説明会で交通費が支給される際の心構えについて

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
すべての企業ではありませんが、説明会で交通費を支給する場合があります。しかし、交通費を支給してもらうには何らかの書類の提出と準備が必要です。この記事では説明会で交通費を支給される場合の心構えを解説します。交通費の事情を知っておくと、説明会だけでなく選考でも慌てずに対処できます。また、社会人になってからも役立つことでしょう。適正でスムーズな精算をすることで、人事の方との円滑な人間関係を築くことができます。

すべての説明会で交通費が支給されるわけではない

まず、すべての説明会で交通費が支給されるわけではありません。むしろ、説明会の段階で交通費を支給する会社は少ないと言えるでしょう。説明会で交通費を支給する会社は、説明会の参加募集のページに「交通費支給」と明記しています。説明会募集の欄に「交通費支給」と明記されていない場合は「交通費支給はない」と考えましょう。多くの会社は説明会の段階では交通費の支給はありませんが、面接が進むにしたがって交通費を支給する会社もあります。また、交通費支給の有無は会社の規模にもよります。会社の規模が大きいほど、交通費を支給する傾向にあります。

すべての交通機関に交通費が支給されるわけではない

1709_1_21 (2) 説明会で交通費が支給されるからといって、すべての交通機関に対して交通費が支給されるわけではありません。たとえば、自家用車の場合はガソリン代の支給は支給ありません。そもそも、就職活動で自家用車を使うことはタブーです。自家用車があっても公共交通機関を利用しましょう。公共交通機関を利用する場合は普通車を利用します。交通費が支給されるからといって、豪華なグリーン車を利用してはなりません。会社はグリーン車の料金は支払わないことはもちろん、人事の心象を悪くしてしまいます。反対に、会社に気を使って交通費を過度に節約する必要はありません。たとえば、東京在住の人が大阪の会社の説明会に参加する際は、体調面を考慮して高速バスではなく新幹線や飛行機を利用しましょう。常識の範囲内であれば、交通費支給としている会社なら支給してくれます。もし、交通費でわからないことがあれば、学校の就職センターや就職を専門とするカウンセラーに質問をするという方法もあります。

交通費を支給してもらうには領収書が必要

交通費を支給してもらうには、鉄道や飛行機会社が発行する領収書が必要です。新幹線や飛行機では領収書の発行は簡単です。新幹線の場合は自動券売機で領収書の発行ができます。一般的には、自動販売機のパネルに領収書発行のボタンがあります。切符を購入する場合は領収書発行のボタンを押し忘れないようにしましょう。自動販売機に領収書発行のボタンがない場合は、改札に入る際に駅員に領収書の発行をお願いします。その際、少しだけ時間がかかりますので、時間には余裕を持たせることが大切です。また、飛行機の場合はチェックイン時に入手可能です。なお、路線バスの場合は車内で領収書を発行しない会社が多いので、説明会当日にバスの領収書を会社に提出することは難しいです。路線バスを利用する場合は、あらかじめ会社の人事課に質問しておきましょう。

意外と盲点な印鑑

領収書を企業に持参して交通費申請書に記入したからといって、必ずしも交通費が支給されるわけではありません。交通費を申請するには押印が必要とする企業が一般的です。したがって、説明会には必ず印鑑を持っていきましょう。交通費に限らず、就職活動の場では印鑑を求められるケースが意外と多いもの。そのため、日頃から就職活動に使うカバンに印鑑を入れておくことをおすすめします。説明会当日に必要なかったとしても、将来の社会人生活に向けた準備の第一歩です。なお、印鑑はシャチハタでは認められないケースもあるため避けたほうがよいでしょう。

交通費精算は社会人でも求められるスキル

 1709_1_21 (3) 説明会の段階で交通費精算に慣れておけば、社会人になってからも苦労せずに済みます。交通費精算は決して難しくありませんが、手順を間違えるとさまざまな面倒と時間のロスが発生します。適切な手続き手法を覚えて、二度手間にならないように気をつけましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット あなたの内定をしっかりとコミットします!