就活中に親は何をすればよいの?

KEYWORD 記事関連キーワード

記事をお気に入り登録する

記事のお気に入りに登録

「記事のお気に入りに登録」のご利用にはログインが必要です。

会員登録がお済みでない方

無料会員登録

アカウントをお持ちの方

ログイン

2019年卒限定 早期マッチングイベント
子供の就活中に親は何をすれば良いのでしょうか?放置?干渉する?事例を交えて親が取るべき行動を紹介します。

好かれる行動と嫌われる行動

2-1 まず、就活中の子供に親がどのような事をしていたのか紹介します。 ・何も就活の話をせずにすべて任せっきり ・相談してくると話をする ・子供が聞いてもないのに親が就活していた時の話をする ・就職先まで親が良いと思うところに決めさせる 様々な例がある中でどれが子供に好かれて、どれが嫌われるのかと思いますか? ここからは、もう少し好かれる行動、嫌われる行動について深く紹介していきます。

好かれる行動

1705_2_156 (2) 就活中の子供にとって1番うれしい行動は心の支えになってくれることです。 友達やインターネットの情報に流されたりして、子供の頭の中は混乱しております。 その上、エントリーシートや面接に通らないなど就活中の子供の精神は少しずつ弱っていきます。 そのため、親がすべきことは就活で弱っている子供に寄り添ってあげることです。 イライラして当たってくることもあるかもしれません。 ただそんなときでも優しく接してあげて子供の就活を全力でサポートしてあげましょう!

嫌われる行動

1705_2_139 (2) ただ、サポートしすぎるのは良くないです。 なぜならば、子供が自分で決断することができなくなってしまうからです。 「親が言ったから面接に来ました」「親が働いている企業だから受けました」など自分の意見を持たずに面接を受けても通過するわけがありません。 なので、親が子供の就活に干渉しすぎると良いことがありません。 また、子供がせっかく内定をもらっても親がNGを出す場合もあります。そんなとき子供はどう思うのでしょう?せっかく自分で決めた企業なのに反対されて別の会社に入社した。そのような経緯で入社すると早期離職の原因となります。そのため、親は子供の就活に対してサポートすることは大事なのですが、親の意見を押しつけることはNGです。

就活中に親がすべき行動とは?

1705_2_193 (1) 子供の就活に親が出来ることは『見守る』ことです。子供が何も言ってこなければ順調に進んでいるのだなと察してあげる。ただ、追い込まれていると相談することもできずに一人で抱え込んでいることもあります。そのため、就活中の子供を持つ親は見守りつつ全力でサポートしてあげることが大事です。決して干渉しすぎないようにはしましょう。
就活市場公式LINEアカウント 友だち登録はこちらから

RECOMMEND おすすめ記事

リリース記念!今だけプレミアム会員としてご登録いただけます!