インターンシップのお礼状の挨拶には季語が必要?季語の意味と種類を徹底解説!

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
インターンシップに参加した学生にとって、お世話になった企業や団体に向けてお礼状を書くのは一種のマナーです。しかし、インターンシップのお礼状は、社会人としての常識に沿った文章でしたためる必要がありますから、友達に送るような気安い内容では不適切な場合がほとんどです。特に文章の書き出しには、学生が普段の手紙やメールなどではなかなか用いる機会のない時候の挨拶や、季節の挨拶文が使用されるのが一般的で、そうした書き出しには季語の概念が要求されます。そこで、お礼状を書く際に使われる季語の意味や種類について詳しく解説していきます。

季語とはなに?

1709_1_20 (2) 季語とは、特定の季節を表現したり匂わせたりするための言葉のことです。俳句や連歌などで使用されるのが一般的で、たとえば春であれば「桜」、冬であれば「雪」というように、季節を連想させる語句が季語となります。季語の概念は案内状や祝い状などにも用いられ、インターンシップでお世話になった方々に感謝の気持ちを伝えるお礼状においても、冒頭の挨拶で活用されます。 企業のインターンシップに参加した場合、お礼状の冒頭に「拝啓○○、貴社におかれましては、ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます」というような一文を入れます。そして、文中の○○の部分には時候の挨拶というものが使用されます。この時候の挨拶はお礼状を送る月ごとに、適切な形が変わるという特徴を持ち、そこで用いられるのが季語です。月に対応した季語を使うことで、季節に相応しい時候の挨拶となります。時候の挨拶は「季語」+「~の候」または「季語」+「~のみぎり」という組み合わせとなり、春の時候の挨拶では「陽春の候」や「春暖のみぎり」などが使用されます。時候の挨拶以外に、季語を利用した季節の挨拶文を冒頭に持ってくるケースもあります。

1月~4月の季語と例文

1月(睦月)の季語は「厳冬・厳寒・酷寒・寒風・寒冷・大寒・新春・初春」などです。季節の挨拶文は「謹んで新春のお慶びを申し上げます」や「厳しい寒さが過ぎ、心なしか春の気配を感じられるようになりましたが」となります。 2月(如月)の季語は「厳寒・余寒・残寒・残雪・立春・向春・春寒・軽暖・梅花」などとなります。季節の挨拶文は「春の訪れを感じる季節となりました」や「立春とは名ばかりですが」などです。 3月(弥生)の季語は「早春・軽暖・春分・春色・弥生・萌芽」などです。季節の挨拶文は「ようやく水温む季節となりましたが」や「日増しに春の気配が感じられるようになりましたが」などとなります。 4月(卯月)の季語は「陽春・暮春・桜花・花曇り・花冷え」などとなります。季節の挨拶文では「春光うららかな季節を迎えましたが」や「桜花咲き誇る季節となりましたが」といった形が用いられます。

5~8月の季語と例文

5月(皐月)の季語は「暮春・余花・新緑・若葉・薫風・軽夏」などを用います。季節の挨拶文は「若葉の眩しい季節となりましたが」や「新緑の鮮やかさが増してまいりました」などです。 6月(水無月)の季語としては「初夏・向夏・首夏・梅雨・黄梅」などが使われます。季節の挨拶文は「初夏の風に胸躍る季節となりました」や「梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですが」などとなります。 7月(文月)の季語は「盛夏・猛暑・酷暑・炎暑・大暑」などです。季節の挨拶文は「猛暑厳しい日が続きますが」や「暑中お見舞い申し上げます」などが用いられます。 8月(葉月)の季語には「晩夏・残暑・秋暑・立秋・新涼」などがあります。季節の挨拶文は「立秋とは名ばかりの暑い日が続いておりますが」や「季節もいつしか秋めいてまいりました」などとなります。

9月~12月の季語と例文

9月(長月)の季語は「初秋・新秋・仲秋・秋冷・白露」などとなります。季節の挨拶文は「爽やかな新秋の季節となりました」や「日ごと秋の深まりを感じるようになりました」などです。 10月(神無月)の季語は「秋涼・秋晴・秋麗・秋雨・夜長・紅葉・初霜」などが用いられます。季節の挨拶文は「秋晴の心地よい季節となりましたが」や「紅葉の美しい季節ですが」などとなります。 11月(霜月)の季語には「晩秋・暮秋・深秋・落葉・深冷・向寒・霜寒」などがあります。季節の挨拶文としては「晩秋の空が澄み渡る季節となりましたが」や「秋の深まりを感じる今日この頃」などが使われます。 12月は(師走)の季語は「木枯・初冬・寒冷・新雪・歳晩・師走」などです。季節の挨拶文には「いよいよ年の瀬も迫ってまいりましたが」や「初冬の気配が深まる年の暮れを迎え」などがあります。

季語を上手に活用しよう!

 1709_1_20 (3) 季語を使った時候の挨拶や季節の挨拶文をお礼状の冒頭に持ってくることで、ぐっと引き締まった文章に仕上げることができます。ある種定型の挨拶ではありますが、知っているのと知らないのとでは先方に与える印象が変わります。インターンシップのお礼状を出すときはビジネスシーンを意識して、季語を上手に活用した挨拶から書き始めるといいでしょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!