会社の説明会には何を着ていく?私服選びのポイント【女性編】

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
会社の説明会に参加するときに、頭を悩ませてしまうことも多いのが服装選びではないでしょうか。特に会社から「私服でお越しください」という指定があった場合には「どのような服装を選べば良いのかわからない」と不安になる人もいるでしょう。就職活動をスムーズに進めるためには、説明会で採用担当者に好印象を与えておくことが肝心です。ここでは、採用担当者に好印象を与える私服選びのポイントや、注意しておきたい点をまとめて説明します。

私服を指定された場合でもスーツを着用するべき?

会社から「私服でお越しください」という指定をされた場合でも、スーツを着用したほうが良いのか悩む人も多いでしょう。私服を指定されている場合は、会社側がその学生の「雰囲気や私服のセンスを見たい」もしくは「緊張せずに気楽に説明会に参加してもほしい」など、さまざまな意図があります。そのため、会社側が私服を指定している場合には、その指示に従って私服で参加することがベターでしょう。企業側の意思を無視してスーツで参加してしまうと「素直さに欠ける」という印象を与えてしまうおそれがあります。また、意味を混合されがちなものとして「服装自由」という指定があります。服装自由という指定は、私服で来てほしいという意味よりも「本人の意思に任せる」というニュアンスが強くなります。そのため、無理に私服を選ぶ必要はなく、スーツを着用しても問題ないでしょう。

説明会にはどのような服装がベスト?私服選びのポイント

1709_1_35 (2) 一般的に説明会においての私服とは、普段着のようなラフなスタイルではなく「スーツ以外のビジネスに適した服装」を求められる場合が多いものです。私服という指定があったとしても、説明会はあくまでもビジネスの場です。カジュアルすぎる服装は、その場の雰囲気から浮いてしまう可能性があるので注意しましょう。スーツ以外で説明会に適した服装には、オフィスカジュアルが挙げられます。オフィスカジュアルとは、ビジネスの場にふさわしいフォーマルな私服を指します。女性のオフィスカジュアルとしては、ジャケットにパンツやスカートを合わせたスタイルが定番です。ジャケットやボトムスの色は、黒や紺など暗めのカラーを選ぶと良いでしょう。暗めのカラーは全体の印象が引き締まり、真面目な印象を与えられます。インナーには白色のブラウスやシャツを合わせることがおすすめです。インナーに白色を選ぶことで顔色がパッと明るくなり、女性らしくやわらかい雰囲気を演出できます。

これはNG!避けるべき服装とは

説明会に私服で参加をするときに注意したいのが「カジュアルすぎる服装」は避けるという点です。普段着のようなスタイルは避けて、清潔感や真面目さを感じさせる服装を心がけましょう。特にTシャツにジーンズというようなラフな服装は、くだけすぎた印象を与えてしまいやすいので避けたほうが無難です。それから、キャミソールやノースリーブといった女性に人気の高いファッションも、肌の露出が多いためビジネスの場にはふさわしくない服装です。同様の理由からミニスカートの着用も避けたほうが無難でしょう。特に説明会は椅子に座る機会も多いため、丈が短いと締まりのない印象を与えてしまいます。スカートを履くときはミニ丈ではなく、膝丈のものを選ぶとフォーマルな印象に近づけるでしょう。

オフィスカジュアルは小物にまで気を配ろう

意外と見落としがちなポイントが「バッグ」や「靴」といったファッション小物です。しっかりとジャケットやスカートを着用していても、カジュアルなバッグやリュックを合わせてしまうと、ちぐはぐな印象になってしまいます。説明会に参加するときのバッグは、デザイン性よりも機能性を重視して選ぶことがおすすめです。説明会では会社の資料を渡される光景がよく見られます。そのため、資料として多いサイズであるA4用紙を折らずに収納できるバッグを選ぶと良いでしょう。靴はオフィスカジュアルの雰囲気に合う、革素材のパンプスがおすすめです。革素材はどんな服装にもマッチしやすいので、一足持っていると就職活動中のコーディネートが楽になるでしょう。黒やネイビーといった暗い色なら、説明会に適したフォーマルな装いになります。スエードやエナメルといった素材は、派手な印象になるおそれがあるので避けたほうが良いでしょう。

私服=自由とは限らない!オフィスカジュアルを意識した服選びを

1709_1_35 (3) 私服というと普段着やラフな服装をイメージしてしまう人は少なくありません。しかし、私服とはいえ自由に「何を着ても良い」とは限らないことを、頭に入れておくことが重要です。説明会には万人受けのするオフィスカジュアルがおすすめです。紹介した4つのポイントを意識して、好印象を与える服装を目指しましょう。洋服選びに悩んだ場合は、ジョブコミットなどの就職支援サービスを利用して相談することも良い方法です。専門のコンサルタントによるアドバイスを受けることで、自信を持って説明会に参加しやすくなるでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!