就活の最終面接でも油断は禁物!準備や対策とは?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!
就活の最終面接では、社長や役員と直接会話し、入社の意志が再確認されます。そのため、最終面接にまで辿り着くと入社はほとんど間違いない、と油断してしまう人も多いようです。しかし、最終面接で失態を犯してもらえたはずの内定を逃がしてしまう、ということも十分に考えられます。 最終面接ではどんな気持ちで挑むべきなのか、どんな対策や準備が必要とされるのか、ここでは内定を確実なものとする最終面接のノウハウについてまとめてみました。

本当はおそろしい最終面接?

最終面接では忙しい役員や社長が時間を割いて面接官を務めてくれます。その時点で、有力な採用候補であることは間違いなく、内定まであと一歩と考えてもいいでしょう。しかし、「最終面接まで辿り着けば安心していい」とまで考えるのは尚早です。なぜなら、役員や社長はそれまでの選考過程を鶴の一声でひっくり返せるほどの決定権があるからです。仮にあなたが最終面接で粗相を犯してしまったとしたら、どんなにそれまでの印象が良くでも内定が見送られる可能性すらあります。最終面接はむしろ、これまでで一番緊張感を持って準備と対策を怠らないようにしましょう。そして、目前にまで迫った内定を確実に掴み取れるよう、全力を尽くすことが肝心なのです。

最終面接ではどんな思いを聞かれるか

最終面接で面接官が知りたいのはまず、あなたの入社に賭ける意志です。会社からすれば、内定を出した後で「やはり他社に行くことになりました」と断られるのが一番痛手です。あなたが他に採用試験を受けていないか、受けていたとしたらどこが第一優先なのか、面接官から追及されるでしょう。どうしても行きたい会社であれば誠意を込めて「御社を第一優先で考えています」と伝えるようにしましょう。 また、入社後にも緊張感を持って仕事に励んでくれるかどうか、やる気もチェックされます。覇気がなかったり、声が小さかったりするのはマイナス材料です。幹部と対面して萎縮する気持ちは分かりますが、逆に相手が幹部だからこそはつらつとした態度で接することが大切です。

最終面接で気をつけたいマナーとは

役員や社長はマナーに敏感な存在です。面接中はにこやかに笑っていても、心の中では「失礼な志望者だな」と考えている可能性があります。そのため、マナーや敬語は徹底しておくことが大前提です。入室時はドアを3回ノックする、挨拶をしてから礼をする、すすめられるまでは着席しないなどのマナーは常識のようで、緊張すると抜けてしまうことが多い所作でもあります。予行演習などを重ねることで、意識しなくても行えるレベルにまで達しておきましょう。丁寧語、尊敬語、謙譲語などの敬語を正しく使い分けることは当然ですが、相手の質問にはなるべく「いいえ」を使わず、「そうですね、私の場合は」などの前置きで肯定的に話している印象を与えるのがおすすめです。

クッション言葉や挨拶をまじえよう

知らず知らずのうちに失礼な発言をしてしまうのではないか、若い就活生ほど心配なものです。そんなときはクッション言葉をまじえることもおすすめです。「失礼ですが」、「ご存知だとは思うのですが」という言葉を挟むことで言葉の響きを柔らかくし、相手にへりくだっている印象を強めることが可能です。また、挨拶のときにも単に「ありがとうございます」や「よろしくお願いいたします」と言うだけではなくひと言付け加えてみましょう。「本日はお忙しい中、お時間をいただきありがとうございます」と長めに挨拶をすれば積極性をPRできますし、しっかりとした人材だと思われやすくなります。代表や社長と話せる機会は入社後でもそれほど多くないので、場の重大さを踏まえながら行動しましょう。

適度な緊張はむしろ好印象を与える

最終面接では、ガチガチに固まるほどではない、適度な緊張感であればむしろプラスに働きます。面接官へのリスペクトが伝わりますし、真面目な性格をPRすることができるからです。最終面接でこれまでの努力が水の泡にならないよう、最新の注意を払って準備をしましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

内定にコミットする就活サービス ジョブコミット