ジョハリの窓、知ってる?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

自己分析のやり方の一つ、ジョハリの窓を知っていますか?ジョハリの窓とは、他者の自己に対する見方を知ることによって、自分の本当の適正などを知ることができるものです。やり方や注意点を説明していきます。

自己分析、どうやる?

1709_1_14 (1) 自己分析を行う際に、ジョハリの窓というやり方があるのをご存知ですか?実際にセミナーなどでもこれを利用する企業があるくらい、就活の王道と言えるものです。 人から自分はどう見られているのか、考えてみたことはありますか?自分が一番自分のことをわかっていると思っていませんか?しかし、自己像が、客観的なものと主観的なものでは意外と異なっています。 では、ジョハリの窓についてと、自己分析のやり方を紹介していきます。

article051

ジョハリの窓とは?

ジョハリの窓とは、自分を4つのカテゴリー(窓)に分類して他人との関係を通して自己理解をするためのものです。アメリカのジン理学者、ジョセフ・ルフトとハリ・インガムが発表した「対人関係における気づきグラフモデル」をジョセフの窓と呼ぶようになりました。 4つの窓とは、

  1. 解放の窓:自分も他人も知っている「私」
  2. 盲点の窓:自分は知らなくて他人は知っている「私」
  3. 秘密の窓:自分は知っていて他人は知らない「私」
  4. 未知の窓:自分も他人も知らない「私」

ここから、主観的にみた「私」と、客観的にみた「私」を見比べることができます。 この中の、1.解放の窓を広げて、2.盲点の窓を受け入れて、理解していくことで自己能力を最大限に発揮できるようになると考えられています。

ジョハリの窓はどうやるの?

以上でみてきたように、この自己分析方法は1人では行えません。具体的なやり方を説明していきます。

  1. 4人以上の友人を集める
  2. 性格に関する単語を30個程度書き出す (例:優しい、几帳面、積極的、頭が良い、発想力がある、行動力がある、話し上手、コミュニケーション能力が高い、親切、リーダーシップがある、根性がある、粘り強い、責任感がある、頑固、慎重、向上心がある、柔軟性がある、情報通、プライドが高い、負けず嫌い、など)
  3. 上で書き出した単語の中から自分の性格だと思うものを書き出す
  4. 友人一人一人に対してその人の性格だと思う単語を書き出す
  5. 自分の紙と友人に書いてもらった紙に共通する単語を「解放の窓」に書く
  6. 友人の紙にしか書いていない単語を「盲点の窓」に書く
  7. 自分の紙にしか書いていない単語を「秘密の窓」に書く
  8. 結果をみて話し合う

注意点

1707_2_62 (1)

  • 最低4人は集める 少人数でやってしまうと、あまり多く新たな発見ができません。少なくとも4人以上は友人を集めてから行いましょう。
  • 親しさにバラつきがないように友人を集める あなたとの関係性の深さに違いある場合、結果にも差が生まれてしまいます。そのため、できる限り同じくらいの距離の友人を集めて行うと結果が如実に現れます。
  • 本音を書きましょう 遠慮や妥協をすると、正しい結果は得られません。思っていることをそのまま相手に伝えることこそ、相手のためになります。

以上の注意点を注意してやってみましょう。

最後に

ジョハリの窓は、就活における自己分析のみならず、新人研修などでも使われています。それだけ、信憑性の高い自己分析のやり方ということです。ESを書く前、面接の前に他者からの自分に対する見方を知ることで、自己PRにより説得力を持たせることができます。自分が本当にやりたい仕事も見えてくるかもしれません。ぜひ実践してみてください。

就活市場でしか手に入らない
マル秘お役立ちブック!
  • 就活市場が教える様々な業界の"リアル"
  • 例文付きの正しいエントリーシートの書き方

などなど、ここでしか手に入らない就活市場限定のオリジナルブックを今すぐダウンロードしよう!

今すぐ無料ダウンロード

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CATEGORY RANKING 「就活準備」人気記事ランキング

POST RANKING 人気記事ランキング

広告掲載をご検討の企業さまへ