説明会の服装で私服OKといわれたら?適切な服装を学ぼう

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

就活するときの服装はスーツが基本ですが、説明会のときなどは「私服でお越しください」としている企業もあります。そういった場合には、どのような服装が適切なのでしょうか。実際、私服出勤をOKとしている企業は少なくないので、説明会に私服を指定することも珍しいことではありません。そこで、今回は説明会で私服指定されたときの注意点や適切な私服スタイルについて紹介していきます。企業側が私服を指定するのには明確な意図があるのです。まずはそこからみていきましょう。

説明会で私服を指定するのには理由がある!私服OKでスーツはむしろNG

説明会で私服指定があったら多くの人はどのような私服で行けばいいか悩んでしまうでしょう。悩みに悩んで最終的にはスーツでいいかという結論を出してしまう人も中にはいるかもしれませんが、私服指定されたのにスーツで行くのは避けるべきです。なぜなら、企業側は就活性の私服を見て会社の雰囲気に合わせた服を着用できているかチェックするからです。企業側が私服指定するのにはきちんとした意図があるため、私服OKなのにスーツや適当な服装を選ぶのは避けましょう。私服指定はリラックスした状態で説明会に参加してほしいといった企業側のやさしさの表れでもあります。そのため、スーツほどかっちりし過ぎず、普段着よりカジュアル過ぎない私服がベストといえます。

説明会に適した私服とは?男性編

1910_1_46 (2) 説明会で私服指定されたときの適切な服装は、オフィスカジュアルがベストです。オフィスカジュアルとはビジネスシーンでも通用する服装のことです。明確な定義はないのですが、会社で来客をもてなす際の服装だといわれているので、ラフ過ぎずビジネスシーンでも失礼にあたらない服装と認識しておくと間違いないでしょう。男性の場合は、ジャケット・シャツ・チノパンといったカジュアル過ぎず清潔感のある服を身に付けるのが適切です。ジャケットは黒や紺といったダークカラーが基本となります。パンツも黒やベージュなど落ち着いた色を選択し、シャツは白でまとめると良いでしょう。靴は革靴を選ぶときちんとした印象を与えることができます。

説明会に適した私服とは?女性編

女性のオフィスカジュアルとは、どのようなものかを見ていきましょう。女性の場合は、清潔感や明るさに加えて女性らしさを演出する服装を心掛ける必要があります。そのため、黒や紺のジャケットを着るのは男性と同じですが、トップスは襟付きシャツかブラウスを選択するのが適切です。張りのある素材やなめらかな素材のトップスを選べば、清楚で女性らしいイメージを与えることができます。色は白が基本です。ない場合は、薄めのピンクかブルーのカラーを選びましょう。ボトムスは全体の雰囲気を上品に見せてくれる膝丈スカートが無難です。靴はヒールが高すぎない革素材のパンプスを選んで品のある印象を持たせるのが良いでしょう。

アパレル企業の場合は?

1910_1_46 (3) アパレル企業の説明会は応募者のファッションセンスが重要視されます。そのため、私服を指定されたときに考えるべきことは企業ブランドのコンセプトに合った服装を選ぶことです。カジュアル・フェミニン・フォーマルなどコンセプトはさまざまなので企業によって服装は変わってきます。オフィスカジュアルを着用するよりもハードルはぐんと高くなりますが、自身のファッションセンスをアピールできる良い機会なのでじっくり考えて服装を選ぶようにしましょう。自身がない場合は男性ならシャツの色をブルーやライトグレーで、女性ならワンピースにジャケットやカーディガンを羽織るとおしゃれな印象を与えることができます。

不快感を与えない清潔感のある服装を心掛けよう!

私服OKはどんな服装でも良いということではありません。私服を見て、人間性やファッションセンスなど企業側はその人の本質をチェックします。どのような企業であっても私服で重要なのは清潔感とマナーのある服装です。派手な色の服や短パンなどカジュアル過ぎるものは避けて会社に合った服装を選びましょう。

国内最大級の就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ