エントリーシートがもらえない?説明会は選考の一部!積極的に質問してアピールしよう

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

企業の会社説明会というのは、その企業の事業内容や仕事内容などを学生に対して説明するための場です。そのため、説明会には選考という側面は基本的にはありません。しかし、会社説明会を単にその企業を知るためだけの場であると考えると、その後の就職活動でライバルに差をつけられてしまうこともあるかもしれません。なぜなら、実は説明会には単なる会社説明以外の側面がいろいろあるからです。今回は、就活生が知っておくべき会社説明会の重要な側面についてご紹介します。

説明会は選考に関係しないの?

多くの会社説明会では「選考には関係しません」と銘打っていますが、実は建前に過ぎないことがほとんどです。中には、会社説明会に参加しないとエントリーシートを受け取ることができないような場合もあります。そういう企業に応募するためには、必ず説明会に参加しなければならないことになります。つまり、「選考には関係しない」とはいえ、説明会には多分に選考の一部としての側面があるということです。 そのため、まずは選考に関係しないという認識を捨てて説明会に臨むことが大切です。説明会でエントリーシートが配られることもありますし、説明会において有意義な質問をすれば、それが後々の就職活動にも良い影響を与えてくれることもあるのです。

良い質問ができればアピールできる

1910_1_39 (2) 選考にも大いに関係してくる説明会は、積極的に参加していくことが就活を成功に導く第一条件になります。それはエントリーシートを受け取れるかどうかだけではなく、説明会での立ち居振る舞いも大きく関係してきます。特に説明会では、質疑応答の時間が設けられるのが一般的です。そのときに意味のある質問ができれば、企業に顔や名前を覚えてもらえるかもしれません。そうした企業への質問は、自分の知性や積極性をアピールする絶好のチャンスです。質疑応答の時間で質問の機会があれば、積極的にチャレンジしていきましょう。そのためにも、説明会に参加する前に聞きたいポイントをまとめておくなどの準備が大切です。ありきたりな質問や場違いな質問をすれば、かえってマイナスなイメージを企業に与えてしまうことにもなるので、質問をする際はしっかりと内容を吟味したうえで手を挙げるようにしましょう。

本当に選考とは関係ない説明会もある?

説明会は単なる企業を知るためだけの場ではないといってきましたが、中には本当に企業の内側を紹介するためだけに実施される説明会もあります。たとえば、合同説明会や学校内説明会などは、企業が多くの学生を集めるために実施する説明会です。こうした種類の説明会には、選考としての側面はほとんどないと考えても良いでしょう。もちろん、説明会に参加する際は、失礼な態度やマナー違反は慎むべきですが、説明会に参加しなかったとしてもエントリーシートがもらえないということではありません。また、そもそも参加すること自体が難しい人気企業の説明会なども、参加できなかったからといって選考から外されるようなことはないので安心してください。

選考を兼ねている説明会に参加するなら

1910_1_39 (3) 「選考は関係しない」とは言わず、まさに選考のために開催される説明会もあります。そうした説明会では、グループディスカッションや筆記試験が説明会中に実施されることになります。また、選考を兼ねた説明会であっても、事前に何の通知もなく説明会中にこうした選考が行われることもあります。そのため、やはり説明会は気楽な気持ちで参加するのではなく、本番の選考に臨むのと同じような気持ちで参加するべきだといえます。たとえ不意打ち的に選考が行われたとしても、準備をしっかりしておけば慌てずに対処することができるはずです。

説明会から就職活動は始まっている!

就活は、説明会の段階からすでに始まっています。そのため、ただ会社の情報を収集するための場と考えていると、思わぬ失敗をしてしまうこともあるかもしれません。人事の人に挙動をいちいちチェックされていることもあるため、マナーのある振る舞いを心がけて積極的にアピールするつもりで説明会に臨むようにしましょう。

企業説明会で就活を有利に!
あなたの就活を二人三脚で内定までサポートします​。

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ