冬の説明会!私服で行くなら何を着ていくべき?

説明会はスーツが基本ですが、すべての説明会がスーツでの訪問を指定しているというわけではありません。企業によっては服装自由の説明会や私服での訪問を指定する説明会を行う場合があります。

ところが、私服と言われてもどのレベルで自由に服を選んでよいのかが分からずに、困ってしまうという人が多いのではないでしょうか。説明会に私服で訪れるとしたら何を着ていけば良いのか、どんな私服が好ましく、またどんな私服は避けるべきなのかをお伝えします。

説明会のドレスコードが服装自由!それならスーツで訪問しよう

冬に行われる説明会は、まだ就職活動が本格化していないためにどこか気楽な雰囲気です。説明会の案内に服装自由と記されていることがあるのですが、服装自由イコール私服だと考えてしまうのは危険です。

一般的に説明会における服装自由は、スーツでという意味だととらえましょう。ビジネスの場での基本の服装がスーツとなりますので、説明会という会社が行うイベントに、これからその会社の一員になりたい応募者候補が訪れるとすればスーツが無難かつ一番ふさわしい服装だと言えます。

スーツやシャツの選択も好きなものをというわけではありませんので、基本的にはリクルートスタイルで説明会に参加しましょう。

説明会のドレスコードが私服?何を着るべき?

1709_1_37 (3)

説明会によってはドレスコードが私服と記載されていることがあります。私服と書かれていたらスーツは避けて私服で訪問しますが、このときの私服は基本的にビジネスカジュアルを指します。

オフィスにいるときに問題のない服装(イコール私服)です。

男性の場合はシャツとコットンパンツ(またはスラックス)に革靴、ジャケットが基本です。冬なのでカーディガンを着用しても問題ありません。

女性の場合はもっと自由で、砕けすぎていなければプルオーバーでもブラウスでも大丈夫ですし、スカートでもパンツでも問題ありません。ただし、女性の場合もジャケットを着用し、靴は3cmから5cmほどの高さのあるヒールがおすすめです。スカート丈は膝丈が基本です。

業界によっては私服はオフィスカジュアルではない

説明会のドレスコードが私服となっていた場合、メーカーや商社、IT企業などはオフィスカジュアルで問題ないのですが、本当に普段から着ているようなカジュアルな私服を求められる場合もあります。それは広告関連やアパレルなど、その人自体のセンスを問われる業界が行う説明会の場合です。

私服はその人自身を表す自己アピールのポイントにもなりますので、広告関連やアパレルの説明会で私服の指定があった場合は、自分らしさをもっとも表現できる私服を選びましょう。

冬という季節柄、重ね着もありですし、靴もムートンやブーツなど選べる幅が広がります。コート、バッグに至るまで、なぜそれを選んだのかと聞かれたときにはっきり答えられるアイテムをセレクトしましょう。

私服の説明会で着る服の色選び

私服でと指定がある説明会に着ていく服は、ビジネスカジュアルなら何色でも良いというわけではありません。オフィスのなかに居て奇抜ではなく、仕事をするのにふさわしい色が求められます。

色は白・黒・紺・ベージュなどのモノトーンやニュートラルカラーが無難ですし、これらの色のビジネスカジュアルで使える服を持っていれば、就職したあとも通勤で着ることができます。色味があるものが欲しい場合は、男女ともに水色は清潔感がありイメージが良く、ビジネスカジュアルで着用しても問題ありません。

女性の場合はクリーム色や淡いピンクもおすすめです。ただし、色味があるものはインナーなどの見える面積が少ない部分に使い、ジャケットやボトムといった見える面積が大きい部分はモノトーン系がおすすめです。

冬の説明会では、女性の足元がタイツでも問題ありません。

冬の説明会に私服で参加した時の注意点

冬の説明会に参加する場合、外気温が寒くなるためどうしても防寒着としてコートは着用したいものです。

もちろんスーツも私服で参加する場合もコートを着用してもかまいません。

会社説明会は寒い時期に開催されることも多いので、防寒対策はしっかりしてもかまいません。

しかし会場の中に入ってコートを着用するのはタブーです。

きちんと会場の中では防寒着は脱ぐのがマナーです。

この時コートの着脱場所や注意点などについてご紹介しましょう。

コート、マフラーを脱ぐ場所

会社説明会に参加する場合は、必ずコートやマフラーは脱いで入場するのがマナーです。

そのため、エントランス前でコートを脱いでから入場しましょう。

そしてこのエントランスでは同様に就活生がコートを脱いで入るので周りにも迷惑がかかることがありますので、スムーズにコートを脱いで入場しなければなりません。

また、脱いだコートについては、コートの裏生地が外になるようにして二つ折りにし腕にかけて持ち歩くのがマナーです。

コートの表地には外部のほこり、ウイルス、花粉などといったものが付いている可能性が高いため、周りへの配慮という意味でも裏側を外にして見せるようにしておくと良い印象になります。

説明会で着席する際は、さらに小さく折りたたんでカバンの上に置いて説明を聞くと良いです。

着膨れしないように

説明会のドレスコードが私服の際は、男性の場合はシャツやコットンパンツ、カーディガン、女性はプルオーバーやブラウス、スカート、パンツなら問題ないということをすでに取り上げています。

そのため、いくら寒いからといってもセーターを着用するとあまりにカジュアルな普段着のスタイルになりますので避けましょう。

また、セーターを着用すると着膨れしてしまう可能性があります。

外がいくら寒い日だからといってあまり防寒対策にと何枚も重ね着するのもあまり良い印象を与えられません。

ビジネスカジュアルでは、スッキリと見えるようなファッションを心がけると良いでしょう。

そもそも太っていると就活の際には自己管理能力に欠けているのではないかという印象を与えがちです。

今流行りのオーバーサイズのシャツなどがだらしなく見えるのと同様、着膨れしていると実際よりも太って見えてしまい不利になります。

できるだけ重ね着しすぎないようにスッキリ見えるファッションに留めましょう。

TPOをわきまえよう

私服の服装は、その人の人となりを映し出す鏡にもなっています。

どれだけ自分がファッションに自信があるからといっていつも通りの個性的なファッションをしてしまうと、それはビジネスには決してふさわしくありません。

あまりオシャレすぎる個性的なデザインの服、ブランドロゴが目立つ服などは避けましょう。

コートなどであれば、ビジネスカジュアルにピッタリなトレンチコート、チェスターコートなどを着用するのが良いでしょう。

ダッフルコートや今流行りのボア素材のコートなどになるとあまりにもカジュアルになりすぎるために印象が良くありません。

あくまで私服といっても目上の方に、そして志望する会社の説明に伺っているのですからビジネスにふさわしい服装を用意しましょう。

実際にきれいめなコートを持っていないという方は社会人になって使用する場面も出てきますから、購入しておくと便利です。

企業が私服を指定するケースでは、TPOがわきまえられる人間かどうかということも着目していますので注意しましょう。

清潔感はあるか?

会社説明会で私服を着用する際は、清潔感を意識してコーディネートしましょう。

皆さんも初対面の方と会って、すべてオーバーサイズのだぼっとしたラフな格好の方とスッキリしたシンプルなデザインの清潔感ある格好をしている方、どちらに好印象を受けますか。

好みは人それぞれかもしれませんが、ビジネス上では清潔感のある服装の方こそが好印象を与えることができるポイントです。

女性の場合は胸元が開きすぎているなど露出の多いシャツやブラウス、カットソーなどは避けましょう。

またあまり柄物を着用するのは派手な印象を与えるので避けましょう。

シンプルで無地デザインの服装をコーディネートすると良いです。

清潔感ある服装はその人が誠実な人間であるという印象を与えることができます。

説明会での私服はビジネスカジュアルという意味

1709_1_37 (2)

説明会の服装が服装自由となっていたらスーツ、私服と指定されていたらビジネスカジュアルで訪問すれば、浮くことなく周囲に馴染むことができます。色はモノトーンをベースに選択すると無難です。ただし、アパレルなど本人のセンスが問われる業界の場合は自分らしさを表現できる私服で訪問しましょう。

冬の説明会では私服の指定であればカーディガンを着用しても問題ありませんが、スーツの下にカーディガンを着るのはマナー違反となるので気をつけましょう。

就活情報サイトが運営する
就活支援サービス

就活のプロがあなたの内定を
完全無料で徹底サポート!​​

60秒かんたん登録で
ライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ