう。

たとえば積極性的に人と交流しようとする性格と決めたら、その性格を裏付けるエピソードを用います。

つまり、エピソードは、積極的に人と交流するという性格が発揮された過去の経験を伝えるものであることが前提です。

たとえば、積極性が発揮されたエピソードとしては、「迷子の子供を発見して迷子案内所に連れていき、親が見つかるまで行動を共にした」「誰も動こうとしないメンバーが集まるチームをまとめ、適切に采配をふるったことで期限までにプロジェクトを終わらせることができた」などが考えられるでしょう。

もしエピソードが思い浮かばないというのなら、これまでの経験を掘り起こし、性格を裏付けるようなエピソードがなかったかどうか思い返してみましょう。

なぜ自分はその性格だと思うのか、理由を考えてみるのも効果的です。

たとえ小さなイベントでも、根拠になりますので、努力して困難を克服したことがなかったかどうか、記憶をたどってみましょう。

どうしても思い浮かばないという場合は、家族や友人に聞いてみるというのも一つの手です。

どう困難を乗り越えたのか「考え」や「行動」を伝える

エピソードを用意したら、伝える内容を決めていきます。

伝えるときに必ず盛り込む必要があるのは、直面した問題に対して何を考えどう行動したかということです。

問題に対する考え方と行動は、企業の採用担当者が最も知りたい点であるというのが理由になります。

エピソードを初めて聞く人にもわかりやすく伝えるため、具体的に伝えることを意識しましょう。

5W1Hや数字を入れたりすると、より具体的になります。

入社後にその性格をどう活かすかを話す

答え方の流れは、初めに結論を伝えてからエピソードを話し、最後に、入社後持ち前の性格をどのように活かしていきたいかをアピールして締めくくります。

抱負を伝えることで、面接官は応募者に適した配属先などをイメージしやすくなりますので、次の選考に進める可能性が高まることが期待できます。

面接で性格について聞かれたときの回答例

面接で質問について質問されたとき、具体的にどう答えていいのか不安という場合は、回答例を参考して流れを掴むことをおすすめします。

ここでは3つの回答例を紹介します。

あくまでも例ですので、そのまま面接で使うのはおすすめできません。

回答例は参考程度にとどめて、実際に面接で話す回答は、自分の言葉を使うことが一番です。

例文①

私は行動的な性格です。

問題が生じて身動きが取れなくなるという状況になると、すぐに抜け出す方法を考えて行動に移す傾向があります。

学生時代レストランでアルバイトをしていたとき、客足が減って売上が落ちてしまったことがありました。

店長もスタッフも何が原因かわからず、ただ見守るしかないという状態でした。

調べたところ、似たようなレストランが近所にできて、それが原因ではないかという仮説に至ります。

それを店長に伝え、自分たちには何ができるか話し合い、強みを一つ見つけて、それを軸にお客様のターゲットを絞ろうという結論で一致しました。

私たちは昼間買い物に出かける主婦層をターゲットが喜びそうなサービスを決め、ほかのスタッフとともにポップ広告やチラシを作成したり、SNSを使って宣伝したりしました。

その結果お客様に主婦層が増えて、客足が徐々に回復しました。

お客様の意見を積極的に取り入れながらサービスや店内を改善していき、3ヶ月後には最低を記録したときよりも、4倍以上売上が回復しました。

私はこの経験から行動力の大切さを学び、入社後は積極的な性格を企画職で発揮したいと考えております。

例文②

私は負けず嫌いな性格です。

負けず嫌いな性格は、目標に向かって努力し、目標を達成するまで途中で投げ出さないという強みを引き出します。

小学校の頃ピアノを習っていましたが、姉に上達の悪さを指摘されたことがとても悔しくて、この経験が私の負けず嫌いな性格を目覚めさせることになりました。

私は毎日4時間以上ピアノに向かい、無我夢中で練習しました。

誰にも負けたくない、姉よりも絶対にうまくなるという思いで毎日練習を続けて、6年間1日も休むことはありませんでした。

いつの間にか姉よりもずっとうまくピアノが弾けるようになり、大きなピアノコンクールに何度も出場を果たしました。

負けず嫌いな性格を強みに、入社後は営業職として新規開拓事業に取り組み、御社の発展に貢献する所存です。

例文③

私は素直な性格の持ち主です。

自分を過大評価することなく、周囲の意見を受け入れて、何が最善かを考えながら臨機応変に対応するようにしています。

私は学生時代に、イベントサークルに所属していました。

サークルではイベントの企画から運営までメンバーが進めていきます。

あるときイベントのアイディアがまとまらず、先に進めないことがありました。

複数のメンバーが自分の意見を曲げず、押し通そうとしたのが原因です。

私はまとめ役が必要だと思い、自ら調整役を引き受けました。

なぜ意見を曲げたくないのか、メンバーの一人ひとりから話を聞いて本音を引き出すことに成功しました。

メンバーたちが本音で話し合うことで妥協点が生まれ、みんなが納得するアイディアが決まりました。

素直な性格を強みに、御社では周囲をサポートしながら円滑な業務の遂行を心がけたいと考えております。

面接で性格について聞かれたときの失敗例

面接で性格について質問されたとき、誰でも失敗したくないと思うものです。

失敗を避けるには、失敗ポイントを把握し、言わないようにするのが賢明です。

ここでは、3つの失敗例を挙げ、それぞれ失敗ポイントと改善案について説明します。

例文①

私は神経質な性格です。

物事に対して完璧に仕上げるように心がけ、ミスが見つからなくなるまで、やり直すことに対しては抵抗ありません。

神経質な性格は子供の頃から同じで、宿題はいつも完璧に仕上げていたので、先生から評価されることも多くありました。

忘れ物をしたり準備が不十分だったりすることもなく、人から頼りにされることも少なくありません。

失敗ポイントと改善案

自分の性格を説明しているだけという、典型的な失敗例です。

この回答からは、応募者が神経質という性格の持ち主であることはわかります。

さらに、神経質によってどんな影響があるかも見えてきます。

しかし自分の性格について説明しているだけなので、「だから何?」と思う採用担当者もいるでしょう。

神経質な性格を発揮することによってどんな問題を解決したのかというエピソードが必要です。

また神経質な性格を強みにして、入社後はどのように活躍していきたいのかと言うことを伝えることも忘れないようにしましょう。

特に神経質な性格は、場合によっては敬遠されることもありますので、長所としてアピールする工夫が必要です。

細かな作業が好きでミスを出さないという点が長所として考えられますので、経理部で活躍したいなど将来の抱負をより具体的に伝えましょう。

例文②

私はコツコツと努力を積み重ねる性格で、周囲の人からも努力家と言われることも多くあります。

小学校中学年の頃、学校で自転車の指導がありました。

私は当時補助なしの自転車に乗れず、クラスでたった1人私だけが指導を受けられませんでした。

これではダメだと一念発起し、自転車の練習に取り組みました。

1日1時間練習すると決め、取り組みましたが、何度練習してもバランスを崩してしまい、なかなか乗れません。

それでもあきらめず練習を続けていたある雨の日、ついに母親の補助なしで自転車に乗ることができたのです。

目標を達成するためには、努力が必要だということを学びました。

失敗ポイントと改善案

自分の性格を伝えて、性格の根拠となるエピソードも添えていますが、努力家の性格を仕事にどう活かすのかが見えてきません。

採用担当者によっては、努力家なら、将来この部署で活躍してくれるだろうと想像するかもしれませんが、すべてではありません。

相手が入社後をイメージしやすいように、性格を活かしてどうなりたいかということを伝えることを忘れないようにしましょう。

面接官が性格について質問するのは、入社後のミスマッチを防ぐためです。

質問の意図を考えると、入社後のビジョンが抜けた回答は、不十分と言えます。

努力家の性格を活かして、どのように仕事に反映させていきたいかを明確にし、それを回答に盛り込むようにしましょう。

例文③

私は我が強い性格です。

我の強さは短所だと言いますが、嫌なことは嫌だと主張し、表と裏がありません。

小学校の頃クラスで特定の子供をいじめていたことがありました。

私もいじめに加わるように誘われましたが、断固として断りました。

いじめは悪いことだとキッパリと主張し、絶対に折れませんでした。

上司から理不尽なことを指示された場合、それを指摘する勇気もあります。

失敗ポイントと改善案

我が強いという性格はネガティブ要素が強く、好意的に受け止める採用担当者は皆無に近いでしょう。

応募者は裏表がないと、プラス要素も交えていますが、我が強い性格は周囲と歩調を合わせることが難しく、会社の方針よりも自分の価値観で動く傾向がありますので、歓迎されません。

性格について答えるなら、できるだけ長所を使いましょう。

長所が見つからないという場合は、短所を使っても問題ありませんが、短所を長所と置き換えて伝えることが不可欠です。

我の強さは、向上心が強い、筋が通っている、芯が強いなどの長所と置き換える可能性もありますが、「我が強い」というのはマイナスイメージが強く、「向上心が強い」などの言葉に置き換えてアピールするのが無難です。

短所を使う場合は、長所にも十分なり得るものにしましょう。

たとえば頑固な性格もネガティブ要素はありますが、捉え方によっては長所にもなります。

頑固な性格は、何事にも「こうあるべきだ」という基準で動く傾向がありますが、そのこだわりを自分軸ではなく他人軸で捉えるようにすると、他人の意見を取り入れ、成果をあげるにはどうしたら良いか、多角的に考えられるようになります。

まとめ

面接で性格について質問されたときの答え方について紹介しました。

企業の採用担当者が性格について質問するのには理由があり、意図を把握することで、効果的な答え方が導かれます。

紹介したポイントや例文を参考にしながら、上手に質問に答える準備をしましょう。

面接が不安?面接に受からない?ウカル面接対策、教えます。​​

就活のプロがあなたの
内定を叶えます!

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ