説明会の服装について何も書いてない!どんな格好をしていけばいいの?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
説明会への参加は、採用を見据えた重要な行動です。就活生は説明会のパンフレットを隅々まで読んで準備をしていることでしょう。しかし、説明会参加時の服装について何も書いてない場合、どのような準備をしていけばよいかわからない人もいるかもしれません。服装が自由だと解釈したほうがよいのか、それともスーツを着て行ったほうが無難なのか、悩む人は多いでしょう。説明会で服装指定がない場合、一体どのような格好をすればよいのかを解説していきます。

指定なしの場合はスーツが基本!男性の服装はコレ

説明会は面接よりも服装が厳しくないと考えてしまいがちですが、説明会も企業の人たちと顔をあわせる重要な就職活動の一環です。当日の服装について書いてない場合でも、スーツにネクタイ、ワイシャツといった面接に行くときと同じ服装をしていくことがポイントとなります。もちろん、カバンや靴、時計、ベルトといったアイテムも面接と同じようにしっかりと選ぶ必要があります。説明会ではたくさんの資料や書類を手に入れることが予想されるので、カバンはA4サイズの書類を折らずに入れられる大きさを選んでください。ワイシャツ以外の服装は黒や濃紺、チャコールグレーなどでまとめると統一感があり、周りから悪めだちをせずに済みます。

服装指定なしでは女性もスーツを着よう

1910_1_53 (2) 女性もまた、説明会で服装の指定が書いてない場合はスーツを着用してください。男性と同様女性も黒や紺、チャコールグレーなどの濃い色のスーツを選択します。ブラウスは基本的に白を選び、ひらひらと装飾がついたものは避けましょう。スカートでもパンツでも構いませんが、スカートを履く場合は丈の長さを膝くらいまでのものにすることがポイントです。長すぎても短すぎても印象が悪くなるので注意してください。スカートを履く場合は特にストッキングを着用しますが、色はナチュラルに見える肌色が無難です。ストッキングは伝線する可能性があるので、予備を持参していくことをお勧めします。靴はヒールの高さが5センチ以内に止めるようにし、歩きやすさも考慮してください(※1)。 ※1[賢者の就活]これで完璧!会社説明会の服装で押さえたい7つのマナー【図解あり】 http://kenjasyukatsu.com/archives/881#i

企業によってはセミフォーマルでもOK

説明会といってもさまざまな企業が開いているため、服装について書いてないときでも必ずスーツを着ていかなければならないというわけではありません。IT企業やベンチャー企業などでは本当に服装を気にしていない場合もありますし、アパレル系企業やデザイン制作会社、マスコミ関係などでは本人の個性やセンスを服装から見たいと考えているケースもあります。このような企業の考え方がある場合は、スーツを着ていくことによって逆に紋切り型だと思われてしまう恐れがあるので注意してください。当日どのような服装をしていくかは説明会を催す企業の業種や考え方などに左右されることがあるのを覚えておきましょう。

なぜ服装の規定を書かない?企業側の意図を考えよう

1910_1_53 (3) 説明会の服装を指定する企業もあれば、服装について書いてない企業もあるのはなぜなのでしょうか。その答えとして、就活生がきちんと就活に向き合っている人材かを見極めているからだと考えられます。就活に真剣に取り組んでいる人は、就活全般について人から聞いたりインターネットで調べたりすることでしょう。服装の指定がない場合でもきちんとした格好をしてくるかを見ることで、企業はその人の本気度や情報収集能力などを図っているのです。一方、服装指定が書いていないことは服装自由とは厳密にイコールではないため、就活生の常識を見ているのだとも考えられます。いずれにせよ、服装がひとつのふるいとして機能することを頭に留めておいてください。

説明会は面接だと考えよう

説明会は集団で行う面接会だと考えると、自然とどのような服装をすべきかが見えてきます。説明会は単なる企業について説明する場ではなく、すでに他の就活生との競争が始まっている場所だと考えてください。恥ずかしくない服装で挑み、周りから1歩リードしましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!