インターンシップにふさわしいオフィスカジュアルの服装をご紹介!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
インターンシップでの私服OKの企業が増えてきましたが、どんな服装で行けばいいのか迷う学生も多いのではないでしょうか。実際、インターンシップで企業側に好印象を与えるためには、清潔感あるオフィスカジュアルの服装を意識しなければなりません。カジュアルすぎる服装だと相手に不快感を与えることもあるため注意が必要です。そこで今回は、インターンシップにふさわしいオフィスカジュアルの服装や身だしなみについてご紹介します。

インターンシップにふさわしいオフィスカジュアルとは

1709_1_55 (3) インターンシップで私服での参加が認められている企業でも、相手に好印象が与えられるようなオフィスカジュアルの服装を選ぶことが大切です。オフィスカジュアルとは、職場の慣習や規定に合った着用できる服装のことです。そのため、マナー違反にならないように色や露出などのさまざまな点に注意する必要があります。具体的には、カジュアルすぎるジーンズやTシャツは避けて、清潔感のある落ち着いた色合いの服装を意識するようにしましょう。シャツは必ず襟付きシャツを着用し、ジャケットなどを羽織ることで好印象を与えられます。ボトムスは男性の場合はチノパン、女性ならば膝丈のスカートがおすすめです。また、黒・白・ベージュなどの色味を選ぶことで落ち着いた印象になります。

インターンシップおすすめコーディネート・男性編

男性のインターンシップでの私服コーディネートのポイントは、前述の通り襟付きシャツにジャケットが一般的です。シャツの色はホワイトを選ぶことで清潔感を与えることができるでしょう。また、全身を同系色で統一することもポイントです。黒・グレー・ネイビーなど落ち着いた色味を選びましょう。もし、多色使いのコーディネートの際でも、バックや靴などを黒などの同系色にすることで統一感が出ます。そしてカジュアルすぎない印象にするためには、細かいディティールに気を付けることも大切です。たとえば、ボトムスはウエスト下を折りたたんでヒダにしたタック入りパンツや、きちんと感のあるテーラードジャケットを選ぶこともポイントでしょう。さらに革靴やA4サイズの書類の入るバックを持つことできちんと感も演出できるでしょう。

インターンシップおすすめコーディネート・女性編

女性のインターンシップの場合でも大切なことは清潔感のあるコーディネートです。ピンクや花柄などの派手な色味や柄は避けるようにして、全体的にシックなコーディネートになるようにしましょう。男性と同様に、襟付きシャツにジャケットのコーディネートできちんと感を演出できます。春・秋のシーズンならばジャケットの代わりにカーディガンを合わせてもかまいません。黒・ネイビー・ベージュなどのオーソドックスな色味で全体を統一しましょう。また、スカートかパンツスタイルかは自分の好みでどちらを選んでも特に問題はありません。ただし、スカートの場合には膝丈のフリルなどのないデザインを選ぶことが大切です。女性の場合は足や胸元など露出度が高くならないように注意しましょう。

身だしなみも忘れずに

カジュアルすぎない印象にするためには、服装以外でも身だしなみに気を付ける必要があります。たとえば、男女ともに髪型も清潔感のあるスタイルにしましょう。インターン前に短めにカットしてカラーリングしている人は黒色に染めておきましょう。茶色などの派手な色味は企業側に不快感を与えることもあるので注意が必要です。また、女性の場合には、顔がすっきりと見えるように前髪なども短めにしておくこともおすすめです。もしロングヘアの女性ならば、まとめることで真面目な印象を与えることができるでしょう。ヘアアクセサリーは付けず、横髪などが顔にかかる人はワックスなどの整髪料を使うのも良いでしょう。

清潔感あるトータルコーディネートが

1709_1_55 (2) このように、オフィスカジュアルの服装では清潔感あるコーディネートが大切です。企業側に好印象を与えるためにも、全体的にシックな印象でまとめることで統一感も生まれます。ぜひポイントをおさえて、あなたらしいオフィスカジュアルの服装でインターンシップに参加してくださいね。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!