説明会の質疑応答はどうすればいい?聞いておくと役に立つ質問を紹介

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
会社説明会では、質疑応答の時間が設けられているのが一般的です。社員から生の情報を仕入れられるチャンスなので、積極的に質問するのが望ましいです。しかし、いざとなったら何を聞けば良いのか分からなくなる人もいるのではないでしょうか。悩んでいるうちに、質問が打ち切られてしまうかもしれません。慌てて的外れな質問をしてしまうケースもあるでしょう。そこで今回は、聞いておくと役立つことが多い質問をピックアップして紹介します。

採用に関する質問!非公開の情報が得られることも

説明会の質疑応答は、詳しい採用情報を知る絶好のチャンスです。採用情報は会社のホームページや就活サイトなどにも掲載されています。しかし、詳しく載っていなかったり、情報が最新でなかったりするケースも珍しくありません。たとえば、前年の採用の倍率を公開していない場合でも、説明会で質問すれば教えてもらえる可能性があります。それが分かれば今年の倍率もある程度は推測できるので、応募するにあたっての心構えができるでしょう。また、面接でグループディスカッションがある場合は、討論のテーマについて尋ねるという手もあります。もちろん、質問をしても答えてもらえるとは限りませんが、選考に関して疑問に感じていることは遠慮せずに確認しましょう。

入社後の流れに関する質問!配属はどのように決まる?

1709_1_40 (2) 入社してからの流れを聞いておくと、働き始めたときに戸惑うことが少なくて済みます。特に正式に配属されるまでの流れを確認しておくと良いでしょう。就職の応募をするときは会社だけでなく、希望の部門や部署も伝えることになります。しかし、いくら応募するときに希望したとしても、入社後にそれが叶うとは限りません。既存の社員の人数や入社後の適性チェックの結果などを考慮して、希望していない部署に配属される可能性もあります。強く希望している部署があった場合は、大きなショックを受けることになりかねません。事前に配属が決定するまでの流れを知っておくと、希望する部門や部署に配属されるための対策を立てやすくなるでしょう。

新人教育に関する質問!会社によって方針はさまざま

新人の教育体制に関することも、質疑応答で確認しておくとよいでしょう。特に自分が入社後にやっていけるのか不安に感じている場合は聞いておくのがおすすめです。教育体制が整っていることが分かれば、安心して応募しやすくなります。多くの会社は新人教育を実施していますが、会社によって具体的な方法はさまざまです。たとえば、充実した研修制度を設けている会社や、現場で上司が教えて覚えさせる方針の会社もあります。前者はビジネスマナーなどを基礎からしっかりと教えてもらえることがメリットです。後者は実践的な知識やスキルが早い段階で身に付きます。そのほかにも、社外のセミナーに積極的に新人を参加させる会社なども見受けられます。

先輩社員に経験に関する質問!やりがいや苦労など

仕事の魅力について聞いておくと、採用されたいというモチベーションのアップにつながります。実際に働いている社員が、どのように仕事をしているのか聞いてみましょう。仕事にやりがいを感じたエピソードを教えてもらえれば、志望動機を考える際の参考にもなります。新人のときと現在を比較して成長したと思う点を聞くと、自分の入社後のキャリアをイメージしやすいでしょう。逆に、仕事で困った経験を聞いておくことも大切です。仕事で困難に直面することは誰にでも起こります。そして、それを自分の力でクリアできる社員が高く評価されます。自分が同じ困難を前にしたら、どうやって乗り越えるのかを考えてみると、メンタルのトレーニングになるでしょう。

質問するときはマナーや感謝の気持ちを忘れずに!

1709_1_40 (3) 説明会の質疑応答で、残業や休日出勤について聞くと雰囲気が悪くなることがあります。遠慮しすぎるのは良くありませんが、場の空気を読んで質問することも重要です。質問するときはマナーに気を付け、答えてもらったらお礼を述べるのも忘れないようにしましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!