参加必須の説明会はどんな説明会?

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就職活動を進めていくと「参加必須の説明会」というメッセージに出くわすはずです。「参加必須」と書いてあるので、その会社を受験するには説明会に参加しなくてはなりません。しかし、説明会では収容人数が決まっています。もし、「参加必須」の説明会にも関わらず、満席の場合はどのように対処すればいいのでしょうか。この記事では「参加必須」にまつわるさまざまな疑問に対して答えていきます。「参加必須」の説明会をスムーズに乗り越えましょう。

そもそも「参加必須」の説明会とは

新卒者を募集しているほとんどの会社では新卒者向けに説明会を開催しています。その際、「参加必須」の説明会と「参加必須ではない」説明会に分けられます。後者の場合は説明会に参加しなくても、選考を受けることができます。基本的に「参加必須」の説明会の場合は説明会に参加しなければ選考を受けることができません。その会社の受験を希望するすべての新卒者が説明会に参加することになります。そのため「参加必須」の説明会の場合は何らかの選考が行われる可能性が高いです。また、面接やグループ作業がなくてもエントリーシートを書かせる場合もあります。

「参加必須」の説明会に参加する際の心構え

1709_1_29 (2) どんな説明会であっても必要な心構えですが「参加必須」の説明会の場合は特に意識付けすることが大切です。説明会で選考を行うほとんどの会社では、事前に選考があることを就活生に伝えています。しかし、一部の会社では抜き打ち形式で選考を行う場合もあります。そのため、説明会で慌てないようにきちんと事前準備をしておきましょう。具体的には説明会を受ける企業のホームページを見て、企業の概略を把握することが大切です。最低限、事業と会社の基本方針はチェックします。次に、その会社に入った際に、どのように貢献できるか考えておきましょう。まずは、自分の学生生活で養ったスキルを列挙します。そして、列挙したスキルと会社が求めているスキルを照らし合わせます。もちろん、説明会前のシミュレーションなので、わからない箇所があっても問題はありません。疑問点は頭の片隅に入れて置き、説明会のなかで解決するようにしましょう。「自分のスキルがどのように生きるか」これを意識するだけでも、説明会における選考の対策になりえます。

第一志望の場合は説明会の前にOB訪問をするのも有効

第一志望の会社が「参加必須」の説明会であった場合、説明会で慌てないためにOB訪問をするといいでしょう。もちろん、OB訪問をお願いする場合は先方に失礼のないように常識的な配慮をすることは必須。また、事前に会社のホームページをチェックし、OBの方から聞きたい情報をリストアップすることをおすすめします。ただし「参加必須」の説明会をするすべての会社に対してOB訪問をするのは考えものです。物理的に数多くのOBの方に会うのは難しいものです。OB訪問をする場合は意中の会社に限定することが大切です。

「参加必須」の説明会で満席の場合は?

問題は「参加必須」の説明会にも関わらず満席の場合です。どうしても受験したい会社であれば、直接会社の人事課に説明会の参加をお願いしましょう。説明会まで時間がある場合はメールを使いましょう。どうしても時間がない場合は電話を利用します。ただし、電話は少なからず手を煩わせることになるので、最終手段と思ったほうが無難です。そして、人事課へ送る文章は「説明会に参加したい」という熱意を示しつつ、冷静に書くことが大切です。ただし、説明会に参加できるかどうかは会社によりけりです。もし、参加できる場合は必ず説明会に参加して、感謝を述べましょう。反対に説明会に参加できなかった場合は「縁がなかった」と割り切って、次の行動を起こすことが大切です。

「参加必須」は重要なサイン

 1709_1_29 (3) 「参加必須」の説明会は就職活動を行ううえで重要なサインだと考えましょう。「参加必須」の場合は何らかの選考が行われる可能性が高いもの。そのため、説明会に限らず「参加必須」の場合はきちんと事前準備をしておきましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!