就活が上手くいかない!親の過干渉が原因では?

就活中の子供が心配ですよね。なので、口出しをしたり反対したりと余計なお世話をしてします。 ただその過干渉が子供の就活を失敗させてしまう要因になることがあります。

就活に失敗する原因とは

就活を失敗してしまう原因はなんでしょう? まずは主な原因をご紹介します。 1.情報収集不足 ・業界、企業分析を疎かにし、知っている企業に応募する ・入社したい企業の情報を調べずに選考が終了してしまっている 2.自分自信のことを理解していない ・やりたい仕事しか見ておらず自分に合った仕事選びができていない ・今までの経験から自分自身がどのような人かアピールできない ・自分自身のことを理解していないため自信を持ってアピールできない 3.人の意見に流される ・友達が就活していないので自分も開始が遅くなった ・親が勧める企業のみに応募したため面接で自分の意見を言えない この中で、親が原因となるのは最後の『自分の意志を言えない』の部分となります。

親が干渉すると子供の就活はどうなる?

1706_1_61(1) 親が子供の就活に干渉すると人に流された就活になってしまいます。 人が決めた企業に就職することになってしまうため、志望動機などが不明確になります。 また、もし内定が出たとしても自分が決めて就職した企業ではないため、イメージとのギャップにより離職してしまう可能性があります。

企業側から見た親の干渉

1705_2_74 (2) また、親の過干渉に関して企業は快く思っておりません。 企業は自分の意見を尊重し、面接時には自分の意見を求められることが多々あります。 そのため、親が決めたからと面接を受けに来た子供に関しては相手にされないことがよくあります。 このことから、親の意見に流されず自分自身で決めた企業選びが一番重要となってきます。

就活への過干渉は悪いことしかない

1705_2_59 (1) 親が子供の就活に過干渉することは悪い方向へとむかっていきます。 そのため、親は過干渉するのではなく優しく見守ってあげ、子供が頼ってきた際に全力でサポートすることが大切になります。 あなたの子供の就職活動が成功することを心から願っております!

自己分析から面接対策、入社準備まで、
1人1人に合ったアドバイスを​。​​

就活市場エージェント限定!
特別選考ルート、選考パス多数​​

60秒かんたん登録でライバルに差をつけよう!

今すぐ登録!

就活市場アカウントをお持ちの方はこちら »

RECOMMEND この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

広告掲載をご検討の企業さまへ