冴えない私、面接で他と差別化を図るには?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
就職活動を行うにあたって面接や自己PRはつきものです。予期せぬ質問に答える対応力や自分をPRするプレゼン力を磨くのは難しく多くの人の頭を悩ませているのも周知の事実です。しかし、面接という場は自分と同じようにその企業での就職を目指すライバルたちと共に自分をアピールできる絶好のチャンスなのです。 言い換えると、面接で他と差別化を図る事が出来れば、内定を貰う確率が上がります。 面接官の気持ちになってみて下さい。一日に何十人もの就活生の面接を行う面接官は同じような志望理由や自己PRを聞かされ事に嫌気がさし、次第に就活生の区別がつかなくなっていきます。大企業ならなおさらです。 そんな中にポツンと他とは良い意味で区別された就活生がいたらどうなりますか?もちろん注目せざるを得ません。他の就活生とは違う輝きを持つ就活生に企業は大きな魅力を感じることでしょう。 他の就活生との差別化を図るにあたって経歴や資格など非常に有効でありますが、誰もが特殊な経歴や資格を持っているわけではありません。しかし、言葉遣いや態度で簡単に差別化を図る事が出来ます。 ここでは、可もなく不可もないライバルたちと面接で簡単に差別化を図る方法を解説していきます。

フックを活用しよう

1709_1_80 (2) フックとは何か?フックとは一般的に他者に興味を持たせる技法でありますが、企業面接にも適用できます。面接官に興味を持ってもらう、それこそが内定への第一歩です。面接や自己PRでフックを使う事が非常に重要です。 面接官に興味を持ってもらうのであれば様々な技法を使う事ができます。 例えば、自己紹介をする時に自分を動物に例えるのも技法の一つです。 私はクマのような人間です。 数ある動物の中からクマを選んだ理由、自分とクマが似ている点などを挙げて自己紹介をする事で面接官に他の就活生とは違う印象を与える事ができます。また、自分を他の物に例える事で多くの就活生を見る面接官に覚えてもらえやすくなります。 フックを使う事で他の就活生と差別化を図る事ができ、面接官に興味を持ってもらい、面接での話が弾みやすくなるでしょう。

数字を多用せよ

1707_1_5 (3) 過去の実績などを説明するときに数字を使うことをオススメします。 例えば:私がバイトを始めてから、売上が上がりました。 私がバイトを始めてから、売上が25%上がりました。 前者と後者を比べてみると数字を含んだ後者の方がより具体的です。また、数字を含んだ方がバイト先の状況を詳しく理解していると考えられ、入社してからも支出などに細かく反応できる優秀な人材であるといった印象を与える事ができます。

10年後、20年後の目標を明確に

photo37-1 自分の経歴や過去を語ったり、それから何を学んだかを語るのは簡単ですが、入社後にそれを如何にして会社の利益に繋げられるか明確にするのが重要です。自分の長所や短所を客観的に見て、それを10年後、20年後といった長期的な期間で企業に貢献できる事を面接の場で述べる事をオススメします。会社の理念や事業をしっかり理解した上で自分の能力が企業の求める人材と合致しており、長期的に活躍できる事を明確にすることで、より他の就活生より際立つことができます。 企業が求めるのは、もちろん優秀な人材ですが、長期的に企業に貢献できる人材も多く求めています。会社と共に長い時間をかけて成長できる伸びしろのある人材を多くの企業は求めており、長期的に会社で働く意思がある事を明確にすることで、好印象を与える事ができ内定を貰いやすくなります。

まとめ

差別化を図る方法は他にも色々ありますが、フックや数字を活用し、長期的な目標を明確にすることで他の就活生とは違うを魅力を企業側に与える事ができます。もちろん無難に面接や自己PRを行う手段もありますが、多くの就活生が就職を目指す企業から内定を貰うには、同じようなライバルたちとは違う魅力を発信する必要がある為、面接で他の就活生と差別化を図る事は非常に効果的です。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!