オペレーター志望者の自己PR!押さえたいポイントを例文つきで解説

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
消費者に正しい情報を提示し、サービスをガイドするオペレーターは非常に大切な仕事です。就職活動でも多くの志望者が応募しますが、数々のライバルよりも秀でた存在になるためには履歴書の自己PRを工夫しましょう。オペレーターに求められる要素を見抜き、的確に自己PRすることで、採用される可能性は高まります。同時にNGポイントも踏まえておきたいところです。ここでは、オペレーターに応募する際の自己PRの書き方を例文つきで解説していきます。

オペレーターに求められる資質とは?

オペレーターはミスが許されない職業です。オペレーターの言い間違いや勘違いによってクレームに発展する可能性すらあります。そのため、真面目で几帳面な性格の人ほどオペレーターに向いているでしょう。 オペレーターになるとビジネスマナーや言葉づかいを徹底的に教えられます。社会人としてマナーを身につけるのは常識ですが、オペレーターは特に隙のないビジネスマナーが求められている職業だからです。アルバイトなどで接客業の経験がある人は適正があると考えられ、採用担当者の目を引きやすいでしょう。また、オペレーターは感情的にならず冷静に顧客と向き合う必要があります。過剰に快活さをPRするよりも、落ち着いた人間性を自己PRしたほうが得策でしょう。

オペレーターの自己PRで注意すること

1709_1_94 (2) オペレーターの自己PRで注意したいのは丁寧で美しい日本語を書くことです。履歴書では当然のポイントのように思われがちですが、実は完璧に実践できている就活生は多数派ではありません。体言止めや「?」「!」などの記号は使わず、真面目な印象を与える文章をつづりましょう。職業によっては勢い任せの自己PRが功を奏する場合もありますが、オペレーターに関しては丁寧で正確な文体が好まれる傾向にあります。 また、オペレーターへの適性を具体的にアピールしましょう。「オペレーターになりたいからなる」のではなく「オペレーターに向いている人間だ」とアピールすることが重要です。職業適性を示せたら、採用担当者は「面接で話を聞きたい」と思ってくれるでしょう。

例文その1.真面目さを押し出す例文

まずは真面目な性格を全面的に押し出す自己PRの例文です。内容だけでなく、文体にも注意しましょう。 「私は非常に真面目な性格だと周囲の方々から指摘されます。そして、自分でも真面目さが美徳だと自負しております。たとえば、提出物を遅れたり忘れたりした経験が人生で一度もありません。分からないことがあれば質問せずにはいられず、納得するまで自分で調べる習慣が身についています。与えられた職務を完璧に自分でこなしたい性分で、高校時代は生徒会で会計係を務め、予算の節減に貢献しました。私は自分の性格がオペレーターに向いていると考え貴社を志望させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。」

例文その2.自分の経験を押し出す例文

以下の自己PR例文は、アルバイト経験からオペレーターへの適性をアピールしています。オペレーターのアルバイトをしたことがある人は、積極的に書くのがおすすめです。 「私はオペレーターのアルバイト経験があり、非常に優秀な成績を収めていたと自負しています。私は昔から滑舌がよく、スピーチなどには自信がありました。オペレーターのアルバイトをしているときも、発声について注意された記憶がありません。お客さまと話すのも苦痛ではなく、正社員と同等の成績を記録するのが常でした。私はオペレーターを自分の天職だと考えています。アルバイト時代に培った経験を貴社で反映できると思っているので、どうぞよろしくお願いいたします。」

自己PRは説得力が肝心

 1709_1_94 (3) 自己PRで大切なのは説得力です。「なぜオペレーターを志望し、どう貢献できるのか」について、説得力のある文章を書けるようになりましょう。就活応援サイト、ジョブコミットではさまざまな職業の自己PR例文がチェックできるので、参考にしてみるのがおすすめです。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!